CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Freerange Records設立20周年パーティー『20 YEARS OF FREERANGE』2017.01.21(土)東京WOMB、22(日)大阪UNIONで開催。レーベル主宰のJimpsterが来日。

Freerange Records設立20周年パーティー『20 YEARS OF FREERANGE』2017.01.21(土)東京WOMB、22(日)大阪UNIONで開催。レーベル主宰のJimpsterが来日。

英国の人気レーベル、新時代のディープなハウスミュージックをリードするFreerange Recordsが設立20周年パーティーを開催。レーベル主宰のJimpsterが約3年ぶりに来日。

ハウスからニュー・ジャズ、ディープ・テックとカテゴリーを越えてクロスオーバーした音楽で、シーンを牽引してきたイギリスの名門レーベルFreerange Recordsが、アニヴァーサリーパーティーを1/21(土)東京WOMB、1/22(日)大阪UNIONで開催します。日本にも幾度となく訪れ、柔らさを感じるメロディと有機的な電子音のテクスチャー、そして重厚なグルーヴを深淵で邂逅させてきたレーベル主宰のJimpsterが約3年ぶりに来日。

東京公演ではJimpsterと親交が深くイギリスを拠点にHOLIC TRAXを主宰するTomoki Tamura、自身のパーティーEUREKA!にFreerangeアーティストでもあるDetroit Swindleなどを招聘したMidori Aoyamaも共演。

また、2000年代後半よりFreerangeのオフィシャル・パーティーを定期的に開催していた麻布十番に位置したクラブWAREHOUSE702もオーガナイズに参加し、祝祭に華を添えます。


【東京公演】

20 YEARS OF FREERANGE

2017.1.21 (Sat) 23:00 @ WOMB
http://www.womb.co.jp
Door ¥3,500 / Flyer & Member ¥3,000

LINE UP:
Jimpster (Freerange Records / UK)
Tomoki Tamura (Holic Trax / Doublet)
Midori Aoyama (EUREKA!)

VIP LOUNGE 702:
Satoshi Otsuki (TRESVIBES SOUNDSYSTEM)
Moca (ROSADO)
Masaki Kawamura (SOCIAL CLUB)
Knock (SOUND OF VAST)

WOMB LOUNGE:
KAJI (WITT / xxx)
AKIYAMANIA
KENJI ENDO (EUREKA! / Kizi Garden Records)
KAZIZI (GREYHOUND)
SIO (EUREKA!)

FOOD : Bahama Kitchen

Directed by YELLOW COKE DESIGN CLUB
Produced by PRIMITIVE INC.


Freerange Records設立20周年パーティー『20 YEARS OF FREERANGE』2017.01.21(土)東京WOMB、22(日)大阪UNIONで開催。レーベル主宰のJimpsterが来日。

【大阪公演】

20 YEARS OF FREERANGE in OSAKA supported by ENSEMBLE

2017.1.22 (Sun) 19:00 @ UNION
http://club-union.jp
Door ¥2,000

Special Guest DJ:
Jimpster(Freerange Records / Delusions Of Grandeur)

DJs:
244 a.k.a. 822
taihei koyama
nagisa
mocca*

Freerange Records
http://www.freerangerecords.co.uk
https://soundcloud.com/freerangerecords
https://www.facebook.com/FreerangeRecords


Jimpster (Freerange Records / UK)

Jimpster (Freerange Records / UK)

プロデューサー、DJとして20年以上のキャリアを持つダンスミュージックの伝道者。ハウスからニュー・ジャズ、ディープ・テックとカテゴリーを越えてクロスオーバーする英国の人気レーベルFreerange Records主宰。レーベルからはKiNK、Detroit Swindle、Manuel Tur、Shur-i-kan、Pezznerなど、多くの才能溢れるアーティストを輩出している。

自身のシークレット・レーベルとして立ちあがったDelusions Of GrandeurでもSession VictimやThatmanmonkzなどの気鋭が作品を発表。自身の音楽的教養をもとにインプロヴィゼーション・バンドThe Baysのメンバーとしても活躍している。これまでにリリースされたJimpster名義のアルバム4枚はいずれも名盤として知られ、本国UKでは自身のレーベル・パーティーを幾度となく成功させている。DJとしても各国を廻り非凡なセンスを披露している。

近年では2013年のアルバム以来となる実に2年ぶりのオリジナル作品“English Rose EP”をリリース。2016年には札幌在住のアーティストKuniyukiとのコラボEPを日本発のレーベルSound Of Speedから発表。躍動感と浮遊感の共存、ジャジーでシネマティックな作品となっている。

さらにレーベル20周年を記念したコンピレーション“20 Years of Freerange”をリリース、レーベルとしての圧倒的なクリエイティヴを改めて提示した。来年は5枚目のソロアルバムを目下制作中とのこと。アンダーグラウンドでの活動ながら、フューチャー・ソウルの最重要人物と絶賛されるトップクリエイターである。


TOMOKI TAMURA (HOLIC TRAX / DOUBLET)

TOMOKI TAMURA (HOLIC TRAX / DOUBLET)

地元大阪でアーティスト活動を始め2004年に渡英。独創的なセンスに基づき新旧のハウスを織り交ぜ、ワイルドなミックスを武器にグルーヴを生み出すプレイスタイルで、ロンドンを拠点に世界中で注目を集めるアーティスト / Producer。

2007年にレギュラーパーティーHOLICを伝説のベニューTHE END / AKAで立ち上げ、ロンドンのシーンに頭角をあらわす。THE END / AKAが閉店した後も、Fabric、Ministry of Sound、Plastic People、Cafe1001などの主要ベニューからアンダーグラウンドなウェアハウスなどで毎月主催。ロンドンで不動の人気を確立すると同時に、ヨーロッパ各地でも頻繁にゲストアーティストとして招致されている。

またプロダクションにおいては2008年にデビューEP「Voices & 3years」をTomoki & nono名義でUKの名門Four:Twentyよりリリース。発売されると直ぐにBeatportのDeep House部門で第1位を獲得した。サトシトミイエ氏にその才能を見いだされ2枚のシングルをSAW RECORDINGSよりリリース。その後、Derrick CarterとLuke Solomonが主宰するClassicからBlazeの名曲「Lovelee Dae」のRemixをリリースした他、NYの老舗King Street Sound、ドイツのPLASTIC CITYなど様々なレーベルと契約してリリースを重ねている。

2012年、満を持してHOLICと連動したレーベルHOLIC TRAXを始動させ、Mr.G、Tuccillo、Kate Simko、Chris Carrierなどのアーティストとサインし、すでに4枚のEPをリリース。イビザのDC10やSpaceを始め、世界中のフロアにHOLIC旋風を巻き起こした。2013年3月には、Tomoki TamuraとTuccilloによる新しいプロジェクトDoublet名義での共作もリリースし、SneakやFrancois Kevorkian、Radio Slave、Seth Troxlerなどのサポートを受けて、快進撃を続けている。


Midori Aoyama (EUREKA!)

Midori Aoyama (EUREKA!)

東京、渋谷生まれのDJ、プロデューサー。英国ロンドンに滞在した経験から独自のコネクションを持ち、House MusicのDJとして都内各所のClubで多くのPartyに参加。12年に自身もフロントマンを務めるイベント「EUREKA!」が始動。青山Loopでの定期開催を経て13年にはUKからReel People / The Layaboutsを招きelevenにて開催。その後も、module、Zero、AIRと様々な会場に場所を移しながら、過去にJullian Gomes、Kyodai、Detroit Swindle、Atjazz、Lay-Farなど気鋭のアーティストの来日を手がけた。

これまでイギリス、オランダ、スェーデン、韓国などでのDJ経験もあり、活動の場を世界へと広げ、2013年にはRasmus Faberの2ndアルバム『WE LAUGH WE DANCE WE CRY』にも収録されている「Rasmus Faber feat. Kirsty Hawkshaw / Clear Rain」をRemix。また、ラジオDJとして自主制作ラジオ「green groove」のパーソナリティも行っている。

そして15年にはEUREKA!もレーベルとして始動。第一弾にスウェーデンの新興レーベルLocal Talkとコラボレーションし、自身が選曲、ミックスを務めた『Local Talk VS EUREKA! – Our Quality House』、第2弾にはロシアのアーティストLay-Farのアルバム『How I Communicate』など日本限定盤のCDリリースを手がける。2016年にはWOMBでもEUREKA!を開催。9月には初のEP「Crackazat – Coffee Time」をリリースするなど、レーベルとイベントの両軸での活躍も期待されている。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |