CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~

HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~

現在のニューヨークにおいてヒップホップをはじめとしたアーバン・ミュージックのみならずファッションやライフスタイルに及ぶまで最も影響力を持つと名高いラジオ局 “HOT 97” が23年に渡り主催し続けるニューヨーク最大級のフェス『HOT 97 SUMMER JAM』が日本初上陸、豪華アーティストの共演が実現した。US国外では初となる東京開催、6月に正式に概要とラインナップがアナウンスされるとチケットは先行抽選販売を経て、瞬く間にソールドアウト、その事前の反響に裏付けされたように、この日のZEPP TOKYOは華やかさと熱気に包まれ、その注目の高さを現していた。

USのトップアーティストを迎えうったアジア勢も活気に満ちたパフィーマンスを披露。この日まず最初にステージに姿を現したのは東京生まれメキシコ・シティ育ちのAKLO。昨年渋谷クアトロで開催したワンマンライブでチケットを即完させるなど確固たるフォロワーを持ち、怒涛のごとくキャリアを積み重ねている。その人気、実力、勢いを感じさせるステージ、その豊富なボキャブラリーと巧みなフロウに会場内は早くも興奮状態に突入していた。その流れを受けて、タイからの刺客BANGKOK INVADERS & DABOYWAYは厚みのあるコンビネーションと骨っぽさも感じさせる中、パーティー感を助長させるテンションで存在感を示した。さらに、今日本で最も高い知名度と楽曲浸透度を誇るラッパーAK-69が登場。このAK-69や、この日、名だたるパーソナルティーやDJ陣と共にフロアを盛り上げたDJ LEADのようなワールドワイドで活躍しHOT97ともゆかりのある日本人の存在が今回の東京開催の実現に拍車をかけたのではと思うほど周りから絶大な信頼を感じさせる空気感が滲み出ていた。

フロアにはカジュアルなメンズからドレスアップしたお姉さま、外国人のファンなども多くみられエネルギーに満ち溢れていた。常にステージにスマホを向ける姿勢は賛否を呼びそうだけど、何というかトレンドというか、これも今時という事なのだろう。雑踏感というよりはもっと洗練されたエンターテインメントという領域で支配される中で際立つ個性が明確に惹きつける極地となっていた。

そして、イベントは後半戦に突入するといよいよUSのトップアーティストが続々登場。まずはOMARION。かつては世界のダンサーのアイコンとして注目を集め、昨今ではクリス・ブラウンとジェネイ・アイコをフィーチャーした楽曲”Post To Be”が記憶に新しい。軽快かつ大胆に切れのある動きでステージ狭しと躍動した。続いて登場したのはFABOLOUS。飄々としたカジュアルないで立ち、ハードなラップから甘いR&Bまで懐の広さと確かなスキルで魅了しつつも、全身からセレブリティの余裕が滲み出ていた。さらにカニエ・ウェスト主宰の音楽レーベル、G.O.O.D. MUSICの社長であり、人気ラッパーでもあるPUSHA Tが登場。かつてはThe NeptunesのレーベルStar Trakからリリースしていた兄弟ラップデュオ、Clipseとしてその存在を知っている方も多いと思うけど、昨今はソロとして様々な客演や自身のファッション・ブランド「Play Cloths」でもその存在感を示している。この日はシンプルなビートを直線的に彩り、時に力強く、時に甘美にそのフロウを突き刺した。そしてこの日大トリを飾ったのはモロッコ生まれ、NY/ブロンクス地区育ちのラッパーFRENCH MONTANA。妙な清涼感すら感じさせる笑顔を見せつつ、抜群のスキルで音色を紡いでいく。ポップ感覚と刺激を開放的に表現しつつ、会場内に広がる熱狂の情景を微笑ましく受け止めた。

ヒップホップ、アーバン・ミュージックに特化した形で行われた『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016』この日会場に訪れた多くのファンのその表情、興奮が示すように確かな手ごたえ、ムーブメントを超えた勢いを感じ取る事ができた。今後の展開としてまだまだ未定の部分も多々あるかもしれないが、早くも来年はさらに規模を拡大して… そんな話しも既に聞こえてきているようだ。また日本のみならずアジアでのさらなる展開も計画されているという。期待と可能性を秘めた日本のアーバン・ミュージックシーンの新たな幕開けと銘打たれ、確実な軌跡が刻み込まれたこの日、この時を鮮烈な記憶として脳裡に残しておこうと思う。


HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016

会場:ZEPP TOKYO
日程:2016年7月29日(金)

【出演アーティスト】
FRENCH MONTANA(フレンチ・モンタナ)
PUSHA T(プシャ・T)
FABOLOUS(ファボラス)
OMARION(オマリオン)
AK-69
BANGKOK INVADERS & DABOYWAY
AKLO

【パーソナリティー】
EBRO DARDEN
PETER ROSENBERG
LAURA STYLEZ
NESSA
MEGAN RYTE
TTTORREZ

【DJS】
DJ ENUFF
DJ KAST ONE
DJ BOBBY TRENDS
DJ CAMILO
DJ LEAD

主催・企画・制作:HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 実行委員会



HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2016 @ ZEPP TOKYO (2016.7.29) ~REPORT~



Text & Photo by KISHIMOTO


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND, REPORT |