CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Aggressive Dogs a.k.a UZI-ONE (2011/07/03)LIVE REPORT

Aggressive Dogs a.k.a UZI-ONE LIVE 『We are All One -乾坤一擲-』
2011/7/3(Sun)shibuya clubasia

Aggressive Dogs a.k.a UZI-ONE LIVE 『We are All One -乾坤一擲-』Aggressive Dogs a.k.a UZI-ONE LIVE 『We are All One -乾坤一擲-』

Profile of |AGGRESSIVE DOGS|

『We are All One -乾坤一擲-』と題しNYHCを代表するライブバンドMurphy’s Lawとの全国10箇所のカップリングツアー。 この日は3箇所目となるSHIBUYA ASIAでの公演。

21:00過ぎに登場したAGGRESSIVE DOGS。
ステージ両脇には甲冑がたたずみ、ドラム、ベースにトリプルギター、そしてアジア人唯一のDMSクルーUZI-ONE(Vo)が姿を現す。

お馴染み、LYCAON大和魂STYLEが響き渡りライブスタート!
アグレッシヴなファストチューンの連発にフロアのボルテージは序盤からヒートアップ。 その中でUZI-ONEは度々オーディエンスと拳と拳を合わせるなど会場の一体感をより強いものにしていた。

ステージ袖には仲間が陣取る、ニューヨークハードコア定番スタイル。
なかでもMurphy’s LawのJIMMY Gがお酒を片手に時おり歌詞を口ずさみながら終止笑顔でライブを本当に楽しんでいたのが印象的でした。

ラストのCHAPTER 3ではMurphy’s Lawのサックス奏者、RAVENが登場!ドッグスとマーフィーズロウとのカップリングツアーではお馴染みの光景となったが、やはりここは最大のハイライトにして最高の盛り上がりを見せますね!
さらに、Agnostic Frontの「Gotta Go」のアレンジを織り交ぜ、『Gotta Gotta Gotta Go!』と会場全体での大合唱を誘う。

心技体を込めたストロングスタイルに感服です。

text by KISHIMOTO
photo by SO

Posted in AGGRESSIVE DOGS, ALL ENTRY, REPORT |