CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Aggressive Dogs aka UZI-ONE & MyGrain Japan Tour 2012 Final (2012/09/23) @ SHIBUYA clubasia REPORT

Aggressive Dogs aka UZI-ONE & MyGrain  Japan Tour 2012 Final (2012/09/23) @ SHIBUYA clubasia REPORT

Profile of |Aggressive Dogs aka UZI-ONE|MYGRAIN|


Aggressive Dogs aka UZI-ONEMyGrain

2012/9/23(Sun)SHIBUYA @ clubasia
-STOMPIN’NITE MVM-“-stacked-“士気鼓舞

Aggressive Dogs aka UZI-ONEとフィンランドのメロディックメタルバンド MyGrainとのカップリングツアー。
厚木、柏、福岡、北九州(黒崎、小倉)、神戸、浜松、名古屋、新宿と周り迎えたツアーファイナルは『STOMPIN’NITE MVM-“stacked-“士気鼓舞』と銘打ち渋谷clueasiaにて行われた。

STOMPIN’NITEはAggressive Dogsが1998年からオーガナイズし過去に様々な来日アーティストや国内バンドが出演してきたトラディションなイベントである。
この日はAggressive Dogs aka UZI-ONE、MyGrainの他にAnother Story、Bale、END ALL、STYLERZ OF GAMES、VIGILANTE、アニマルズ、GLARE OBSCURITAS、HEAD PHONES PRESIDEといったバンドが出演し緊張感と興奮が渦巻く会場を鼓舞しエナジーを放射していた。

そんな中、Aggressive Dogs aka UZI-ONEのライヴでは反逆精神や気合が経験と共に生々しくも純粋に吐き出され、魂の奥深くに入り込んでくる。感情の起伏を制御しながらも剥き出しにドラマチックに展開されるハードなステージ。NYHCスタイルが持つ一体感を残しつつ強烈な気迫が会場中を圧倒していた。
終盤にはこの日出演したアニマルズのメンバーもステージに登場し過激で痛快なまでのパワーを見せつけてくれた。アンコールも含め120%真剣勝負のステージは鮮烈でダイナミズムに長け見応え充分であった。

来年で結成30周年を迎えるAggressive Dogsだが、積み重ねてきたものの大きさ、強さ、揺るぎなさが滲み出る中で「毎回ラストのつもりでライブに挑んでいる」という姿勢には胸を打たれ、鼓動の高鳴りを感じずにはいられなかった。

そしてラストに登場したのは、昨年FINLAND FEST 2011で来日し強烈なインパクトを残したのが記憶に新しいMyGrain。
この日も圧巻の音圧、スキルとテンションで会場中を魅了した。
荒々しさと卓越したメロディの中にパワフルで歯切れのいいヴォーカル、超絶ギターや獰猛なキーボードが響き渡る、うねるようなベースはブルータル度を高め、安定感あるドラムはオーソドックスな流れからのプログレッシヴな展開でも変幻自在に適応し、このヘヴィーサウンドを支えていた。メタリックでハードコアな要素も前面に押し出され、迫り来る厚みの中で繰り広げられる強烈な回転ヘッドバンギングは視覚的にもエキサイティングなものであった。 音源を聴くよりもライヴで味わってこそのバンドなのだと思う。盛り上げる事に長けたエンターテイメント性や包み込む雰囲気がどの角度から観ている者にも好意的で完成度の高いステージだった。
ちょっと職人的匂いも感じさせるこのバンドの表現意欲がこれからどこに向かうのか?より先鋭的に進むのかもっと重層的になるのか?はたまた誰もが創造もしない世界観を現すのか?非常に気になるところである。

Aggressive Dogs aka UZI-ONEもMyGrainも大きなエナジーを持ったバンドだけにこれからの動向や新作をはじめ、世界水準で積み上げるさらなる展開に期待したい。 特にAggressive Dogs aka UZI-ONEは来年30周年を迎えるという事で、より成熟した熱演と共にきっとさらなるプロジェクトやアクションを見せてくれるだろう。




Report by KISHIMOTO

Posted in AGGRESSIVE DOGS, ALL ENTRY, MYGRAIN, REPORT |