CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


AION [SHOCKWAVE ZONE]ワンマンライヴ(2011.11.13) LIVE REPORT

AION [SHOCKWAVE ZONE]ワンマンライヴ(2011.11.13) LIVE REPORTAION [SHOCKWAVE ZONE]ワンマンライヴ(2011.11.13) LIVE REPORT

Profile of |AION|

AION [SHOCKWAVE ZONE]ワンマンライヴ
2011.11.13 (SUN)
at 吉祥寺CRESCENDO

圧倒的スキルと存在感を放つ日本スラッシュメタル界のパイオニア“AION”
NOV(Vocal)、IZUMI(Guitar)、DEAN(Bass)という不動のメンバーにBAT CAVEやDETROXで活躍するYOUTH-K!!!(Drums)を加えた鉄壁の布陣で約1年ぶりとなるワンマンライブは猛烈な激しさと盛り上がりを見せていました。

その様はアスリートを表現するような例えになってしまうのだがスピード、パワー、テクニックそのどれもが凄まじく大衆とはかけ離れたミュージシャンが放つオーラと緊張感の中に反骨心と愛が溢れていた。

この日は公開リハーサルというスペシャルチケットも販売されていたのでフロアは早々から熱を帯びた形で本編のスタートを迎える事となる。薄暗く赤い照明が照らされる中SEが鳴り響きメンバーがステージに登場するとフロアのボルテージはさらに高まりライブは幕を明ける。

90年代の名曲が中心にずらりと並び、実力者たちの本領発揮といった感じで、NOVは暗黒さと勇壮さを兼ねた卓越した高音ヴォイスで決定的な雰囲気を作り出し、IZUMIは哀愁と叙情と色気を、DEANは淡々と無気味さと職人の良心を感じさせるようなたたずまいを醸し出し、YOUTH-K!!!は爆発的かつ繊細なドラムを披露。

独特な世界観と超高速サウンドが鼓膜を突き破りフロア全域に響き渡る。2度のアンコールを含め全17曲。 まさにデスラッシュバウンドここにあり!

途中のMCでは来年はもっと勢力的に動くかも的な発言もありファンの歓声に沸く場面も見られた。色褪せる事のない貫禄、その歴史には重みがある。多くのミュージシャンが尊敬の念を抱き、流行りすたりとは無縁であろうとも多くのファンがその挙動に視線を注ぐ。
まもなく結成30年を迎えるとの事だが、良い意味で成熟したAIONを来年はもっとたくさん見たいぞ!

セットリスト
01.Caution
02.IRA IRA
03.KILL JOY
04.DUMMY GENERAL
05.GROW MORE SERIOUS
06.(Guitar SOLO)
07.DESTRUCTIVE PREASURE
08.(Drum SOLO)
09.WINDY
10.Save Me
11.JACK
12.MAY LIVING IN MARS
13.CEREMONY OF CROSS OUT

-encore01-
14.RISE AND WAR
15.THINK EVER AFTER

-encore02-
16.愛音~AION~
17.MA-G-MA

report by KISHIMOTO

Posted in AION, ALL ENTRY, REPORT, YOUTH-K!!! |