CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA
2013年7月27日(土) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13

2日目のメインのBjorkも終わり夜遊び取材のBOYZ NOISEで大満足し疲れがピークな頃、実はもう一つ取材申請しているのを忘れていまして、その事にホテルに戻り気が付いたわけです。昨年たどり着く事の出来なかった”PYRAMID GARDEN” というキャンプサイト利用者限定のエリアが実はメインエリアとは真逆にありまして、キャンドルアーティストのCandle JUNEプロデュースによるスペースとしてひっそりと存在するわけです。昨年も取材に失敗しているしなんとしてでも辿り着こうと、疲れた体にムチを打って向かったわけです。

そんなに大きくない空間に、照明という器具の変わりにキャンドルが立てられ、端の方では火を囲みお酒を片手に静かに人々が雑談。たくさんのキャンドルに囲まれたのがステージ。人口100人にも満たないであろうこの村は癒しの空間安息の地としてひっそりと存在していたわけです。

BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

想像を絶する奇跡的で神秘的な光景に僕もカメラマンも幻か、はたまた夢の中の村に辿り着いたかの様に恍惚となり、少しでも行くのを躊躇った自分がなんだか恥ずかしく思いつつ、むしろ頑張って来た自分へのご褒美にも思えて、ただただキャンドルに囲まれたステージを魔法にかかった様に見つめていると今回のお目当て”BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA”の演奏が始まった。

BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

アフリカはマリ出身のアーティスト”BASSEKOU KOUYATE”が率いるのが彼のバンド”NGONI BA”。アフリカ特有の太鼓や民族楽器を用いたリズミカルでファンキーで時に静かでムーディーな演奏をバックに女性シンガーがこれまた神掛かった美しい声で歌い上げる。野生的なリズムと歌から発せられる空気の震えがステージを囲むキャンドルの灯を揺らし、彼らの情熱を帯びた純粋で汚れの無い音に、ある村人はじっとステージを見つめ、ある村人は音に身を任せ踊り、ある村人はお酒を片手に動き回る。小さな太鼓の乱れ打ちに少し涼しかった村の温度は更に上昇し、今まで観た事もない光景と聴いた事も無い音に、ただただ体も心も吸い込まれていくのでした。

BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

失礼な話、正直何一つ期待していなかっただけにこのPYRAMID GARDENでは想像以上の癒しの時間と空間を体験させて頂きました。このタイミングとこのシチュエーションとこの音と全てが完璧過ぎて、そしてこのフジロックフェスティバルの奥の深さに感嘆すると共に、このBASSEKOU KOUYATE & NGONI BAが今回の裏ベストアクトだったと確信しています。ベストアクトというよりはベストモメントと言うべきであろうか。最高の数時間でした。もちろんここで癒され元気になった我々はこの後、朝までフジの夜を堪能。もしかしたらこのPYRAMID GARDENは存在しなかったのかもしれないっていう位なんだかぼやけていて、移動遊園地という物を体験したらきっとこんな感じなんだろうなって思いながら朝を迎えました。冒険の癒しに是非この村を探し出してみてください。また違ったフジロックフェスティバルの一面が見れる事をお約束します。

BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT
BASSEKOU KOUYATE & NGONI BA @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT



text by kenichi kono
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 西田 憲司 |