CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

Dio Tribute Album(V.A.)「ディス・イズ・ユア・ライフ〜ロニー・ジェイムズ・ディオ・トリビュート」 Release

Dio Tribute Album(V.A.)「ディス・イズ・ユア・ライフ〜ロニー・ジェイムズ・ディオ・トリビュート」 Release

ロニー・ジェイムズ・ディオの伝説は、生き続ける・・・
ヘヴィ・メタル・シーンに深くその名を刻みこむゴッドファーザー、ロニー・ジェイムズ・ディオのトリビュート・アルバム完成!

メタリカ、ロブ・ハルフォード、モーターヘッド、コリィ・テイラーなど、豪華アーティストが参加!

ロックの歴史において、最も愛された人物、ロニー・ジェイムズ・ディオ。レインボーやブラック・サバス、ヘヴン・アンド・ヘルから自らが結成したディオまで、様々な伝説的バンドで活動を続けてきた彼のシンガーとしての能力、そしてソングライターとしての能力は、ロック・シーンにおいて絶対的な存在であることを証明している。残念ながら、ロニーは闘病生活の末、2010年、この世を去ってしまったのだが、彼のあの非凡な歌声や、伝説は、これからも生き続けるのだ。

ロック・シーンにおいてもっともパワフルな歌声を持つロニー・ジェイムズ・ディオの経歴を称えるべく、彼の友人達や彼を崇拝する、オール・スターともいえるアーティスト達が集い、各アーティストにとって大きな意味を持つロニー・ジェイムズ・ディオの楽曲をカヴァーし、ここにトリビュート作品としてアルバム『ディス・イズ・ユア・ライフ~ロニー・ジェイムズ・ディオ・トリビュート』を、2014年3月26日、ワーナーミュージック・ジャパンより日本先行で発売する事となった(USはRhino Recordsより、4月1日に発売)。

なお、このアルバム売上の一部は、ロニー・ジェイムズ・ディオの死後設立された、ガンの研究や認識を広める活動をする非営利団体、「ロニー・ジェイムズ・ディオ・スタンド・アップ・アンド・シャウト・キャンサー基金」(diocancerfund.org)に寄付されることになっている。

ロニー・ジェイムズ・ディオの妻でありマネージャーでもあるウェンディ・ディオがプロデュースしたこのトリビュート・アルバムには、メタリカやモーターヘッド、スコーピオンズ、アンスラックスやロブ・ハルフォードといったメタル・シーンの大物達のほか、ロニーと共に活動をしてきたアーティスト達、そして、スリップノット/ストーン・サワーのコリィ・テイラーやヘイルストーム、キルスウィッチ・エンゲイジといったロニー・ジェイムズ・ディオを尊敬する新世代を代表するアーティスト達が参加している。

このトリビュート・アルバムは、ロニー・ジェイムズ・ディオの様々な時代にスポットライトを当てるような楽曲が収録されている。まず、レインボー時代の楽曲をカヴァーしているのが、「ア・ライト・イン・ザ・ブラック」「タロット・ウーマン」「スターゲイザー」「キル・ザ・キング」といった代表曲をメドレーにした9分の壮大な曲「ロニー・ライジング・メドレー」を披露しているメタリカ。
その他にも、「王様の宮殿(原題: The Temple Of The King)」をカヴァーするスコーピオンズ、サクソンのビフ・バイフォードをゲストに迎え「スターストラック」を披露するモーターヘッド、ディオと何度もコラボレーションをしてきたヴィニー・アピス、ダグ・アルドリッジ、ジェフ・ピルソン、スコット・ウォーレンらとともに「銀嶺の覇者(原題: Man On The Silver Mountain)」をカヴァーするロブ・ハルフォードといった錚々たるメンバーだ。ディオの最後のメンバー達でもあるサイモン・ライト、クレイグ・ゴールディ、ディ・サーゾ、そしてスコット・ウォーレンがグレン・ヒューズ(ディープ・パープル/ブラック・サバス)をヴォーカルに迎えて、レインボーの1975年のデビュー作に収録されていた「虹をつかもう(原題: Catch The Rainbow)」を披露していることも見逃せないハイライトとなるだろう。

アンスラックスとアドレナリン・モブは、ロニー・ジェイムズ・ディオのブラック・サバス時代の楽曲をカヴァーしている。「ネオンの騎士(現代: Neon Knights)」と「悪魔の掟(現代: The Mob Rules)」だ。また、ジミー・べイン、ローワン・ロバートソン、ブライアン・ティッチーというメンバーにオニ・ローガンをヴォーカルに迎えたラインナップは、アルバム『ディヒューマナイザー』に収録されている楽曲「I(アイ)」をカヴァーしている。

そして、ディオとして彼が発表した2枚のアルバム『情念の炎~ホーリィ・ダイヴァー(原題: HOLY DIVER)』(1983年作品)と
『ラスト・イン・ライン(原題: THE LAST IN LINE)』(1984年作品)からの楽曲カヴァーも今作には収録されている。ドロによる「エジプト」、ヘイルストームは「ストレイト・スルー・ザ・ハート」を、そしてスリップノット/ストーン・サワーのコリィ・テイラーは、クラシックともいえる「レインボー・イン・ザ・ダーク」のカヴァーを提供。さらに、ジャック・ブラックとカイル・グラスからなるテネイシャスDは「ラスト・イン・ライン」をカヴァーし、キルスウィッチ・エンゲイジは2006年にカヴァー曲として発表し、ヒットを記録した「ホーリィ・ダイヴァー」を提供している。

そして、今作の最後を飾る楽曲は、ロニー・ジェイムズ・ディオの圧巻のパフォーマンスが聴ける、今作のタイトルともなっている「ディス・イズ・ユア・ライフ」。この楽曲は1996年のアルバム『アングリー・マシーンズ』に収録されている楽曲で、長くロニーと活動していたキーボーディスト、スコット・ウォーレンのピアノをバックに美しいアレンジメントが施された曲だ。改めてロニー・ジェイムズ・ディオの不世出の歌声が持つ存在感を心から感じさせてくれる楽曲だといえるだろう。

また、今作のアートワークを手掛けるのは、ディオの作品を手掛けてきた名手、マーク・サッソ。独特なイラストでロニー・ジェイムズ・ディオの世界観をアートワークで表現してきた彼が、この作品にどのようなアートワークをもたらしてくれるのか、こちらも期待が尽きない。


『Ronnie James Dio – This Is Your Life /
ディス・イズ・ユア・ライフ~ロニー・ジェイムズ・ディオ・トリビュート』
2014/03/26 Release

01. ネオンの騎士(Neon Knights) ─ アンスラックス *
02. ラスト・イン・ライン(The Last In Line) ─ テネイシャスD *
03. 悪魔の掟(The Mob Rules) ─ アドレナリン・モブ
04. レインボー・イン・ザ・ダーク(Rainbow In The Dark) ─ コリィ・テイラー *
05. ストレイト・スルー・ザ・ハート(Straight Through The Heart) ─ ヘイルストーム *
06. スターストラック(Starstruck) ─ モーターヘッド・ウィズ・ビフ・バイフォード *
07. 王様の宮殿(The Temple Of The King) ─ スコーピオンズ *
08. エジプト(Egypt (The Chains Are On)) ─ ドロ
09. ホーリィ・ダイヴァー(Holy Diver) ─ キルスウィッチ・エンゲイジ
10. 虹をつかまえよう(Catch The Rainbow) ─ グレン・ヒューズ、サイモン・ライト、クレイグ・ゴールディ、ルディ・サーゾ、スコット・ウォーレン *
11. I(アイ)(I) ─ オニ・ローガン、ジミー・べイン、ローワン・ロバートソン、ブライアン・ティッキー *
12. 銀嶺の覇者(Man On The Silver Mountain) ─ ロブ・ハルフォード、ヴィニー・アピス、ダグ・アルドリッジ、ジェフ・ピルソン、スコット・ウォーレン *
13. ロニー・ライジング・メドレー(featuring A Light In The Black, Tarot Woman, Stargazer, Kill The King) ─ メタリカ *
14. ディス・イズ・ユア・ライフ ─ ディオ
* 未発表楽曲 / ※日本盤にはボーナス・トラックを追加収録予定

WPCR-15630 / ¥2,457(本体)+税
ワーナーミュージック・ジャパン
http://wmg.jp/artist/diotribute/WPCR000015630.html



Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |