CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

KILLSWITCH ENGAGE

KILLSWITCH ENGAGE/キルスウィッチ・エンゲイジ

(MEMBER L to R)
Justin Foley – drums
(ジャスティン・フォリー)
Joel Stroetzel – guitars
(ジョエル・ストローゼル)
Adam Dutkiewicz – guitars
(アダム・デュトキエヴィッチ)
Mike D’Antonio – bass
(マイク・ダントニオ)
Jesse Leach – vocals
(ジェシー・リーチ)

ニューヨークに根付くハードコアと北欧に代表されるメロディック・デスを大胆にクロスオーヴァーさせたサウンドで、90年代にマサチューセッツのシーンをリードしてきた AFTeRSHOCK と OVERCAST。同時期に解散したこの二つのバンドのメンバーを中心にして結成されたのが、KILLSWITCH ENGAGE だ。


AFTeRSHOCKからアダム・デュトキエヴィッチ アダム・デュトキエヴィッチ アダム・デュトキエヴィッチ、ジョエル・ストローゼル ジョエル・ストローゼル ジョエル・ストローゼルが、OVERCASTからはマイク・ダント マイク・ダントニオが参加し、そこに元 ニオ CORRIN、NITHING STAYS GOLD のジェシー・リーチ ジェシー・リーチ ジェシー・リーチが加わり、4人編成で活動をスタートさせた彼らは、地元を中心に精力的にライヴ活動を行っていく(この頃アダムはドラムを担当)。

2000年、USのFERRET RECORDSよりファースト・アルバム『KILLSWITCH ENGAGE』を発表、インディーズでのリリースながらその ”スーパー・バンド”の噂は瞬く間に広がり、翌年 2001年にはバンドは新たにROADRUNNER RECORDSと契約を結び、ワールドワイド・デビュー・アルバムの制作に取りかかる。

バークリー音楽院出身のアダム自らがプロデュースを担当(レコーディングでアダムはドラムのみならず元々本職であったギターもプレイしている)して制作したセカンド・アルバム『ALIVE OR JUST BREATHING』を2002年6月に発表、ニュースクール・ハードコアをベースにしながらも、時折垣間見せる叙情的なメロディやギターのフレーズ、怒号の嵐など独自のアグレッシヴネスに満ち溢れた表情豊かなラウド・ミュージックを構築し、英Kerrang!誌では最高の評価5Kを獲得、また米CMJラウド・ロック・チャートでは4週連続1位を獲得するなど各方面で軒並み大好評を博し、デビュー・アルバムにして最高のスタートを切ることとなる。

アルバム制作後に、ライヴで楽曲を再現させるためアダムがギターに復帰、ドラムにAFTeRSHOCKの盟友、トム・ゴメス・ トム・ゴメスを加入させ、5人編成として新たなスタートを切った彼らは、アルバム・リリースに前後して数回に渡る全米ツアーを実施、ハードコアとメタルの垣根を遥かに飛び越えた活躍を見せていく。が、アルバム発売直後の7月にヴォーカルのジェシーが個人的な事情を理由に突如脱退を表明。新たにBLOOD HAS BEEN SHEDのボーカリスト、ハワード・ジョーンズ ハワード・ジョーンズ ハワード・ジョーンズを迎え入れ、7月に行われたHELLFESTを皮切りにヨーロッパ・ツアー、そして日本のBEAST FEAST 2002参戦など、世界規模でのツアーを続けて行く。年明けには早くも2度目の来日公演(Extreme the DOJO vol. 6)を行った彼らはその後も大躍進を続け、2003年のOZZFESTでは全米のキッズを熱狂の渦に巻き込む凄まじいパフォーマンスを見せつけた。その度重なるツアーと圧倒的な楽曲&パフォーマンスで一気に人気を爆発させ、ニュー・ジェネレイション・メタル勢の中では初となる全米で 10万枚セールスを突破するという記録を打ち立てる。

その後トム・ゴメス・ トム・ゴメスがバンドを脱退、新たにハワードのバンド・メイトでもあったジャスティ・フォリー ジャスティ・フォリー ジャスティ・フォリー(BLOOD HAS BEEN SHED)をドラマーとして迎え入れ、2004年、サード・アルバム『THE END OF HEARTACHE』を発表、ビルボード・チャート初登場 』 21位を記録し、その存在感を更に大きなものと進化させていく。2004年の SLAYER との全米ツアー、2005年夏のOZZFESTでのセカンド・ステージのヘッドライン出演はハイライトと言えるべきツアー、他にも MY CHEMICAL ROMANCEらとのTASTE OF CHAOS TOUR(このツアーではほぼ同じラインナップで来日公演も行っている)、Extreme the DOJO vol. 10 Specialへの参戦と、数々のフェスティヴァルへも出演、最終的にアルバムは全米のみで50万枚を超えるセールスを記録する。またアルバム・タイトル曲「ジ・エンド・オヴ・ハートエイク」 「ジ・エンド・オヴ・ハートエイク」 「ジ・エンド・オヴ・ハートエイク」が映画『バイオハザード 『バイオハザード II』のメイン・テーマとして使用され、ニュー・ジェネレイション・メタル勢 』としては初となるグラミー賞ノミネートという輝かしい記録も打ちたて、シーンの中心的バンドとしての地位を不動のものとする。

2006年に入りしばらくオフを取ったバンドは同年春からレコーディングをスタートさせ、彼らにとって4作目となる『AS DAYLIGHT DIES』を同年 11月に発表(アルバム発売直前にはLOUD PARK 06参戦のため5度目の来日公演を行っている)、ビルボード・チャート32位を記録する。アルバム発表後も強靭なツアーを続けるが、アダムの持病である腰の痛みが悪化したため、07年初頭に予定されていたツアーをキャンセル、その後もSOILWORKのピーター・ウィッチャーズやDAMAGEPLANのパトリック・ラックマンに代役を依頼しつつツアーを続けていく。アダムの病状が回復すると彼はバンドに復帰、まずは全米ヘッドライン・ツアーをDRAGONFORCEやCHIMAIRAらと回り、その後ヨーロッパのフェスティヴァル、WARPED TOURへの参戦、秋にはLAMB OF GODとのコ・ヘッドライン・ツアー、2008年初頭のSOUND WAVE FESTIVALツアーへの参戦、6月には6度目にして初の日本ヘッドライン・ツアーを行うなど、世界中に怒涛の攻勢をしかけていった。

08年10月から彼らはバンド史上初となる外部プロデューサー、ブレンダン・オブライエン ブレンダン・オブライエン ブレンダン・オブライエンを迎えて新作のレコーディングを開始、バンドにとって2枚目のセルフ・タイトル・アルバムとなる5作目『KILLSWITCH ENGAGE』を2009年6月に発表、バンド史上最高位となるビルボード・チャート7位を記録する。アルバム発売直前には DISTURBEDと共にMUSIC AS A WEAPON TOURを、発売後にはMAYHEM TOURでSLAYERらと共に全米をサーキットするなど精力的なツアーを続けていくのだが、2010年2月、ハワードがツアーへの不参加を発表したため、その後 ALL THAT REMAINSのフィル・ラボンテや元フロントマンのジェシー・リーチ ジェシー・リーチ ジェシー・リーチを代役に迎えながらツアーを続けていく(残念ながらこの作品での来日公演は実現せず)。その後バンドは休息期間に入り、アダムはジェシー・リーチ ジェシー・リーチ ジェシー・リーチと共に新プロジェクトTIMES OR GRACEを立ち上げ、2011年1月にアルバム『THE HYMN OF A BROKEN MAN』を発表、ジャスティンはUNEARTH のアルバムにドラマーとして参加、その後ツアーにも同行、マイクは OVERCASTでバンド・メイトだった SHADOWS FALLのブライアン・フェアらと共にハードコア・バンド DEATH RAY VISIONを立ち上げるなど、個々の活動の場を広げていく。

2011年後半から、徐々に新作に向けての準備に入ったとの情報が流れ始め、いよいよ KILLSWITCH ENGAGE 再始動か、との期待が募っていた中、2012年1月、体調の問題などの理由から突如バンドからハワード・ジョーンズが脱退した事を発表。シーンに大きな衝撃を与える事となったのだが、数人のオーディションを経て、最終的に元フロントマンであったジェシー・リーチがバンドに電撃復帰。その後バンドはツアーを行いながら新作のレコーディングを同時進行で行い、遂に衝撃の最新作『DISARM THE DESCENT』を完成させた…。

関連リンク

KILLSWITCH ENGAGE Official Website
Roadrunner Records Japan




2016.02.05

Killswitch Engage – New Album 『Incarnate』 Release


Profile of |Killswitch Engage| メタルコアシーンの最重要バンド、キルスウィッチ・エンゲイジ 2016/3/11リリースの新作『イン…
≫Read More




2015.12.11

Killswitch Engage ニューアルバム発売に先駆けシングル『Strength of the Mind』配信開始&ミュージック・ビデオ公開!


Profile of |Killswitch Engage| メタルコアシーンの最重要バンド、キルスウィッチ・エンゲイジ 3年半ぶりとなるニュー・アルバ…
≫Read More



FUJI ROCK FESTIVAL ’13 ~出演アーティスト第8弾~ ステージ別ラインナップ決定!


2013.06.06

FUJI ROCK FESTIVAL ’13 ~出演アーティスト第8弾~ ステージ別ラインナップ決定!


Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL| フジロッカーの中には、新しい出演者が発表になるごとに、このバンドはGREENでしょ、彼はMARQU…
≫Read More



FUJI ROCK FESTIVAL ’13 ~出演アーティスト第5弾~  出演日別ラインナップ発表! / A-FILES オルタナティヴ・ストリートカルチャー・ウェブマガジン


2013.04.25

FUJI ROCK FESTIVAL ’13 ~出演アーティスト第5弾~  出演日別ラインナップ発表!


Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL| フジロックまであと3ヶ月、GW を目前に、お待ちかねの出演日別ラインナップがついに発表され…
≫Read More



KILLSWITCH ENGAGE New Album 『DISARM THE DESCENT』 RELEASE


2013.03.13

KILLSWITCH ENGAGE New Album 『DISARM THE DESCENT』 RELEASE


Profile of |KILLSWITCH ENGAGE| 2000年代メタル・シーンの一大ムーヴメントの火付け役にして、メタルコアなるジャンルを生みだ…
≫Read More



FUJI ROCK FESTIVAL ’13 ~出演アーティスト第1弾~


2013.02.28

FUJI ROCK FESTIVAL ’13 ~出演アーティスト第1弾~


Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL| FUJI ROCK FESTIVAL ’13 2013年 7月26日(金)27日(土)28日(日) 新潟県 湯沢町 苗場スキー…
≫Read More


A-Files click here≫