CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

BLINK-182

BLINK182/ブリンク-182

Member
TOM DELONGE / トム・デロング (vo & g)
MARK HOPPUS / マーク・ホッパス (vo & b)
TRAVIS BARKER / トラヴィス・バーカー (ds)

(L to R: TRAVIS BARKER/TOM DELONGE/MARK HOPPUS)

リターン・オブ・ニュー・スクール・パンク・キング!90年代に登場し、その後のアメリカの「パンク・ロック」に新しくそして大きな意味と意義を、とことんのストリートへの帰属意識と等身大の世代感とセンス・オブ・ユーモア、ファッション等音楽に留まらない活動等で体現していたBLINK-182。

2005年に突然の活動停止宣言。
2009年に活動を再開した。

活動停止までに5枚のスタジオ・アルバムをリリース。2枚目となる「デュード・ランチ」(97年)にてメジャー・デビュー。99年発表「エニマ・オブ・アメリカ」は全米500万枚以上を売り上げた。

01年発表「テイク・オフ・ユア・パンツ・アンド・ジャケット」は初の全米NO.1を記録。

メンバーは+44、エンジェルズ・アンド・エアウェーヴズ、ソロ等での音楽活動の他、トムとマークはATTICUS、MACBETH、トラヴィスはFamous stars and strapsといったストリートブランドを立ち上げるなど幅広い活動を行ってきた。

2008年トラヴィスが飛行機事故に遭い、奇跡的に助かるも大怪我を負ってしまう。

2009年グラミー賞のプレゼンターとして3人が同じステージに立つ。バンドは再始動を宣言。

2009年夏~秋にWEEZERとFALL OUT BOYをサポートに従えの全米ツアーを実施。アルバムの制作は進められ、レコーディング作業は終了。

2011年8月からはMY CHEMICAL ROMANCEと共に全米をHONDA CIVIC TOURとしてサーキットを行う。

2011年9月、満を持してのnewアルバム『NEIGHBORHOODS』をリリース。

BLINK-182 『NEIGHBORHOODS』

NEIGHBORHOODS
2011.9.28 Release

DISCOGRAPHY
■チェシャー・キャット/CHESHIRE CAT (1994)
■デュード・ランチ/DUDE RANCH (1997)
■エネマ・オブ・アメリカ/ENEMA OF THE STATE (1999)
■テイク・オフ・ユア・パンツ・アンド・ジャケット/TAKE OFF YOUR PANTS AND JACKET (2001)
■BLINK-182/BLINK-182 (2003)
■GREATEST HITS/グレイテスト・ヒッツ (2005)(ベスト・アルバム)
■NEIGHBORHOODS/ネイバーフッズ (2011)

関連リンク

BLINK-182 Official Website
Twitter
UNIVERSAL MUSIC



BLINK-182 『NEIGHBORHOODS』


2011.09.20

BLINK-182 『NEIGHBORHOODS』


Profile of |BLINK-182| ブリンク182、約8年ぶりとなる通算6作目となるオリジナル・アルバム「ネイバーフッズ」が遂に完成! 200…
≫Read More


A-Files click here≫