CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


国立民族学博物館、開館40周年記念特別展 『ビーズ―つなぐ・かざる・みせる』 2017年3月9日(木)~6月6日(火) at 大阪 国立民族学博物館 特別展示館

国立民族学博物館、開館40周年記念特別展 『ビーズ―つなぐ・かざる・みせる』 2017年3月9日(木)~6月6日(火) at 大阪 国立民族学博物館 特別展示館


国立民族学博物館、開館40周年記念特別展「ビーズ―つなぐ・かざる・みせる」2017年3月9日(木)から開催。

飾り玉、数珠玉、トンボ玉などを総称するビーズ。ガラスや石や貝だけではなく動物の歯や虫の羽などから新たな美の世界がつくりだされます。本展では、私たち人類がつくり出した最高の傑作品の一つとしてビーズをとらえ、つくる楽しみ、飾る楽しみをとおして日本や世界の人びとにとってのビーズの魅力を紹介します。


開館40周年記念特別展「ビーズ―つなぐ・かざる・みせる」

【会場】
国立民族学博物館 特別展示館

【会期】
2017年3月9日(木)~6月6日(火)

【開館時間】
10:00~17:00(入館は16:30まで)

【休館日】
水曜日(ただし、5月3日(水・祝)は開館)

【無料観覧日】
3月12日(日)

【観覧料】
一般 420円(350円)、高校・大学生 250円(200円)、
小・中学生 110円(90円)
*()内は、20名以上の団体、大学等(短大・大学・大学院・
専修学校の専門課程)の授業での利用、リピーター、
満65歳以上の方の場合の料金。

【主催】
国立民族学博物館

【協力】
大阪府立近つ飛鳥博物館、大阪府立弥生文化博物館、岡山市立オリエント美術館、京都古布保存会、公益財団法人大阪府文化財センター、KOBEとんぼ玉ミュージアム、松野工業株式会社、ミキモト真珠島 真珠博物館、千里文化財団

・特別展 詳細ページ
http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20170309beads/index


国立民族学博物館、開館40周年記念特別展 『ビーズ―つなぐ・かざる・みせる』 2017年3月9日(木)~6月6日(火) at 大阪 国立民族学博物館 特別展示館

ミイラのビーズマスク(エジプト)

国立民族学博物館、開館40周年記念特別展 『ビーズ―つなぐ・かざる・みせる』 2017年3月9日(木)~6月6日(火) at 大阪 国立民族学博物館 特別展示館

ビーズ製人像(ナイジェリア)

国立民族学博物館、開館40周年記念特別展 『ビーズ―つなぐ・かざる・みせる』 2017年3月9日(木)~6月6日(火) at 大阪 国立民族学博物館 特別展示館

ビーズ製の花嫁衣装(南アフリカ)

国立民族学博物館、開館40周年記念特別展 『ビーズ―つなぐ・かざる・みせる』 2017年3月9日(木)~6月6日(火) at 大阪 国立民族学博物館 特別展示館

供儀用容器(メキシコ)

国立民族学博物館、開館40周年記念特別展 『ビーズ―つなぐ・かざる・みせる』 2017年3月9日(木)~6月6日(火) at 大阪 国立民族学博物館 特別展示館

祭儀供物用 仮面(メキシコ)

国立民族学博物館、開館40周年記念特別展 『ビーズ―つなぐ・かざる・みせる』 2017年3月9日(木)~6月6日(火) at 大阪 国立民族学博物館 特別展示館

アイヌの首飾り(北海道)

国立民族学博物館、開館40周年記念特別展 『ビーズ―つなぐ・かざる・みせる』 2017年3月9日(木)~6月6日(火) at 大阪 国立民族学博物館 特別展示館

ビーズ職人


世界のビーズがみんぱくに大集合!

ビーズは、およそ10万年前に誕生して以来、単に飾るだけが目的ではなく、様々な役割を持って生まれては消え、世界中の文化のなかに広まってきました。その素材や見た目はさまざまであり、またビーズを使用した人形や仮面、衣装など、多種多様な作品もつくられてきました。
本展では、古今東西のビーズと、その関連作品を一堂に会して展示し、その多様性を紹介します。なかでも、特別展示館1階中央部に並ぶ約20着の世界各国のビーズ衣装は圧巻です。世界各地のかわいい、きれい、すごい衣装のなかから、お気に入りの一着を見つけてください。

ビーズから考える「人類とは?」

私たち人類は、どうしてビーズをつくり、身につけ、そして放棄するのでしょうか。ビーズは多様な素材からつくられますが、ものをつないだ円形の首飾りや、赤色の玉への好みは、人類に広く共通する特徴でもあります。
本展では、言葉や道具などと同様に、人類に共通する「つなぐ」という行為に着目し、「人類とは何か」について考えます。

本邦初公開!ビーズ製人像ができるまで

本展では、ビーズやビーズを使用した作品ができるまでの製作過程にも着目します。つくり手の独特の美意識が感じられるビーズ製人像は、ビーズ職人の手によってどのようにつくられるのでしょうか。映像や製作道具、製作途中の作品等から、ビーズ製作の裏側をご紹介します。

さまざまな体験型プログラムを開催!

展示の最後には、来館者の方にビーズに触れていただける体験コーナーを常設します。
ドングリなどの自然素材をビーズに加工したり、来場者でひとつの大きなビーズ作品をつくったりすることで、ビーズをつくる楽しみ、飾る楽しみを肌で感じていただき、ビーズの魅力により深くせまります。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |