CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『THE STAR FESTIVAL 2017』2017.05.20(土)21(日) at スチールの森京都 ~出演アーティスト第一弾~

『THE STAR FESTIVAL 2017』2017.05.20(土)21(日) at スチールの森京都 ~出演アーティスト第一弾~

THE STAR FESTIVAL 2017の第1弾アーティスト発表!

京都の大自然の中で開催される国際色豊かな野外フェスティバル!2017年もジャンルレスにダンスミュージックを中心とした、渾身のラインナップで開催決定!!

第1弾出演アーティストにNinja Tuneからの待望のニューアルバムが大きく話題のNathan Fake、ブラジルの英雄DRUM&BASS界を超えて大人気のスパースターDJ Marky、そしてグライム/ベース・ミュージック・シーンが誇る若きマエストロSwindle,2017年の大注目株コリアン・フィメール・プロデューサーPeggy Gou!スタフェスならではのジャンルレスにダンスミュージックを中心としたラインナップが決定!


THE STAR FESTIVAL 2017

日程: 2017/05/20(土曜日)~2017/05/21(日曜日)
OPEN 05/20 08:00 ~ START 09:00
CLOSE 05/21 17:00

会場: スチールの森京都
http://forest-hiyoshi.jp/
京都府南丹市日吉町天若上ノ所25番地

【Line up】
Nathan Fake(Ninja Tune / Border Community / Cambria Instruments)
DJ Marky(Innerground Records) from Brazilfrom UK
Swindle(Butterz / Deep Medi Musik / Brownswood) from UK
Peggy Gou (Rekids / Technicolour ) from Berlin


-早割-
[早割] 入場券 : ¥7,000 *02/10~02/28(規定枚数に達し次第売り切れとなります)
[前売] 駐車券 : ¥1,500 *02/01~05/19(規定枚数に達し次第売り切れとなります)

2月の期間、プレイガイドは楽天チケットでのみの販売となります。
楽天チケット http://r-t.jp/tsf

店頭販売 :
CIRCUS OSAKA http://circus-osaka.com/
CIRCUS TOKYO http://circus-tokyo.jp/

チケットぴあ 0570-02-9999 (P-CODE : 782-517 / 駐車券 : 782-518)
ローソンチケット 0570-084-005 (L-CODE : 57242 / 駐車券 : 57260)
CN playguide 0570-08-9999
e+ http://eplus.jp
Resident advisor https://jp.residentadvisor.net/

[前売] ステージ1 *03/01~03/31
入場券 : ¥8,000
グループ割 入場券(4枚組) : ¥30,000

[前売] ステージ2 *04/01~04/30
入場券 : ¥8,500
グループ割 入場券(4枚組) : ¥33,000

[前売] ステージ3 *05/01~05/19
入場券 : ¥9,000
グループ割 入場券(4枚組) : ¥35,000

[当日] *05/20~05/21
入場券 : ¥10,000
駐車券 : ¥1,500
*各種前売券が売り切れた際、当日券の販売はありません。

THE STAR FESTIVAL 2017 オフィシャルサイト
http://www.thestarfestival.com


Nathan Fake(Ninja Tune / Border Community / Cambria Instruments)

Nathan Fake(Ninja Tune / Border Community / Cambria Instruments)

ゆったりとした大地と豊かな自然を持つイングランド南東部、ノーフォークはネクトンにて生まれ育ったNathan Fakeは、テクノブームの先駆けとなった90年代を代表するテクノユニット、オービタルのカセットテープを兄から借り受けたことで、次第にテクノやハウス・ミュージックに興味を持つことになる。その後、アートデザインを専門とする大学へと進学するが、その音楽への興味が高じ制作した”Outhouse”が主宰James Hodenの耳にとまり、瞬く間に同レーベルよりデビュー。その次にリリースした、もはやアンセムとなったシングル”The Sky Was Pink”の世界的大ヒットにより、Nathan Fakeは若くしてシーンでの地位を確固なものとした。
そして、今年2012年、伝説となったファースト・アルバムの牧歌的なエレクトロニカ要素とダンス・フロアを意識したセカンドアルバムの美麗なメロディーラインを基調にしたテクノを融合した最新のアルバム『Steam Days』をドロップした。更に進化し続けながらも、自身のルーツやオリジナリティーをNathan Fakeらしいエレクトリック・サウンドで表現する至極の1枚となっている。

