CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

SHINOZAKI ”nik” HILOSHI

SHINOZAKI nik HILOSHI

1978年 東京生まれ 幼少期、誰もがそうするようにアソビの一つとして絵を好み描き始める。

漫画をはじめ、お寺などによく行き、日本古来の文化である仏像、切り絵、版画などに興味を示しそれらの絵も描くように。学生時代、バスケットボール、スケートボード、映画、音楽ファッションなどのアメリカンユースカルチャーに興味をもち絵もこの頃から、ハワイに当時いた友人とsuboten(www.suboten.com)という名前でスケートボードに絵を描き展示をする。

卒業後、葬儀屋、バーテンなど様々な職を経験し自分というものの在り方、世の中に対する想い、空気感、願望、全ての物事が一つであるという事、終わりと始まり、相反するものをうけいれるという価値観などをキャンパスの中に描く楽園のような世界観に落とし込み、自分を表現し続ける。

関連リンク

SHINOZAKI ”nik” HILOSHI Official Website



“>noimage



A-Files click here≫

A-Files click here≫