CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


「池田学展 The Pen -凝縮の宇宙-」2017年1月20日(金)~3月20日(月・祝)at 佐賀県立美術館

「池田学展 The Pen -凝縮の宇宙-」2017年1月20日(金曜日)~3月20日(月曜日・祝)at 佐賀県立美術館

世界が注目する日本人アーティスト池田学、初の大規模個展を故郷佐賀で開催!

佐賀県は、2017年1月20日(金曜日)より2ヶ月間、わずか1mmに満たないペンの線から壮大な世界を描き出す
アーティスト、池田学(1973年~)初の大規模個展を佐賀県立美術館で開催します。

1日ににぎりこぶしほどの面積しか描き進めることができないという画面は、緻密さと空間の広がりを併せ持ち、現実を凌駕する異世界の光景を私たちに見せてくれます。

これまで日本をはじめ、韓国、ドイツ、カナダ、アメリカ、ロシアなどでグループ展に参加、2011年のニューヨークで開催された「Bye Bye Kitty!!!」展では、その作品がニューヨーカー誌に「魔法のよう」と評され、同年に、ニューヨーク・タイムズのアート&デザインの記者が選ぶ、その年に最もインパクトを与えた作品“Best Of 2011”の一つに選出されるなど、国際的に高い評価と注目を集めるアーティストです。

本展覧会は、これまでの池田の画業の全貌を紹介する、初めての大規模個展です。 アメリカ・ウィスコンシン州のチェゼン美術館の滞在制作プログラムで3年にわたり制作された巨大な新作をはじめ、国内外の美術館やコレクターが所蔵する作品の数々が、佐賀に集結します。 世界が注目する池田学の緻密かつ壮大な世界をぜひ御堪能ください。


「池田学展 The Pen -凝縮の宇宙-」

【会期】
2017年1月20日(金曜日)~3月20日(月曜日・祝)

【開館時間】
9時30分~18時
※ただし、1月27日(金曜日)、2月17日(金曜日)、3月10日(金曜日)はナイトミュージアムとして20時まで開館を延長

【休館日】
毎週月曜日 ※ただし3月20日(月曜日・祝)は開館

【会場】
佐賀県立美術館(佐賀県佐賀市城内1-15-23)

【企画監修】
ミヅマアートギャラリー

【観覧料】
一般1,200円、割引料金1,000円
※高校生以下及び障害者とその介助者1名は無料
※前売券、博物館・美術館メール会員、Begin会員、サガン鳥栖ドリームパス会員、20名以上の団体は割引料金

【展示内容】
チェゼン美術館(アメリカ・ウィスコンシン州)で3年間にわたり制作された巨大な新作をはじめ、池田作品のほぼすべてを網羅する約120点を展示。
プレス向け内覧会:1月19日(木曜日)14時~18時(予定)

オープニングセレモニー

日時:1月20日(金曜日)9時~9時30分 
会場:県立美術館エントランスホール

会期中のイベント

(1)池田学 アーティスト・トーク
アーティスト・池田学が展覧会場をご案内。 ここでしか聞けない制作秘話などをお楽しみください。
日時:1月28日(土曜日)、2月12日(日曜日)いずれも14時~15時30分
参加料:無料(ただし観覧券が必要です)、事前申し込み不要

(2)記念講演会
日本や世界の美術史から見た池田学作品の魅力や見どころを、幅広い視点からお話しいただきます。
講師:ラッセル・パンチェンコ氏(アメリカ・チェゼン美術館長)
日時:1月21日(土曜日)13時30分~15時
会場:県立美術館ホール
参加費:無料、事前申し込み不要

(3)クロストーク [池田学×三潴末雄×金子剛]
池田学を知り尽くす、三潴末雄さん(ミヅマアートギャラリー代表)と金子剛さん(元県立佐賀北高校
教諭)をゲストに迎えての鼎談。 どんなエピソードが飛び出すのか、御期待ください。
日時:1月22日(日曜日)13時30分~15時
会場:県立美術館ホール
参加費:無料、事前申し込み不要

(4)あらかしコンサート
本展覧会にちなみ、ジャズのコンサートを開催します。
日時:2月4日(土曜日)14時~15時
場所:県立美術館ホール
出演:荒木眞衣子 他
参加費:無料、事前申込不要

(5)子どもたちのためのワークショップ「池田さんの絵の世界で遊ぼう!」
ただ作品を観るのとはちょっと違った方法で、池田さんの作品をより深く、楽しく味わってみましょう。
日時:2月25日(土曜日)13時30分~15時
会場:県立美術館2階画廊
講師:野中耕介・秋山沙也子(佐賀県立美術館学芸員)
対象:小学生のお子さんとそのご家族
参加費:無料
定員:約20名(事前申し込みが必要です)
※申込方法は展覧会公式Webサイト及び県立美術館Webサイトに掲載します。

(6)ナイトミュージアム
美術館の開館時間を20時まで延長します。
期日:1月27日(金曜日)、2月17日(金曜日)、3月10日(金曜日)

(7)学芸員によるギャラリートーク
日時:毎週金曜日 15時~15時40分
※ただし、ナイトミュージアム開催日は18時30分~19時10分


池田学(いけだ・まなぶ)

1973年佐賀県多久市生まれ。 1996年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。 卒業制作にて紙に丸ペンを使用した独自の細密技法を確立。 2000年同大学院修士課程を修了。

2011年より文化庁芸術家在外研修員としてカナダ、バンクーバーに滞在。 2013年よりアメリカ、ウィスコンシン州マディソンにあるチェゼン美術館の招聘を受け滞在制作を行う。 圧倒的な細密さと共に、ユニークな感性と創造力溢れる作風で国内外を問わず高い評価を得ている。

2014年第25回タカシマヤ文化基金・美術賞を受賞。 近年の主な展覧会に「Garden of Unearthly Delights:Works by Ikeda, Tenmyouya & teamLab」(2014年、ジャパンソサエティギャラリー、ニューヨーク)、「DOMANI・明日展2013」(2013年、国立新美術館、東京)など。

ミヅマアートギャラリー|池田学
http://mizuma-art.co.jp/artist/0030/index.html


「池田学展 The Pen -凝縮の宇宙-」2017年1月20日(金曜日)~3月20日(月曜日・祝)at 佐賀県立美術館「池田学展 The Pen -凝縮の宇宙-」2017年1月20日(金曜日)~3月20日(月曜日・祝)at 佐賀県立美術館


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |