CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

Big B

Big B

ラスヴェガスで育ったビッグBは小さい頃から大きかった。やがて彼はラスヴェガスで最も過激と称されたハードコア・バンド”187″のフロントマンとしてその名を広めた後、FMXの世界を通じてコットンマウス・キングスと知り合いサバーバン・ノイズ・レコーズに所属、既にメンバーであったOPMに参加するのと同時にソロ・アーティストとしても歩き始める。

2004年にソロ1st「ハイ・クラス・ホワイト・トラッシュ」をサイプレス・ヒルのセン・ドッグの兄弟でラテン系のラッパーで初のプラチナ・ディスクを獲得したメローマン・エースやアイスTクルーのDJエースらと完成させた。その年の4月にはコットンマウス・キングス、ジャッジD、ファンク・ジャンキーズと共に初来日を果たし、その巨体からひねり出す迫力のラップと、どこか愛嬌のあるステージで観客を魅了した。同年はOPMとしても「フォーゼマシーズ」をリリース。全ての曲に参加しその存在を世界に発信した。

2005年には2ndソロ作「ホワイト・トラッシュ・レネゲード」をリリース。またサブノイズ・ソウルジャーズ(サバーバン・ノイズのシンガー/ラッパーが集まったユニット)としてもアルバムをリリース。この年はサブノイズ・ソウルジャーズとしてジャッジD、セイント・ドッグ(ex.コットンマウス・キングス)と来日公演を行った。何ヶ月か後に単独でも来日公演をこの年は行っている。

2006年にはサブノイズ・ソウルジャーズとしてアルバム「ドロッピン・ボムズ」をリリースし、またそれまでのサバーバン・ノイズでの活動をまとめたアーリー・ベスト的なアルバム「ランダム・スタッフ」をリリース。同時に親友であるFMXライダーのケアリー・ハートがオーナーのタトゥー・スタジオ「ハート・アンド・ハンティントン」を舞台にしたドキュメンタリーTV番組「インクド」がスタートし、そこはビッグBのラスヴェガスでの日常のたまり場の為、必然的によく登場し話題を呼んだ。

2007年には3作目のソロ・アルバム「モア・トゥ・ヘイト」をリリース。諸々の活動の結果から好セールスを記録した。

08年はOPMのアルバム「Golden State Of Mind」にほとんどの曲で参加。

09年には4thアルバム「アメリカン・アンダードッグ」をリリースした。このアルバムではふんだんにアメリカン・ロック、ブルーズ調のトラックを使い、新天地を見出した。

そして2010年には5thアルバム「グッド・タイムス&バッド・アドバイス」をリリース。このアルバムでは前作でのアメリカン・ロックに加え、サーフロック調のトラックを使い新たな一面を見せている。

2011年、6th「ミュージック・フォー・ミスフィッツ」をリリース。よりアコースティック&サーフ・ロック面を強くしたこのアルバムは前作から続く初期作品では純粋なヒップホップ・アーティストであったビッグBのロック・アーティストとしての進化を見せつけた名作となった。

彼の作り上げる世界観はアルバム・タイトルに使われる「ホワイト・トラッシュ(低所得層の白人)」という言葉に集約されている。巷に溢れる「だから何?」としか感じない「俺は金持ってんだぜ・つかんだんだぜ」的な”ブリン・ブリン”ラップや”俺が俺が”ラップとは全く異なるもので、飾らなくて良いシンプルな生き方を提言している。それはかつて政府や正しくない考えの人たちに対抗するカウンター・カルチャーとして発展したヒップホップやパンク・ロックの初期の最も美しく商業化されていなかった時代に通ずる思想である。現実に真正面から立ち向かい、意味の無いコマーシャル・ヒップホップとは一線を画す彼の詩にあるのは真実のみである。

関連リンク

Big B Official Website
Before I Leave This Place (Feat. Everlast a.k.a. Whitey Ford) Music Video



Kottonmouth Kings - New Album 『Mile High』RELEASE & 『MILE HIGH JAPAN TOUR 2012』 with BIG B


2012.09.17

Kottonmouth Kings – New Album 『Mile High』RELEASE & 『MILE HIGH JAPAN TOUR 2012』 with BIG B


Profile of |Kottonmouth Kings| Kottonmouth Kings/Mile High コットンマウス・キングス/マイル・ハイ 待望のハード・エッジへ…
≫Read More


A-Files click here≫