https://www.facebook.com/nthnfk/
https://soundcloud.com/nthnfk


DJ MARKY(Innerground Records) from Brazil

DJ MARKY(Innerground Records) from Brazil

ブラジルの英雄、Innerground Records 主宰、DJ Marky が登場!ブラジル・サンパウロを拠点に活躍する、DJ Marky は20年以上もの間、まさに世界のドラムンベース・シーンを代表する DJ / プロデューサーとしてキャリアを積み重ねてきた。これまで幾度となく世界中でパフォーマンスを行ってきたが、今も世界各国の有名クラブ / 大規模フェスティバルからのオファーが絶えず、そのパフォーマンスは幅広い人々を魅了している。また、彼の楽曲は数多くのレーベルからリリースされたコンピレーション・アルバムに収録され、世界のトップ DJ 達に常にヘビープレイされている。彼のレーベル Innerground Records はドラムンベース・シーンにおいて長年の間、最も影響力のある存在として君臨し、彼自身もこれまでに100以上の作品で成功を収め、リミックス・ワークでも Everything but the girl、Fatboy Slim、Claude Von Stroke、Deadmau5 等を手がけ、DJ Marky は現在もシーンの第一線を走り続けている。2015年には遂に、Innerground Records から DJ Marky のデビューアルバムとなる”My Heroes”をリリース。誰もが待望していたこのアルバムは、Marky自身が多大なリスペクトを抱くアーティスト等とのコラボレーション作品が収録され、この上ないドラムンベース作品でありながら、レイドバックな House グルーヴも取り込んだソウルフルな仕上がりとなっている。”My Heroes”は華やかで温もりのある DJ Marky の人柄をそのまま映した様な作品であり、これからも彼がドラムンベース・シーンを駆け抜けて行く事を物語っている。

https://www.facebook.com/DJMarkyBrasil/
https://soundcloud.com/fabric/dj-marky-marky-friends-mix-aug-2014


SWINDLE(Butterz / Deep Medi Musik / Brownswood, UK)

SWINDLE(Butterz / Deep Medi Musik / Brownswood, UK)

グライム/ダブステップ・シーンの若きマエストロ、スウィンドルは幼少からピアノ等の楽器を習得、レゲエ、ジャズ、ソウルから影響を受ける。16才の頃からスタジオワークに着手し、インストゥルメンタルのMIX CDを制作。07年にグライムMCをフィーチャーした『THE 140 MIXTAPE』はトップ・ラジオDJから支持され、注目を集める。09年には自己のSwindle Productionsからインストアルバム『CURRICULUM VITAE』を発表。その後もPlanet Mu、Rwina、Butterz等からUKG、グライム、ダブステップ、エレクトロニカ等を自在に行き交う個性的なトラックを連発、12年にはMALAのDeep Mediから”Do The Jazz”、”Forest Funk”を発表、ジャジーかつディープ&ファンキーなサウンドで評価を決定づける。そして13年のアルバム『LONG LIVE THE JAZZ』(Deep Medi)は話題を独占し、フュージョン界の巨匠、LONNIE LISTON SMITHとの共演、自身のライヴ・パフォーマンスも大反響を呼ぶ。14年のシングル”Walter’s Call”(Deep Medi/Brownswood)ではジャズ/ファンク/ダブ・ベースの真骨頂を発揮。そして15年9月、過去2年間にツアーした世界各地にインスパイアされた最新アルバム『PEACE,LOVE & MUSIC』(Butterz)を発表、新世代のブラック・ミュージックを提示する。そして2017年2月15日、世界中を飛び回るツアーの中で受けたインスピレーションを反映させた入魂のニ ュー・アルバム「Trilogy In Funk」が完成!

https://swindleuk.bandcamp.com/
https://soundcloud.com/swindleukv
https://www.facebook.com/swindleuk
https://twitter.com/swindle


Peggy Gou (Rekids / Technicolour ) from Berlin

Peggy Gou (Rekids / Technicolour ) from Berlin

韓国で生まれロンドンで数年を過ごした後、現在はベルリンを拠点に活動。
2016年1月にGlacier Lustwerk (White Material / Lustwerk Music) をリミキサーに迎えRadio SlaveのレーベルRekidsからリリースした「The Art of War Part 1」でデビューを果たす。
J Dilla, Patrick Cowley, YMO, DJ Sotofettなど様々なインスピレーションを受け、彼女の作品はフロアをロックする驚異的な能力が発揮され、その完成度の高いサウンドも注目されることとなった。彼女はその後Phonica White (世界的に有名なロンドンのレコードストアのレーベル) からリリースした「Day Before Yesterday / Six-O-Six ’12」に続きL.I.E.S.からのリリースで知られるTerekkeがリミックスを担当した「Art of War Part 2 ‘EP」をRekidsからリリース。この間で彼女のDJ bookingオファーは急増し、ベルリンのBerghainでのギグ、Moodymann, The Black Madonna, Jackmaster, DJ Koze等と共演を果たした。忙しく過ごした夏のツアーの後、PeggyはNinja Tune傘下のHOUSE / TECHNOのレーベルTechnicolourから4枚目のEPを発表した。「Seek For Maktoop」はガーディアン紙, RA, Mixmug, FACT, i-D, Thump, Dummyなどの国際的なメディアからの熱い支持と、BBC Radio 1のヘヴィープレイなどサポートを受けエレクトロニック・ミュージックの最も新しい新星としての地位を確立した。2017年、PeggyはDJ / プロデューサーとして多くのことが待っている。
現在進行中の新しいリリースに加えThe Martinez Brothersを含むリミックス、BBC radio 1での1ヶ月に及ぶレジデンシー、北米ツアー中でのBoiler Roomデビュー。そして初来日を控えるフレッシュな注目株、Peggy Gouの動向に目が離せない。

https://www.facebook.com/peggygoupeggygou/
https://soundcloud.com/peggygou


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |