CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


ROUNDHOUSE supported by RÉMY:ÜSIC 2014.03.29 (Sat) at 代官山AIR

ROUNDHOUSE supported by RÉMY:ÜSIC 2014.03.29 (Sat) at 代官山AIR

代官山AIRにて新パーティーが始動!
Mark FarinaがHouse、Mushroom Jazzの2セットを披露!
宇川直宏 名義では1年ぶりとなるVJも!

東京の最前線で本物のアーティストを紹介し続けているPRIMITIVE INC.がプロデュースするパーティー“ROUNDHOUSE”がRÉMY:ÜSICのサポートのもと始動する。キックオフを飾るDJは魂の解放者ことMark Farina。抜群の選曲と類まれなグルーヴでキャリアを積み上げ、世界中から絶大な支持を受けるDJとして知られている。今回は真骨頂のHOUSE SETのみならず、ダウンテンポなサウンドを西海岸スタイルで紡ぐMUSHROOM JAZZ SETをラウンジでも披露。Mark Farinaならではの二面性を一晩で存分に味わえる貴重な機会になっている。更に日本が誇る奇才芸術家、宇川直宏がレジデント(?)VJとして“ROUNDHOUSE”に参加。サンフランシスコに住んでいた20年以上前にMark FarinaのDJで踊り明かしていた原体験を持つ宇川直宏とのコンビネーションは特別な時間を期待させてくれる。音楽を軸に様々な文化が繋がっていく一夜。それは黎明期のクラブが多く持っていた熱量の源。古きをたずねて新しきを知る。踏襲しながらも刷新すべく“ROUNDHOUSE”がスタートする。

Text by Yoichi Oyama (PRIMITIVE INC.)

ROUNDHOUSE supported by RÉMY:ÜSIC

代官山AIR www.air-tokyo.com
2014.3.29 (Sat) 22:00 START
DOOR 3500yen、W/F 3000yen、
AIR members & Under 23 2500yen、Before 23:30 2000yen、After 7:30 1000yen

●MAIN FLOOR
-DJ- Mark Farina -House Set- (Mushroom Jazz / Great Lakes Audio / OM)
REMI (DAWD / R20)
NEBU SOKU
STOCK (World Spin / JMC)

-VJ-
UKAWA NAOHIRO (DOMMUNE)

●LOUNGE
-DJ-Mark Farina -Mushroom Jazz Set- (Mushroom Jazz / Great Lakes Audio / OM)
JUN KITAMURA (Capricious Records / DAWD)
NEEMURA (The OATH / Reyes Magos)
haraguchic (DAWD / FFF)
JAVA
SINO (DAWD)


Mark Farina (Mushroom Jazz / Great Lakes Audio / OM)

Mark Farina (Mushroom Jazz / Great Lakes Audio / OM)

シカゴ出身、サンフランシスコを拠点に活動中のDJ兼プロデューサー。
90年代初頭からDJとして世界中をまわり、年間100本以上ものギグでプレイ。跳ねる様な音色のトラックを超人的かつ卓越したスキルとセンスでミックスするDJスタイルにより、北米はもとより世界中からファンを獲得、西海岸のシーンを代表するトップ・アーティストとして君臨し続けている。日本では2006年に日本最大級のクラブ系アクトによる野外フェスティヴァル“Metamorphose”にヘッドライナーとして登場。2つのステージにてプレイし多くの観衆を魅了した。翌年の2007年には、今は無き伝説のクラブSpace Lab Yellowの単独公演と共に、Liquid Roomでの
“om:tokyo”でもプレイをおこない、その内容を収録したミックスCD『Live in Tokyo』をリリース、大きな話題を呼んだ。2008年には世界的に最も評価を受けているミックスCD『Fabric』の40番を担当し、抜群の選曲と類まれなグルーヴを展開。更に多くの支持を集めることになった。また近年は兼ねてより親交の深いDerrick CarterやDJ Sneakと共に活動もしており、2012年にベルギーでおこなわれている世界最大級のダンスユージックのフェスティヴァル“Tommorowlamd”にて、3人によるバック・トゥ・バックを披露し、大きな話題を呼んだ。それを皮切りに、
翌年も同フェスティバルに出演、そしてイビザのPachaにおいて、最もイビザが盛り上がる夏に3度も3人のバック・トゥ・バックで登場し、会場を大いに盛り上げた。また1992年からスタートした自身のパーティー“Mushroom Jazz”は、ジャジーなヒップホップからダビーなダウンテンポ・トラックを中心に構成され、同名のミックスCDとして現在まで7作品を発表する人気シリーズとなっている。ある意味、対極ともいえる二面性を表現し続けられるのも、幅広い音楽性を持つMark Farinaならではのスタイルといえるだろう。

– Mark Farina Tour Information –
2014.03.28 (Fri) @ 神戸troopcafe (http://troopcafe.tumblr.com)
2014.03.30 (Sun) @ 名古屋CLUB MAGO (http://club-mago.co.jp)


UKAWA NAOHIRO (DOMMUNE)

UKAWA NAOHIRO (DOMMUNE)

MOM/N/DAD PRODUCTIONS主宰、Mixrooffice代表、山本現代所属、京都造形芸術大学教授。デザイナー、ビデオディレクター、VJ、文筆家、ファッションブランドディレクター、番組プロデューサー、現代美術家など、極めて多岐に渡る活動を行う全方位的アーティスト。既成のファインアートと大衆文化の枠組みを抹消し、現在の日本にあって最も自由な表現活動を行っている自称メディアセラピスト。VJとしては、その歴史の黎明期である88年から活動し、日本におけるオリジネイターの一人。2004年リキッドルームでのカウントダウンでは石野卓球、EYEと共に計33時間30分のVJを遂行した。また日本最大規模の屋内レイブWIREには12年連続参加。2006年はFUJI ROCK、RISINGSUN ROCK FESTIVAL、Metamorphoseなどの主要な夏フェスを制覇。他にもFrancois K.やCarl Craig、Goldie、Ramm:Ell:Zee、ESG、そしてDerrick Carterなど多数の競演を果たしている。ミュージッククリップ・ディレクターとしてもBOREDOMS、The Orb、Capsule、MEG、SUPERCAR、電気グルーヴなど、多くのミュージシャンを手がけ、またその全てにおいて先駆的な実験が施されている。SPACE SHOWER TV「MVA」BEST COMPUTER GRAPHIC VIDEO賞、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN BEST DANCE MUSIC賞などの受賞歴も多数。2010年、自ら立ち上げたライブストリーミング・スタジオ兼チャンネルであるDOMMUNEは、開局と同時に記録的なビューアー数をたたき出し、国内外で話題を呼び続ける文化庁メディア芸術祭推薦作品。現在の宇川直宏の職業欄はDOMMUNE。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |