CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

ABA SHANTI-I JAPAN TOUR 2019 ~東京追加公演決定~ 2019.6.20 (THU) at 代官山 UNICE

ABA SHANTI-I JAPAN TOUR 2019

UKトップ・サウンド 『ABA SHANTI-I』が 7年ぶり待望の来日。

先日発表された、大阪、名古屋、福岡公演に加え代官山 UNICEでの東京追加公演が決定。30年近くUKのトップDJ/SOUND SYSTEMとして活躍し今も尚ルーツレゲエ界の最前線を進み続ける現役のレジェンド『ABA SHANTI-I』の7年ぶり来日公演をお見逃しなく!


ABA SHANTI-I JAPAN TOUR 2019

<東京公演>
Mashu&Tojo Presents
ABA SHANTI I in TOKYO

【日程】
2019.6.20 (THU)
Open:18:00 Start:18:30 Close:23:00

【出演】
ABA SHANTI-I (London UK)
Broad Axe Sound System

【料金】
Ticket: -200枚限定発売 Advance:3,800yen

【会場】
UNICE
TEL: 03-5459-8631
ADDRESS: 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 Za HOUSEビルB1F
https://www.unit-tokyo.com / http://unice.jp


<大阪公演>
ZETTAI-MU ABA SHANTI I in OSAKA

【日程】
2019.6.21 (FRI)

【出演】
ABA SHANTI-I (London UK)
KURANAKA a.k.a 1945 (Zettai-Mu)
最高音響SoundSystem
and more…!!!

【料金】
—-

【会場】
NOON+CAFE
TEL: 06-6373-4919
ADDRESS: 大阪市北区中崎西3-3-8 JR京都線高架下
http://noon-cafe.com


<名古屋公演>
ABA SHANTI I in NAGOYA

【日程】
2018.6.22 (SAT)
Open/ Start: 23:00

【出演】
ABA SHANTI-I (London UK)
KURANAKA a.k.a 1945 (Zettai-Mu)
Jah Iration SoundSystem

【料金】
Advance:3,800yen / Door:4,500yen

ローチケ (Lコード:42492)
店頭購入 ローソン・ミニストップ店内「Loppi」
電話予約 0570-084-004(Lコード必要/24時間自動音声予約)
WEB予約 ローチケHMV http://l-tike.com

【会場】
club JB’S
TEL:052-241-2234
ADDRESS: 愛知県名古屋市中区栄4-3-15 丸美観光ビルB1F
http://www.club-jbs.jp


<福岡公演>
ABA SHANTI I in FUKUOKA

【日程】
2018.6.23 (SUN)

【出演】
ABA SHANTI-I (London UK)
KURANAKA a.k.a 1945 (Zettai-Mu)
RED I SoundSystem
and more…!!!

【料金】
—-

【会場】
STAND-BOP
TEL:092-724-6576
ADDRESS: 福岡県福岡市中央区天神3-6-10 Kビル4F
https://ameblo.jp/stand-bop


ABA SHANTI-I (London UK)

ABA SHANTI-I (London UK)

30年近くUKのトップDJ/SOUND SYSTEMとして活躍してきたアバは、今も尚ルーツレゲエ界の最前線を進み続ける現役のレジェンドだ。

幼少の頃から、父親である AllanのSOUND SYSTEM のそばで育った彼は、当然の様にそのRoots&CultureのSOUND SYSTEMに卒倒していく。 その後『Jah Tubbys』のMCとして、HeavyなDUB PLATEに縦横無尽に絡み付く彼のConsciousなメッセージは多くのクラウドを引きつけて行く。’90年【THE LEICESTER CARNIVAL】で ABA SHANTI-I をスタートさせて以来、DJ Magazine “TOP 100 DJs” で世界ランキング1位に選ばれるなど、今までに数々のBEST DJ、BEST SOUND SYSTEM AWARDに輝く、紛れもなく世界有数のレジェンド!!

ロンドンのBRIXTON RECREATION CENTREからKING’S CROSSの The Scalaに場所を移し 行われているRoots Reggaeシーン最大のダンス、DUBの聖地【UNIVERSITY OF DUB】で毎月レジデンツサウンドを務め、そのダンスには諸外国より常に彼のプレイを求めて大勢のファンが押し寄せる。また 毎年夏にロンドンで行われ(2日間で約200万人が訪れる)世界最大のウェストインディーズのカーニバル【NOTTINGHILL CARNIVAL】のオフィシャルサウンドシステムとして 空気からアスファルトまでも震わすプレイは夏のロンドンの風物詩とまでなっている。ABA SHANTI-I 待望の来日!!



KURANAKA a.k.a 1945 (ZETTAI-MU from Japan)

KURANAKA a.k.a 1945 (ZETTAI-MU from Japan)

11の顔と1000の腕を駆使し日本中のアンダーグラウンドから革命の狼煙を上げ続ける絶滅危惧種の野生の日本人。開放的な上物と相まって叩き打つリズム、体中を行き来する超重量級ベース、フロアを狂喜乱舞させる獣の様なダブ・エフェクト!!20年以上に渡って日本のダンス・クラブシーンの最前線で活動する。Jungle、Drum&Bass、Dub、Dubstep、Trip Hopと呼ばれるSound systemミュージック、そして日本のアンダーグラウンドミュージックシーンのパイオニア。

