CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
EY∃(BOREDOMS)個展『”LAG-ED” EY∃ exhibition』2021年1月15日(金)~1月31日(日) at 心斎橋PARCO 10F Event Space / 2月5日(金)~2月15日(月) at 渋谷PARCO B1F GALLERY X
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

『Ableton Meetup Tokyo Vol.22 Year-end Edition』2018年12月16日(日) at 恵比寿 TimeOut Cafe & Diner

[2018/11/23]

『Ableton Meetup Tokyo Vol.22 Year-end Edition』2018年12月16日(日) at 恵比寿 TimeOut Cafe & Diner

2018年最後のAbleton Meetup Tokyoは食品まつりをゲストに招聘して日曜午後に開催。

今年を締めくくるAbleton好きの集いは、11月に行われたAbleton主催のカンファレンス=Loopをレポート。今年は、実際に登壇してライブも披露した食品まつり a.k.a Foodmanが登壇して、海外のカンファレンスに日本人が出演するのはどんな感じなのか、「出る側」からの視点も含めたパネルディスカッションを行います。

プレゼンテーションでは、年末恒例となったYui Onoderaが再登場し、環境デザインとしての音楽について話をします。トピックとして、近年欧米でも注目を集めている80年代の日本のアンビエントミュージック=環境音楽をとりあげます。

また、Ableton Meetup Tokyoのお客さんから認定トレーナーにまで登り詰めた5弦ベーシストのakimが初登壇。バンドマン向けのセッションビューの使い方を紹介します。

引き続き学生は入場無料(要1ドリンクオーダー)。いつもより早めの時間帯になっているので未成年の方でも参加可能です。2018年を締めくくりましょう。


『Ableton Meetup Tokyo Vol.22 Year-end Edition』

【日程】
2018年12月16日(日)
Doors Open : 16:00

【出演】
-Presentations-
「環境デザインとしてのアンビエント」
“Ambient Music as an Enviormental Design”
by Yui Onodera

「バンド脳で扱うセッションビュー」
“Session View for Bandsmen”
by akim (Ableton Certified Trainer)

-Panel Discussion-
「Loop 2018 Report」
by 食品まつり a.k.a. Foodman, Koyas (Ableton Certified Trainer)
Moderator : CD HATA

MC : CD HATA & DIEZONE
DJ : rinnai, Maria Fujioka

【料金】
Fee: 2000yen/学生は無料(入り口で学生証を提示)
FREE for students (requires student ID)

【会場】
TimeOut Cafe & Diner
(東京都渋谷区東3-16-6 リキッドルーム2F)
http://www.timeoutcafe.jp

【Facebook Event Page】
https://www.facebook.com/events/777604999244617/


過去のプレゼンテーション動画も公開中:AMT Vol.20 「School of Dub」 by 山頂瞑想茶屋


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |