CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


cro-magnon @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

cro-magnon @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


cro-magnon
2013年7月26日(金) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13

cro-magnon @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

大竹重寿(Dr&Per)
コスガツヨシ(G&B)
金子 巧(Key)

小さなクラブから大規模の野外フェスまで国内外のあらゆる会場、シチュエーションで奏でてきたcro-magnonだがフジロックへの出演は意外にも今回が初登場となる。

最近ではcro-magnonとしての活動と並行して三宅洋平のファンディングパーティーや選挙フェスでの演奏も話題を集めた中、今回は満を持してFIELD OF HEAVENへ登場した。

ジャジーな雰囲気を醸し出したかと思えばドラムンベースで翻弄し、さらにシンセサイザーが奏でる多彩な音色に昼過ぎの苗場は空の真下のダンスホールに変貌してしまった。

シンプルに淡々と演奏する雰囲気とは裏腹にダブルネックのギターとベースをトリッキーに使い分け、グルーヴを根底で支えるタイトなドラミングにこの日はサポートにパーカッションが加わっていたのでリズムにも効果的な拡張が、そして鍵盤から放たれる摩訶不思議な色気にいったいどこからどの音が出てるのか解らなくなるほどの魅惑なアンサンブルがクリアに響き渡っていた。

そして、ハイライトとしてやはり注目を集めたのはこの日、同ステージの1つ前の時間帯に登場していた盟友 SOIL&”PIMP”SESSIONSより序盤には社長が登場し煽りを加え、中盤からは元晴がサックスで美しい音色を響かせる。さらに終盤にはトランペットのダブゾンビも加わりライブに強力なアクセントと厚みを含ませ、高揚感とともにドラマチックに展開していった。

あくまで自然体にいついかなる時でも、どこで誰とでも融合できてしまうそのスキルと感性。洗練されつつも変幻自在にアレンジが施されるそのサウンドはストリートやローカルシーンにも根を張りつつしっかり世界に届いている。

この日のライブでも老若男女、様々な国籍な人が彼らのサウンドにからだを揺らしていた。
その光景はなんだか清々しく大自然の中に飛び交うシャボン玉も美しく風に身を委ねていた。



text by KISHIMOTO
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 西田 憲司 |