CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

BimBamBoom × Rei©hi – New Single『絶紅潮』RELEASE

[2021/10/21]

BimBamBoom × Rei©hi - New Single『絶紅潮』RELEASE


嵐を呼ぶ5人娘 BimBamBoom、話題のフィメールラッパーRei©hi とのバトル。女性アーティストコラボ第5弾、10/22(金)シングル「絶紅潮」配信リリース決定!

ライブに定評があり数々のフェスに出演する女性5人組オルタナティブファンクバンド BimBamBoom(ビンバンブーン)が 2021 年、1 年をかけて女性アーティストとのコラボ作品をリリースする企画、早くも第5弾として 10/22(金)に Rei©hi(レイチ)との楽曲「絶紅潮」(ぜっこうちょう)を配信リリースすることが明らかになった。

BimBamBoomが飛び込みのオファーをして実現した今回のコラボは、高校生RAP選手権にて一躍注目を浴び、若い女の子を中心にSNSでの楽曲使用の続く話題沸騰中のフィメールラッパーRei©hi。オルタナティブファンクを基調に活動し続けたBimBamBoomの真骨頂とも言える16Beatファンクチューンに乗せて、まるで言葉のリングに上がったかのようにラップを詰め込んで戦いを挑むRei©hi。両者のバトルが面白い。途中からはいきなりTempoアップされ、ぐいぐいと緊張感を増してゆく、それに覆いかぶさるように高速ラップが入ってくる。言葉と演奏が絶妙に絡み合い、再びTempoチェンジされエンディングに向かってゆく。お互いのスキルがなければできない1曲となっている。リリックは趣味・特技を「格闘技」とし、強い闘志ある姿勢のRei©hiならではの多面性を備えた1人の人間味溢れる内容で、曲調と同じくめまぐるしく展開されてゆく情景描写に引き込まれてゆく。今回も想像を超えた化学反応が見られ、ジャンルの垣根を超えた両者の「全力」を詰め込んだ楽曲だ。

また、今回も今までと同様、ギターの岡愛子がMVの監督、脚本、撮影編集まで1人で仕上げている。こちらも見ごたえあるので是非チェックしてほしい。


BimBamBoom × Rei©hi
『絶紅潮』
2021.10.22 RELEASE

-収録曲-
M1 絶紅潮 (feat.Rei©hi)
M2 絶紅潮 (BimBamBoom ver.)

今年1年をかけて様々なジャンルの垣根を越えた女性アーティストとのコラボは、いよいよ佳境に入った。どんな化学反応を起こしていくのか、これからのBimBamBoomの活動が楽しみだ。

フォーマット:デジタル
各配信サイトにて配信


BimBamBoom × Rei©hi (Photo By Aiko Oka)

BimBamBoom × Rei©hi
(Photo By Aiko Oka)


BimBamBoom feat.Rei©︎hi “絶紅潮” (Official Music Video)


Rei©hi

Rei©hi


若い女の子中心にSNSでの楽曲使用の続く、話題沸騰中のフィメールラッパーRei©hi

大阪出身、趣味・特技は格闘技。2016年にラップを始め、3ヶ月で「BAZOOKA!!!高校生RAP選手権」に出場し、その後2018年にSONIC GROOVEより、ミニアルバム『JKはブランド』でデビュー。2019年12月25日に自身初のデジタルEP『Sweetie』をリリースし、収録曲『Excuse boy』は、ダンス動画が若い女の子を中心にSNSで拡散され話題に。同曲含む全7曲を収録した2ndミニアルバム『TWEMPTY』を翌年2020年8月1日リリースし、サイレン音から始まる強烈なイントロが印象的なリード曲「UCHIRA」を筆頭にハタチを迎えた等身大のRei©hiを表現。「UCHIRA」に続き“攻め”の楽曲「NOKINAMI」を2021年3月10日にデジタルリリースし、Rei©hi自身の強い闘志・思いを表現した、強い女性像をイメージした楽曲に、可愛くてキャッチーな振り付けで踊る動画がTikTok大人気沸騰中。

今年7月21日にかの有名な「仁義なき戦いのテーマ」をサンプリングした、新曲「JINGI」をデジタルリリース。「強い」「可愛い」「やんちゃ」をそれぞれ表現した3つの特徴的なシチュエーションで構成されたMusic Videoも絶賛公開中。

【OFFICIAL HP】
https://avex.jp/reichi/


BimBamBoom

リーダーの山口美代子のもとに、田中歩(key)、Maryne(Ba)、岡愛子(Gt)、矢元美沙樹(T.Sax)と若き精鋭たちが集結。「ファンク・ミーツ・パンク」と称されるユニークなサウンドが特徴。技術と経験に裏打ちされたリズム隊の骨太なグルーブの上に、軽やかなキーボードとアグレッシブなギターが疾走し、テナーサックスがリードする。ジャンルの壁を自由に飛び越え、見るものを引き込み踊らせていく先鋭的なパフォーマンスで注目を集めてきたインストゥルメンタルバンド。

ニューオリンズ、メンフィス、フィラデルフィアなどのR&B、ファンクミュージックのルーツを徹底的に吸収し、ジェームス・チャンス、リップ・リグ・アンド・パニックなどのニューウェイブやコーラス・ワークをブレンドして独自のオルタナティブファンクサウンドを確立。

2016年にはFUJI ROCK FESTIVAL、中津川THE SOLAR BUDOKANを始め各地のフェスに出演。

2017年よりロックの老舗、下北沢SHELTERにて毎月主催イベントを決行。2019年は8月に待望の3rdアルバム「Tokyo Aventure(トーキョー・アバンチュール)」をリリース。2度の中国ツアーを行い、12月、渋谷WWWにてワンマンライブを行う。平日ながら満員となった会場の熱気は凄まじく、その模様は大きな話題となった。今年に入って女性アーティストを迎えてのコラボ企画を立ち上げ、2/22にはxiangyuとのコラボ曲「そぼろ弁当」そして4/22にはUCARY & THE VALENTINEとの「Go To The Future」、6/22にはラッパー椿との「AKKANBEE」、8/22には村里杏との「BEER DE GO」と隔月でリリース。

【OFFICIAL HP】
https://bimbamboom.tokyo


Posted in ALL ENTRY, MOVIE, RECOMMEND |