今年で24年を迎える日本唯一のロングランパーティー「Zettai-Mu」(大阪Bay Side Jenny、名村造船所跡地、梅田Noon、難波Rockets、MotherHall、Quatro、Circus、新宿・恵比寿Liquidroom、新宿LOFT、西麻布Yellow、Eleven、代官山Unit、AIR、渋谷Asia、京都Metro、World kyotoなど)をはじめ、近年盛り上がりを見せるBass music partyの最高峰「Outlook Festival Japan」そして’13年にはAsia初となる Sonar Music Festival の国外サテライト・イベント「A Taste of SONAR」スペインの「International Dub Gathering (Rototom Sunsplash)」ジャパンの主催者でもある彼は、日本初の野外レイブ「Rainbow 2000」をはじめ3度の「FUJI ROCK FESTIVAL」「朝霧JAM」また「METAMORPHOSE」「Saturn」「Earth Dance」「明宝 Reggae Festa」「BASSCAMP」「渚音楽祭」「舞音楽祭」といった屋内外のフェスティバルにヘッドライナーとして出演。また シーンの草分け東京の「Drum&Bass Sessions」や 東京アンダーグラウンド・ヒップホップ最前線「Tight」等のレジテンツを努める他、和太鼓チームとのコラボレーション、DRY&HEAVY/REBEL FAMILIAのベーシスト AKIMOTO”Heavy”TAKESHI、DRY&HEAVYのボーカル AO INOUE、ディジュリドゥ奏者 GOMA、TOKONA-X等をフィーチャリングしたステージや、BOREDOMSのE-DA、アコーディオン奏者 COBA 等とのセッション、また Moshino Katsura、Kads MIIDA、2-yang、Dragon、Doppel、西村記人といったペインターと音の場で融合するといったパフォーマンスの草分けでもある。近年は日本のレゲエ・オリジネーター MUTE BEATのリーダー こだま和文 とのライブセットでの活動や Shing02 とのコンビで 2つの国際芸術祭(2014年 ヨコハマトリエンナーレ、2015年 KYOTO PARASOPHIA)1年に渡り繰り広げられたステージを飛び出し観客と深化させる問題作『日本国憲法』がリリースされるなどジャンルや時代の垣根を越え様々なシーンの最前線で活動する。「海底2万マイル ZETTAI-MU 丸腰でトライするエンタープライズ ゼロ足しても掛けてもゼロ」THA BLUE HERBのBOSS THE MCが歌っている様に、シーンを底の底で牽引する日本のSUB CULTURE界の草分け。

20年以上もの間 年間 100 本近いギグを行い、これまでに日本・アジア・UK・ヨーロッパなど 50回以上のツアー行脚を行っている彼は、イギリス ロンドン、クロアチアの「Outlook Festival」スペインの「International Dub Gathering」などのヨーロッパや、近年は北京、上海、香港、台湾、韓国、フィリピン、ベトナム、タイなどをはじめとするアジア諸国でも活動している。国内においては LEE PERRYの来日ツアーをはじめ、JAH SHAKA、ADRIAN SHERWOOD、ABA SHANTI-I、IRATION STEPPAS、LKJ、DENNIS BOVELL といった Roots Reggae / Dub 界の重鎮達の来日公演から、世界最大のサウンドクラッシュ「Red Bull Culture Clash」においてGrand Winnerに輝いた Rebel Soundの SHY FXをはじめ、CONGO NATTY、RONI SIZE REPRAZENT、ANDY C、DEGO、The BUG、MALA(DMZ)等の Jungle / Drum and Bass / Dubstepのアクト、グラミー賞5冠制覇のDAFTPUNKの初来日公演、Underworld、JAMES BLAKEの初来日公演にも招聘されている。またカリフォルニア のFLYING LOTUS、NY・ブルックリンの COMPANY FLOW、AESOP ROCK、NINJA TUNE といったHipHop / Beats系、国内では「HAPPERS ALL STARS(Audio Active. Dry&Heavy. Tha Blue herb. 1945)」での全国ツアーや、BOREDOMS、THA BLUE HERB、REBEL FAMILIA(GOTH-TRAD+HEAVY)、GOMA、OKI DUB AINU BAND、QUIETSTORM 等とツアーを行っている。

初期のリリースは「MOU」という名義で (w/NHK Koyxen) ドイツの名門 『MILLE PLATEAUX (ミルプラトー)』よりABSTRACT HIPHOPの先駆け『ELECTLIC LADY LAND』等にVADIM、THE BUG 等と並びクレジットされている。またコンピレーション『響現』や CISCO RecordsよりDRY&HEAVYのベーシスト AKIMOTO”HEAVY”TAKESHI をフィーチャリングした楽曲をリリースしている。1945名義では TIGHTシリーズのMIXを煙突レコーディングスよりリリース。リミキサーとしても Audio ActiveのRemixをOn-u soundよりリリース。REBEL FAMILIA、ORIGINAL LOVE等の作品を解体~再構築している。また ロンドン ICA 現代美術館、ヨコハマトリエンナーレ、KYOTO PARASOPHIAなどでのアートショウや、アメリカ ネバダ州 Burning Manでのプロジェクトに楽曲を提供するなど活動は多岐にわたる。そして Jungle~D’N’B 黎明期の片仮名「クラナカ」という名義ももちろん彼であり、世界中で愛用されている KORG「KAOSS PAD」が、彼のプレイからヒントを得て開発された事はあまり知られていない。また80年代の音色を復刻した彼モデルのSiren MachineはMALA(DIGITAL MYSTIKZ )やThe BUG等 世界ランカーが愛用している。

強力なビートに乗るメッセージは、そのしっかり踏みしめた 両足にのみ伝わる。繊細だが力強く感じ取れる「今まで」「今」そして「これから」へ、貴方が必要とする瞬間、、一人ではたどり着けない場所に向かって、、現代の太鼓打ちは今日も何処かで大きくバチを振る。




Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, MOVIE, RECOMMEND |