CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

HENTAI CAMERA MAN♡ Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

ROOKiEZ is PUNK’D SHiNNOSUKE(Vo/Gt) INTERVIEW / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

YOJI (UP DOWN RECORDS / MILITANT ITES SOUND SYSTEM) INTERVIEW / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

~全国SHOP訪問~ 『りょく』(東京・下北沢) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

【RUBY ROOM 13周年記念インタビュー】メメ(Ruby Room)、CD HATA(Dachambo)、djow(Gravityfree) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

【特集】SKAViLLE JAPAN – SKAViLLE JAPAN’15 Photo Report & Hiroshi Brown (Oi-SKALLMATES , RUDE BONES) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

G.RINA インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

DJ BAKU インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

tha BOSS [THA BLUE HERB] インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

DJ KRUSH インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

GO-BANG’S with FAIRY ROCK スペシャルロングインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

DJ SOULMAN Short Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Ableton User Meeting Vol.4 – 2015.02.24 at 三軒茶屋 Space Orbi ~Report~

Ableton User Meeting Vol.4 -Report-

昨年8月にスタートし今回で4度目を迎えたAbleton User Meeting。さて、そもそもこのAbletonとはなんぞや?という人の為に最初に簡単に触れておきましょう。

Abeltonとは、作曲、制作、ステージパフォーマンスに使用できるハードウェアとソフトウェア、PushとLiveを開発している会社であり、作曲やアレンジなど音楽制作だけでは無く実際にDJとしてライブでも活用出来るソフトウェアを提供しています。もちろんこれを聞いただけでも疑問な人もいるだろうし、元々作曲や音楽制作に精通しているユーザーも『どんな事が出来るのだろうか?』という疑問があることでしょう。そんな人の為の云わば音楽ソフト講座がこのAbleton User Meetingなわけです。

会場は三軒茶屋からちょっと下北沢方面へ歩いた所にあります”Space Orbit”。普段はARTのEXHIBITIONやアンビエントイベントなどが行われているBARとCAFEの間位の大きな家のダイニングとリビングが一緒になったようなチルスペース。入った瞬間『こんな家に住んでみたい!』と思わせるような音とアートに囲まれ洗練された空間。実際靴を脱いでの入場となりますので尚更そんな気分に浸りながらDJの蜻蛉氏のPLAYに身体を揺らします。

気が付いたら床に座ってる人やキッチンカウンターでお酒やご飯を食べる人々で会場は満員状態。普段色々な音楽イベントに顔を出していますが、こういうアットホームな雰囲気ってあまり今まで無かったし、そもそもDJやバンドがメインじゃなく、あくまでも人が作り出したテクノロジーとそれを使用する人というのがこのイベントの趣旨なわけで、普段遊んでいるクラブやライブハウスなどへ音楽が運び込まれる前の状態をこういった場所で垣間見るというのはなかなか出来る体験ではないのでしょうか。

そしてこのMEETINGのメインとなるのが、実際にアーティストとして第一線で現場で活躍しているAbeltonユーザー達のプレゼンテーション。プレゼンターがそれぞれのテーマを持ち出し実際にスクリーンに映し出されたパソコン画面と音を使って実践で使えるノウハウをレクチャーしていく。Allen & HeathのK2というコントローラーを使ってLive setでいかに演奏をスマートに表現するかのプレゼンをしたのが最初に登場したSakiko Osawaさん。彼女はデビュー作の「Tokyo Disco Beat EP」が2013年にエレクトロニック アルバムチャートにて2位を記録した国際的な女性DJ。現場で活躍しているアーティストだからこその苦労した点や利点など説得力があり、楽器屋さんなどではなかなか聞けない説明やお話などが聞けたのではないでしょうか。

つづいて登場したAbletonの認定トレーナーでもありボーカリスト&プログラマーでもある森谷 諭氏がプレゼンをしたのが、「続・作ってみようマッシュアップ!!!」。本人曰く『前回は時間が無くて出来なかったからリベンジ!』という事で、今回もAbelton Live 9とPushを使用しマッシュアップの作成方法を披露。非常に分かり易い説明と、時々織り交ぜるジョークなどで会場を笑いに誘いながらもグイグイ惹き付けていたのが印象的でした。最後は、前回よりも少し高度な事に挑戦という事で、実際に誰もが聴いた事がある有名曲を使ってマッシュアップLive演奏。最後もバッチリ決めてあっという間のプレゼンタイムでした。

と、ここでタイムオーバー。。次に予定が入っていた為、3人目のプレゼンテーターでAbelton認定トレーナーでもある草間 敬氏の講義を見逃す事となります。後ほど伺った話によると草間 敬氏は、自分でミックスダウンしたいクリエイター向けに、Liveを使ったミックスダウンの基礎を解説。自作のツールも交えた氏の解説は、満員のSpace Orbitを白熱させたという。

第一線の現場で活動をしているこういったアーティストやクリエイターによる機材のレクチャーというのは、聞き手にとって実際に音を出した時のイメージが明確に広がる上に、機材に備え付けられた様々なオプションから必要な物を選択する近道にもなる。あの会場にいた初心者の人からプロレベルの人までもが十分に楽しめる内容のプログラムであったし、ビール片手に友人と談笑しながら何気に真面目な内容の講義を体感するって、音楽を学ぶ上で実は物凄く自然で大切な事なのだと思う。後ろで食事をしながら機材の情報交換をしているグループが、このイベントの1つの醍醐味を象徴しているんだなと思いました。

Ableton User Meeting Vol .4

開催日時:2015 年 2 月 24 日 (火) 19:00~23:00
開催場所:三軒茶屋 Space Orbit (東京都世田谷区太子堂 5-28-9 B1F)
料金:1500 円

出演者
【プレゼンター】
草間 敬 (KURID INT’L/Ableton 認定トレーナー)
「Live でミックスしよう!」

森谷 諭 (Ableton 認定トレーナー)
「続・作ってみようマッシュアップ!!!」

Sakiko Osawa
「コントローラーで Live Set での演奏をスマートに。」

【DJ】
蜻蛉

【司会・進行】
Koyas&DJ At (Ableton 認定トレーナー)

Ableton User Group Tokyoについて

Ableton Live には、DJ を始めバンドやインスタレーションなど幅広い分野に渡って数多くのユーザーがいます。Ableton User Group Tokyoでは、こうしたユーザーミーティングやワークショップを通して、これら違う分野の方々が交流できる機会を作り、Ableton Live を中心としたコミュニティーを構築することを目的としています。

https://www.facebook.com/TokyoAbletonUserGroup

Ableton User Meeting Vol.4 - 2015.02.24 at 三軒茶屋 Space Orbi ~Report~
Ableton User Meeting Vol.4 - 2015.02.24 at 三軒茶屋 Space Orbi ~Report~
Ableton User Meeting Vol.4 - 2015.02.24 at 三軒茶屋 Space Orbi ~Report~
Ableton User Meeting Vol.4 - 2015.02.24 at 三軒茶屋 Space Orbi ~Report~
Ableton User Meeting Vol.4 - 2015.02.24 at 三軒茶屋 Space Orbi ~Report~


Text & Photo by kenichi Kono


Posted in ALL ENTRY, REPORT, Sakiko Osawa |