CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
井出竜二 (Rega) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
井出竜二 (Rega)
新生でもあり再生。バンド結成10周年という節目で、再び新たに息が吹き込まれた最新アルバムをリリースしたRegaが、気持ちも気合も新たに動き出す...


【INTERVIEW】
蜻蛉-TONBO- 1st Album『TOKYO MAD CAVE』リリース・インタビュー(蜻蛉 & Koyas) / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
蜻蛉 & Koyas
東京渋谷を中心に小箱でのパーティーを賑やかし続けるアーティスト、蜻蛉-TONBO- が1stアルバム『TOKYO MAD CAVE』を完成させた...


【INTERVIEW】
ID (The Addictions) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ID (The Addictions)
元ハイロウズのドラマー”大島”とベーシスト”調”の最強リズム隊と、スーパーロックな女性ギタリスト”ゴンガーシホ(MUCH-YO)”、更には...


【INTERVIEW】
Kan Sano インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Kan Sano
キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサーとして多方面で活躍、様々なアーティストとの共演も果たしてきたKan Sanoが約3年ぶりとなるニューアルバム...


【REPORT】
CYCLE MODE international 2016/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYCLE MODE international 2016
人類史上最もオーソドックスで革新的な人力実用車【自転車】低コスト、ローエネルギーといった魅力から世界中に広く普及したその移動手段は、昨今...


【INTERVIEW】
森達希 (Day and Buffalo) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
森達希 (Day and Buffalo)
2007年にロンドンで結成され、現在は都内を中心に活動するDay and Buffaloがニューアルバム『Ghost Walk』をリリース...


【REPORT】
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3 / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
特集:下北沢 RAINBOW SOKO 3
ここは下北沢、南口駅前の道を徒歩1分、すぐに右に抜けるとレッドブラウンの外壁からなる雑居ビルが現れる...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『Umlauf (ウムラウフ)』~循環~ Welcome to the SpindlePlanet 2014.02.02 (sun) at ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)

『Umlauf (ウムラウフ)』~循環~ Welcome to the SpindlePlanet 2014.02.02 (sun) at ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)

『Umlauf (ウムラウフ)』~循環~
Welcome to the SpindlePlanet

■会場
ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)

■日程
2014年2月2日(日)

■時間
開場/開演 16:00 終演 19:00

■料金
前売:3000円/当日:3500円

■出演者
柊アリス
Polar Chalors
神田サオリ
Uoomin/くりたなおこ/Satri
DO SHOCK BOOZE(Totem Traxx)
SARO
上田 創
VJ TONTON

◆スタッフ
制作:総括 HATA
企画 柊アリス
制作補助 Satri 柊アリス
舞台監督 青山貴
運営 麻生 潤
音響 MMU
照明 坂内健太郎

■チケット
・ ぴあ http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1347571&rlsCd=001&lotRlsCd=
Pコード(チケットぴあ):215­920

・ ローソン http://l-tike.com/pc/d1/AA01G04F1.do?txtEvtCd=70615&txtPerfDay=20140202&txtPerfSeq=+&venueCd=35919&srcID=AA02G08
Lコード(ローソンチケット):70615

・ e+(イープラス)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002112560P0050001P006001P0030001


既存のジャンルや従来の概念にとらわれない新機軸の出演者ラインナップで、クリエイティブ・シーンの最前線を紹介する『HARAJUKU PAFORMANCE +』が、6年目を迎えた2012年、現在美術家・宇川直宏の主宰するライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」とコラボレートした2回目の『HARAJUKU PAFORMANCE + dommune2012』で、旋回舞踊の柊アリスが、優勝に匹敵するラフォーレ原宿賞を授賞。

商品であるラフォーレミュージアム原宿で公演できる権利を獲得し、この公演を行うことになりました。公演名の『Umlauf (ウムラウフ)』はドイツ語で循環という意味  〈全ては循環している。よい方向に循環していきますようにと願いながら廻ります〉 という思いから、この公演名を考えました。

大きなスカートを操り廻り続けるエジプトの伝統舞踊タンヌーラを取り入れ、展開しているストーリー性のある柊アリスの世界初の旋回舞踊パフォーマンス。

YAHOO公認フェス番長の異名をとり、フジロック等日本フェスのみならず世界の野外フェスにも進出しているバンドDachamboに在籍のCD HATAと、元i­depのメンバーであり井上薫等ともセッションを重ねるSAX奏者、藤枝伸介によるPolar Chalorsのライブ音楽。

幼少期をバグダッドとドバイで過ごし個展やライブペイントでの国際的な活動や、2013年の日産カレンダー等のコラボレーッションも行い、自らの創作を Life Painting と表現する神田サオリのライブペイント。

空間演出家、ビジュアル・ミュージシャンの肩書きを持ち、2013年の夏には世界最高峰のクラブ、IBIZAにあるMUSIC ONにて1シーズンVJとして活躍してきた、生粋のVJ TONTONによる映像演出。

常に新しい挑戦をしていく各ジャンルで活躍しているアーティスト達が融合した、世界で初めての芸術ショーを開催いたします。

今回のテーマ 「Welcome to the SpindlePlanet」
ある惑星にお客様が不時着したイメージで、音楽、ダンス、ライブペイントが、ひとつのストーリーのように展開し、循環を感じさせていけるような演目にします。

開催スタートを彩るオープニングのDJ、序章を彷彿させる第一部のダンスショーから物語が始まる。

気づくと楽しげな宴が行われている。

それはこの惑星の1日の始まり。

陽が暮れていくように辺りがだんだん暗くなっていく。

第二部、暗闇の中、宇宙にいるかのような浮遊間のあるPolar Chalorsの演奏が始まり、メッセージを受け取ったように神田サオリが踊りながら、羽衣に絵を描いていく。 描かれた羽衣を柊アリスが纏うと円盤の衣裳になる。旋回が始まり、光とVJによって絵が浮かび上がり衣裳が変化しながら廻り続け、見ている人は宇宙遊泳しているかのような錯覚になり、そして円盤は白い天使に変わっていく。

その様子を上空からのカメラワーク撮影し、エフェクティブにスクリーンへと投影させます。 

柊アリスが「駒のように軸を持つ旋回舞踊」として新たに提唱する「SpindleDance 」の命名式という意味合いもあり、循環からより良い世の中になっていくようにと思いを込め、この公演を是非、皆様にも観て頂きたいと思っています。

■本公演 特設WEBサイト
http://totemtraxx.com/umlauf/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |