CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT –

朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -

朝霧JAM – It’s a beautiful day
2014年10月11日 (土) 12日 (日) 静岡県 富士宮市 朝霧アリーナ

どうやらものすごい台風が接近しているらしい・・・。
週末に開催を控えた朝霧ジャム参加者に緊張感が漂った。『いやいやいや、ちょっと待ってくださいよ~』
じたばたしても始まらないが、せっかくのキャンプ・イン・フェスが雨では困る、しかも台風直撃なら開催も危ういのでは!?この際ちょっとぐらい雨が降るとかはしょうがないけど、キャンプをするのに台風はダメだ・・・。しかし、想えば通ずるとかそんな単純なものではないけど、きまぐれな台風はスピードを弱めてくれました!イベントは無事開催され、結果として、持って行った長靴や雨具は出番なし、一滴の雨も暴風の影響も受けることなく最高の秋のキャンプを謳歌することできました。 

天気は大丈夫そうだ! という事でテントに寝袋に椅子にお酒に食材にと、どかっと荷物を抱えながらもゆっくり買い物してのんびり会場に向かう我々一行に突きつけられた現実は場外駐車場から乗るシャトルバスへの行列でありました。うひぁ~、まあしょうがない、ここで景気づけにTURTLE ISLANDから始まる予定だった僕の朝霧JAMの予定は脆くも打ち砕かれたわけだが、会場に着く前の食料の買い出しやこのシャトルバスを並んでいる間に飲む1杯やその際に前後に並んでいる人達とのふれあいなんかも有意義なもので、イメージしていた予定が崩れることなんてある種の楽しみでしかない。

会場内は右から左までテントが張り巡らされ、RAINBOW STAGEとMOONSHINE STAGEの2つのステージでライブは繰り広げられる。その付近に様々な出店ブースやオフィシャルショップが連なり、そのさらに奥にもテントサイトは続く。この奥の方は火を使いがっつり料理をする事もできるエリアなので労を惜しまずより充実したキャンプを過ごす方たちで溢れかえる。その途中にKIDS LANDなどのアミューズメントもあり、そのさらに奥に進むとCARNIVAL STARという朝霧JAMのもうひとつの姿とも言えるのんびりした広場が広がっている。

2つのステージ間の距離も5分ほどで移動できる距離なので、わりと無理なくゆったり過ごすことができ、ワンちゃんなどのペットも同行することができるので、家族でのんびり過ごすにも最高の環境が存在していた。
ただし、夜は寒い!! 実に寒い!! 普段なら寒さなんてまったくもって辛いだけの状況なのだが、こういったキャンプではその寒さがメラメラと燃える火の暖かさを、富士山から流れてくる澄んだ水を、そして仲間の頼もしさと粋な料理をより一層際立たせてくれるから不思議なものだ。

ライブはもちろん文句なしに最高のアクトがそろっているので音に酔いしれるも良し、旨い料理とお酒で仲間と火を囲み語りふけるもよし、木々に囲まれ青く生い茂った芝生の上でのんびり過ごすも良し、童心に返りボールやフラフープなどのアクティヴな遊びに身を投じるのも良し、出店ブースをくまなく周るだけでも様々な発見があるので良し、富士宮やきそばやソフトクリームをとりあえず食べるのも朝霧に来た気分が高まるので良し、まれに結構早い時間に自分のテントで眠りに入ってしまう人もいるけど、テントの中っていうだけでなんか日常を脱出した感じがするのでそれもまた良し!

自然の中で過ごすと時間と共に起こりうること、環境の変化が顕著にみてとれる。朝の顔、昼の顔、夜の顔、夜中の顔、様々な顔が垣間見れる中、防寒対策を気にしながらもゆったりした時間を穏やかに過ごすことができた。
なにはともあれ今年に関しては晴れて良かった。本当に良かった!

雲が多くて鮮やかな富士山を拝むことができなかったのと、2日目の朝ラジオ体操に参加することができなかったのでこれは来年必ず達成したい。 と言っている時点で来年も参戦する気満々なのである。
実は元々キャンプって苦手だったんだけどな、なんだかんだ楽しめちゃうから完全にはまってきてしまいましたよ!

朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -朝霧JAM – It’s a beautiful day 2014 - REPORT -

LIVE PHOTO

SKINNY LISTER»
G.LOVE & SPECIAL SAUCE»
SOIL&”PIMP”SESSIONS»
ハンバート ハンバート»
JEFF LANG»
SUNS OF DUB ADDIS PABLO (SON OF AUGUSTUS PABLO MELODICA MASTER) RAS JAMMY (ROCKERS INTERNATIONAL SELECTA) feat. JAH BAMI»
QUANTIC»
SLY & ROBBIE and THE TAXI GANG featuring JOHNNY OSBOURNE»
THA BLUE HERB»


Text & Photo by KISHIMOTO


Posted in ALL ENTRY, REPORT, 朝霧JAM |