CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


JURASSIC 5
2013年7月27日(土) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13

2013年、6年の沈黙を破り再結成を果したJURASSIC 5
近年はメンバーそれぞれがソロワークとして目覚ましい活躍をしていたわけだが、この4MCと2DJが再び同じステージに立つ姿はもはや実現不可能だと思っていた。
しかしそんな雑念はどこふく風と今年あっさり再結成がアナウンスされ晴れてフジロックに出演を果たしてくれた。

【MC】
ザキール(Zaakir)
チャリ・ツナ(Chali 2na)
アキル(Akil)
マーク・セヴン(Mark 7even)
【DJ】
カット・ケミスト(Cut Chemist)
ヌ・マーク(Nu-Mark)

うん、なかなかのドリームチームだね!

JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
もともと抜群のセンスを持ち人気、実力、影響力を兼ねそなえていたグループだったけど、なんか活動休止している間にそのどれもがよりパワーアップしたのは間違いなく、メンバーのソロでの活躍や存在感も相成ってJURASSIC 5 という存在そのものが確実に大きなものになっていた。

今回はホワイトステージ 2日目のヘッドライナーだったわけだが、本当に大多数のオーディエンスが体を揺らしていましたね。実際僕も今回最も楽しみにしていたアクトの1つだったしその期待に違わずパフォーマンスを魅せつけてくれました。

序盤からはげしい勢いで押し寄せるように、まさに怒涛といった感じでグルーヴィーなラップが響き渡る。ソウルフルなブラックミュージックがムードを創りだし、めまぐるしく変化するマイクリレー、圧倒的な高速ラップからの4人の声が合わさる時のフックは強固な統一感と重層的に躍動する骨太さを感じさせ興奮を高めていた。
さらに2人のDJが時間をコントロールするかのように空間を掌握していた。ミドルテンポで展開されるさなかに音がピタっと止まる。その瞬間に響き渡るフロウは芸術的に美しかった。

JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
JURASSIC 5 @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

途中にはブレイクダンスなどの魅せる演出や、オーディエンスにハンズアップさせ『オープン、クローズ』の掛け声のもと手をグー・パーさせたりと会場中を和ませつつコール&レスポンスへ繋げていた。

さらにカット・ケミストとヌ・マークのそれぞれのソロ。っていうかDJバトルのような感じになっていたね。再結成後のライブではわりと恒例になっているみたいだけど、これはもうこれだけで60分くらいイケるんじゃないかってほどの見応えがありましたね。

社会的なメッセージの中にあらゆる局面で魅せることができるエンターテインメント性。
セルアウトでもドープでもない彼らだから成せる隙のない構成力は圧巻。

本編ラストには6人揃ってのダンスも披露。
普段は後方にいるDJ陣も結構動けるんだね~!!

プロパガンダとエンターテインメント。
強烈な個性が絶妙なバランスで成り立った世界がここにある。
そしてそこには笑顔と歓声が絶えず溢れていた。



text by KISHIMOTO
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 西田 憲司 |