CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Epiphone U.S.A. x RUDE GALLERY COLLABORATION-T

Epiphone U.S.A. x RUDE GALLERY COLLABORATION-T

Profile of |RUDE GALLERY|


Epiphoneが140周年を迎え、アニバーサリー記念TシャツをRUDE GALLERYが制作しました。
オフィシャルグッズのデザインを今まで第三者に任せることが無かったEpiphone 。
Epiphone史上初めての試みでもあり、世界初のコラボレーション。

Epiphone U.S.A. x RUDE GALLERY COLLABORATION-T Epiphone U.S.A. x RUDE GALLERY COLLABORATION-T Epiphone U.S.A. x RUDE GALLERY COLLABORATION-T Epiphone U.S.A. x RUDE GALLERY COLLABORATION-T Epiphone U.S.A. x RUDE GALLERY COLLABORATION-T Epiphone U.S.A. x RUDE GALLERY COLLABORATION-T Epiphone U.S.A. x RUDE GALLERY COLLABORATION-T Epiphone U.S.A. x RUDE GALLERY COLLABORATION-T

COLOR: BLACK .WHITE
SIZE:XS.S.M.L.XL
PRICE:¥4,200

販売・お問い合わせ
RUDE GALLERY 住所:東京都渋谷区神宮前6-19-3 TEL:03-3498-2434

Epiphoneの歴史

Epiphoneの歴史は1873年にギリシアのスタウトポウロ一家の手によって始まり、1903年にニューヨークに拠点を移し、20世紀初頭のギター業界に数々の革命を起こした。

これまでEpiphoneは、音楽の歴史の様々な場面において大きな役割を担い、1900年代初頭のマンドリン全盛期、1920年代のジャズギター全盛期、スイング時代にはアーチトップギターが活躍し、戦後のポップ、バップ、R&B、ロックンロールの始まり、ブリティッシュ、そしてヘビーメタル、パンク、グランジ、スラッシュなど、各時代の幅広い音楽ジャンルにおいて時代を築いてきたと言っても過言ではない。

Epiphoneはプレイヤーがパフォーマンスの優れた楽器を求めていることを熟知して、140年もの間、ユーザーが求める製品のデザイン、クオリティー、エレクトロニクス、そして首尾一貫したパフォーマンスを幾度となく実験を重ねて完成させてきた。これまで、数々の有名アーチストのサウンドをサポートしてきた実績が語るように、エピフォン製品のオーナーは、長きに渡って優れたパフォーマンスと喜びを感じることができる。

現Epiphone社のジム・ローゼンバーグ社長はこうコメントしている。
「Epiphoneは今日でも創設者でもあるスタウトポロの築いた伝統は着実に受け継がれ、我々はデザイナー、プレイヤー、パイオニアであり 続け、そしてあらゆる事に情熱的に取り組んでいます。」

Epiphoneギター愛用アーティスト

Les Paul、Joe Pass、John Lee Hooker、The Beatles、The Rolling Stones、Jimi Hendrix、Kurt Cobain、Paul Simon、Jack Casady、Tak Matsumoto、Paul McCartney、Joe Bonamassa、Zakk Wylde、My Chemical Romance、Slash、Gary Clark Jr.、Paul Weller、Dwight Yoakam、Oasis、Radiohead

Web Site
http://www.epiphone.com

Facebook
https://www.facebook.com/OfficialEpiphone


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND, RUDE GALLERY |