CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


KIZUNARI TOUR 2012 『2012年3月9日(金)福島県いわき市』 at clubSONICiwaki Report


KIZUNARI TOUR 2012 『2012年3月9日(金)福島県いわき市』 at clubSONICiwaki

photo by shakukan 青木

Profile of |KIZUNARI|

KIZUNARI TOUR 2012
『2012年3月9日(金)福島県いわき市』

【場所】
club SONIC iwaki

【アーティスト】
HAKAIHAYABUSA
◆ACROBAT ATHLETE(郡山)
KMC
seven beach DUBTASTE(いわき)
◆SOBUT
◆太華

【DJ】
◆DJ CO-CO
◆DJ IZUMITA
DJ kenken
DJ MORICAWA

【MC】
MOJA
【live paint】
TAKUYA.Y

初日のいわき。集合場所は朝の10時。新宿某所。外は雨。やっぱり雨は嫌ですね。出来れば晴れて欲しかった!でもこれ位の雨、今回一緒の旅仲間リストを見れば吹き飛んでしまうであろう。この三日間の旅を共にする”KIZUNARI”crewはこちら。総勢16名。

MOJA(LION HEAD)
KZ(hakaihayabusa)
MOBY(hakaihayabusa)
NORI(hakaihayabusa)
WAKKUN(hakaihayabusa)
KEITA((hakaihayabusa crew)
KMC
スタッツ
太華
DJ MORICAWA(lcb)
DJ CO-CO(shanty town)
すーさん(カメラcrew)
山本さん(PAINTER)
山下さん(山本さんの手伝い)
そして自分自身
kenken(A-FILES,lcb)

というジャンルレス、年齢レス、地域レスな早々たるメンバー。山本さんと山下さんは長野の飯田から。DJのCO-CO氏ははるばる北九州は小倉から。山本さんに関しては自ら何度も現地へボランティア活動をしに行き、いつか絵を描きたかったという熱い気持ちを持っての参加。小倉のCO-CO氏に関してはこの数ヶ月間、地元小倉でチャリティーイベントを何度も開催し合計408.314円という義援金と800本のうまい棒を持って登場。その場にいた人みんなは度肝を抜かれていました(笑)

こういうツアーの醍醐味は知らない者同士が仲良くなり、知った者同士は更に絆が深まる。そして行く土地土地の人達と交流を持ち、また再会する事を約束し次の土地へ移動する。本来の目的以上に得る事がたくさんあるのです。

最初の街”いわき市”。津波や地震の被害で死者・不明者は300名以上。更にこの土地は原発から40kmという事もあり、第2次第3次被害へと発展している土地でもあるのです。

そんな街に建つ”clubSONICiwaki”。今回はこちらでの開催。

リハーサルをしてる最中に念願のTシャツが届く。このTシャツを巡っては様々なエピソードがありまして。このTシャツを作成するにあたってスポンサーしてくれたブランドや企業のロゴを背中に載せたのですが、当然漏れがあってはいけないわけです。何十回と確認し入稿。そして入稿後も何度も夢に出て来まして。というのも、ちゃんと9日のいわき公演に間に合うのかと。。。仲介してくれた友達に何度も電話。そして、プリントがしっかりとされてるかなど。。。そんなやり取りがあったので、この美しく仕上がった輝くTシャツを見た時は、感無量でした。最初の涙ポイントですね。
そのTシャツを入り口に並べて本番スタート。雨にも関わらずたくさんの方が並んで待っていてくれました!

地元のDJ IZUMITAさんのアナログによる自身との関係値も深い”COKEHEAD HIPSTERS”や”ZOOT 16”などの選曲ですっかり盛り上がり”seven beach DUBTASTE”のライブは様々な思いを背負った感情の篭った素晴らしいライブでした!そしてこの日だけ登場の”SOBUT”のいつも以上に気合の入ったライブは圧巻!このバンドのスタンスは今回のツアーに見事にマッチしてると思いました。途中KMCとスタッツと太華によるフリースタイルで体を揺らし、一発目の”ACROBAT ATHLETE”から最後の”HAKAIHAYABUSA”まで、とにかく濃い内容でした。

そして打ち上げは地元のDJ BARにて。途中DJ CO-COの酔っ払いDJタイムを挟みつつ夜は更けていくのでした。。。この打ち上げ中に大きな地震がありましたね。こういう地震を当たり前の様に体感しているんです。何も無くて何よりでしたが。。翌日の”郡山”に続きます。

Report by kenichi kono

KIZUNARI TOUR2012 REPORT
| 3月9日(福島県いわき市) | 3月10日(福島県郡山市) | 3月11日(宮城県石巻市) | 3月25日(東京都渋谷区) |


Posted in ALL ENTRY, CHANGE UP, club SONIC iwaki, DJ MORICAWA, EVENT, FLY, KENKEN, KIZUNARI, KMC, LION HEAD, REPORT, seven beach DUBTASTE, TAKUYA.Y, ハカイハヤブサ, 太華 |