CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


RUBYROOM 11th ANNIVERSARY!!!! – 2013.11/03 (sun) at Shibuya RUBYROOM

RUBYROOM 11th ANNIVERSARY!!!! - 2013.11/03 (sun)

Profile of |RUBYROOM|

渋谷 RUBYROOMはOPEN、11年目を迎える事になりました。
これもひとえに皆様方の温かいご支援とご協力があったればこそと心より感謝致しております。11/3の周年イベントには、皆様のご来店の程スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

2013/11/3(sun)
『RUBYROOM 11th ANNIVERSARY!!!!』

◆OPEN
18:00~8:00
◆DOOR
1500yen(with 1drink)

-LINE UP-
DJ’s
IZPON(KINGDOM☆AFROCKS)
DJ MIYU
MU
No’n
IIIIII
POPPO
小国章
NARIFUMI UENO
Timutaku
KAZUYA ISHIMORI
BOTTI

-LIVE-
TEFCO
Aini
The Goood Things
Hotte
田森理生
蜻蛉

-VJ-
Nanao

INFO:http://rubyroomtokyo.com/


IZPON

IZPON

90年代にガレージパンク・バンド、「The Flamenco A Go Go」のベーシスト&プロデューサーとしてデビュー。バンドは当時のインディーズ・チャート10週連続一位を記録し海外からもブート版が発売されるなど話題を呼ぶ。

3年余りでバンドを解散し、その後楽器をパーカッションに変更。ボアダムスのヒラが主催するサイケ・ジャム・バンド「AOA」や、Juzu a.k.a Moochy主催の「NXS」など多くのグループやユニットに参加し、ライブやレコーディングを積極的に行う。
AOAのメンバーとしてFUJI ROCKへの出演、オーストラリアでのライブ&レコーディングを最後に、日本での活動を停止し、キューバに渡る。キューバでは五大バタ奏者の一 人、アンヘル・ボランニョ氏に師事し、バタ・ドラムやルンバなど黒人舞踏音楽を学ぶ。サンテリアというアフリカ起源の宗教儀式でバタを演奏するバタ奏者と して、キューバで約2年活動。
帰国後はパーカッショニストとして様々なグループやセッションに積極的に参加し活動。
またプロデュースや作曲なども手がけ、CMの楽曲制作なども行う。

[グループ]
KINGDOM☆AFROCKS、Doping Band、NAOITO、犬式 a.k.a Dogggystyle、Panorama Steel Orchestra、Orquesta、Nudge! Nudge!

[サポート&レコーディング参加アーティスト]
HIFANA、CRO-MAGNON、 Soil&Pimp Sessions、 Super Car、 UA、 keyco、ill、 一十三十一、COMA-CHI、Metal Chicks等


DJ MIYU

DJ MIYU

日本ドラムンベースシーン屈指のFEMALE D&B DJ MIYUは ROCK、HIPHOPなどさまざまなジャンルの音楽に触れアナロ グ盤を集めはじめる。 多種多様なサブカルチャー、音楽、アートに触発されMEE名 義でアート活動後、2006年から本格的にDJ活動を開始する。 自身の華やかでキュートな見た目とは相反にパワフルで男らしい選曲と、 現行のシーンでは数少なくなったヴァイナルのみによるター ンテーブル3台を操り、変幻自在のクイックミックス&ダブル、トリプル・ドロップによるDJスタイルを確立している。 高速重低音/高速ブレイクビーツを操る唯一のFEMALE DJとして、都内を中心にドラムンベースのみならず、ジャンルの枠を越えた多忙なDJスケジュールをこなす実力派女性DJ! 国内外問わず様々なTOPアーティストと多数共演し、日本のドラムンベース/ダブステップ・シーンを代表する国内最大 級のパーティー”DBS”ではLONDON ELEKTRICITY,GOLDIEなどとUNITのメインフロアの出演も果たしている。 近年では年間50本以上のDJスケジュールに加え、雑誌、イン ターFMラジオのゲスト出演、DOMMUNE出演等、現場だけに とどまらず幅広く活躍している。

ダーク・コアな唯一のセンスが交感し、構成されたカッティ ング・エッジなMIXスキルを披露している1st MIX-CD “REAWAKE MIX” を2009年6月にリリースし自主制作でありな がらも長期に渡り高セールスを記録した。 2011年12月には、熱いフロアをそのまま凝縮した現場感覚の 2nd MIX-CD “ROCKOUT MIX”をリリース! 止まらない重低音を響かせ聴く者を完全にROCKOUTし、ゴリ ムンベース(GNB)、攻めの女王という名をほしいままにしている。 2012年8月には、DJ MIYU初となるLIVE音源3rd MIX-CD “GNB LIVE MIX!! 2012″ をリリース!熱気と歓声に包まれた現 場のリアル音源をREC!現場で披露しているヴァイナルトリプ ルドロップも収録されている。 そして2013年7月、自身のオリジナルトラックを含めたターン テーブル3台PLAYによる4th MIX-CD”LYRICAL OVER MIX”を 待望のリリース!DJ MIYUの世界観が詰まった最先端のゴリムンベースここにあり! 更に進化し続けるDJ MIYU、今では日本のドラムンベース FEMALE DJのTOPを走る存在である。


No’n

No’n

アート・音楽に囲まれた環境で育ち、2003年より都内でDJ活動を開始。
見た目とはうらはらな骨太なDJプレイ・選曲に定評がある。
HOUSE、DRUM&BASS、2STEP、UK GARAGE、HIPHOP、BREAKBEATS、JAZZCROSSOVER、DUB STEP等、ジャンルにとらわれない幅広い選曲でオーディエンスを魅了している。
DJのみならずイベントオーガナイザーとしての一面も持ち、今もなお活動の幅を広げている。



Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND, RUBY ROOM |