CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

ANTHRAX

ANTHRAX/アンスラックス

ジョーイ・ベラドナ / Joey Belladonna (vo)
スコット・イアン / Scott Ian (g)
フランク・ベロ / Frank Bello (b)
チャーリー・ベナンテ / Charlie Benante (ds)

81年、スコット・イアン(g)とダン・リルカ(b)によって、米国はニューヨークにて結成。メンバー・チェンジを経験しながらも、スコットとダンの他に、チャーリー・ベナンテ(ds)、ダン・スピッツ(g)、ニール・タービン(vo)という布陣で制作したアルバム「FISTFUL OF METAL」を1984年にMegaforce Recordsよりリリースし、デビューを果たす。

その後、ダン・リルカの脱退を受け、チャーリーの甥であるフランク・ベロ(b)を迎え入れる。また、ニールはバンドをクビになる格好で脱退。その後任として85年にジョーイ・ベラドナが加入。ニュー・ラインナップで、85年に傑作と呼ばれる「SPREADING THE DISEASE」を発表。当時盛り上がりつつあったスラッシュ・メタルに、ジョーイのメロディアスなヴォーカルが乗ったオリジナリティある彼らのサウンド・スタイルは、大きな話題を呼ぶ。なお、同じく85年には、スコットとチャーリーが、ダン・リルカ、ビリー・ミラノとコラボレーションし、S.O.D.(Stormtroopers Of Death)というバンドを結成し、アルバム「SPEAK ENGLISH OR DIE」を発表している。

86年には、前作「SPREADING THE DISEASE」と同じメンバーで、こちらも傑作の呼び声高い3rdアルバム「AMONG THE LIVING」を制作し、翌87年にリリース。4thアルバム「STATE OF EUPHORIA」(88年発表)、5thアルバム「PERSISTENCE OF TIME」(90年発表)とリリースを重ねていく。91年には、PUBLIC ENEMYのチャックDをフィーチャリングしたPUBLIC ENEMYの“Bring The Noise”をカヴァーしたシングルが大ヒットし、メタルとヒップホップという異色のコラボレーションを実現し、その後行なったPUBLIC ENEMYとのカップリング・ツアーも大成功を収める。この“Bring The Noise”を収録した企画アルバム「ATTACK OF THE KILLER B’S」も、同年6月にリリースし、このアルバムは92年にグラミー賞の「ベスト・メタル・パフォーマンス」にノミネートされた。

ところが、92年にジョーイ・ベラドナが脱退し、後任として元ARMORED SAINTのジョン・ブッシュ(vo)が加入。バンドはIsland Recordsを離れ、新たにElektra Recordsとの契約を獲得し、通算6作目「SOUND OF WHITE NOISE」を93年に発表。しかし、ジョーイの次は長年リード・ギタリストとして在籍してきたダン・スピッツが脱退。後任ギタリストを加入させることなく、チャーリー・ベナンテがギターも担当するとともに、MEAT LOAFなどに参加していたポール・クルック(g)や、当時PANTERAのダイムバッグ・ダレル(g)をゲスト・ギタリストに迎え、7thアルバム「STOMP 442」を95年に制作、発表。この作品を最後にElektraとの契約を解消した。インディーズのIgnition Recordsと契約を交わしたバンドは、98年に8th「VOLUME 8: THREAD IS REAL」発表。またしても正式なギタリストを迎えずに、チャーリー、ポール・クルック、ダイムバッグ・ダレルが曲ごとにギター・パートを担当。その後、ようやくダン・スピッツの正式な後任として、ロブ・カッジアーノが加入する。

そんな折、01年の炭疽菌(Anthrax)事件によるバンド名変更の動向で話題になりながらも、03年に9thアルバム「WE’VE COME FOR YOU ALL」をSanctuary Recordsを通してリリース。その年、『FUJIROCK FESTIVAL 03』に出演するため来日している。ところが、04年4月の来日公演直前に、フランク・ベロが突如脱退。バンドは急遽ジョーイ・ヴェラ(b)をヘルプにジャパン・ツアーを敢行。05年には、ジョーイ、スコット、チャーリー、ダン、そしてバンドに復帰したフランクといった「SPREADING THE DESEASE」から「PERSISTENCE OF TIME」期のメンバーが再集結し、ツアーを行い、『LOUD PARK 06』でもそのラインナップで来日を果たした。

その後、07年に若いダン・ネルソン(vo)の加入や、ジョン・ブッシュが再復帰しての『SONISPHERE FESTIVAL 09』や『LOUD PARK 09』への参戦などがあったが、最終的にはジョーイ・ベラドナが電撃復帰を果たし、10年にMETALLICA、SLAYER、MEGADETHと共にTHE BIG 4としてヨーロッパの各国の『SONISPHERE FESTIVAL』に出演。11年になっても、THE BIG 4として初めて米国でショウを行なうなど活動を行ない、ジョーイを含むラインナップでのオリジナル・フルレングス・アルバムとしては92年の「PERSISTENCE OF TIME」以来となる、8年振りの通算10作目「WORSHIP MUSIC」を9月にリリース。

2013年にロブが脱退。SHADOWS FALLのジョナサン・ドネイズ(g)を迎えて、ツアー実施やフェスティヴァル出演など精力的に活動を続ける。そして2014年からはニュー・アルバムの制作を開始するとともに、同年9月にはライヴDVD『CHILE ON HELL』を発表。

関連リンク

ANTHRAX Official Website
Victor Entertainment




2014.09.23

ANTHRAX – LIVE DVD 『CHILE ON HELL』 Release


Profile of |ANTHRAX| デビュー30周年を迎えたスラッシュ・メタル四天王ことTHE BIG4の一角を担うアンスラックスが9年振りのライ…
≫Read More



ANTHRAX (2012/04/05) at 渋谷O-EAST LIVE REPORT


2012.05.01

ANTHRAX (2012/04/05) at 渋谷O-EAST LIVE REPORT


Profile of |ANTHRAX| ANTHRAX 2012.4.5 (Thu) Shibuya O-EAST その音、その行為、その存在、 全てに迫力があり凄艶である。 昨…
≫Read More



PUNK ROCK ISSUE 〝BOLLOCKS〟(No.002)


2012.04.21

PUNK ROCK ISSUE 〝BOLLOCKS〟(No.002)


Profile of |BOLLOCKS| PUNK ROCK ISSUE 〝BOLLOCKS〟(No.002) 5/15発行! <表紙> CHARLIE HARPER(U.K.SUBS) × HIKAGE(THE ST …
≫Read More



ANTHRAX JAPAN TOUR 2012 (with HELLYEAH)


2012.03.21

ANTHRAX JAPAN TOUR 2012 (with HELLYEAH)


Profile of |ANTHRAX| 2012/4/2(月) 名古屋 CLUB DIAMOND HALL OPEN 18:00 / START 19:00 TICKET ¥7,350-(税込/All Standing [&…
≫Read More



Charlie Benante (ANTHRAX) Interview


2011.09.26

Charlie Benante (ANTHRAX) Interview


8年ぶりのNewアルバム『WORSHIP MUSIC』をリリースしたANTHRAX(アンスラックス)のギタリスト、スコット・イアンに電話インタビュ…
≫Read More



Scott Ian (ANTHRAX) Interview


2011.09.25

Scott Ian (ANTHRAX) Interview


8年ぶりのNewアルバム『WORSHIP MUSIC』をリリースしたANTHRAX(アンスラックス)のギタリスト、スコット・イアンに電話インタビュ…
≫Read More



ANTHRAX 『WORSHIP MUSIC』


2011.09.05

ANTHRAX 『WORSHIP MUSIC』


Profile of |ANTHRAX| うひゃ~! アンスラックスの8年半ぶりの新譜ですよ♪  しかも黄金期のフロントマン、ジョーイが完全復帰…
≫Read More


A-Files click here≫