CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

BimBamBoom × xiangyu – コラボ楽曲『そぼろ弁当』Release

[2021/02/23]

BimBamBoom × xiangyu - コラボ楽曲『そぼろ弁当』Release


嵐を呼ぶ女性 5 人組 BimBamBoom × xiangyu|女性アーティストコラボ企画第1弾「そぼろ弁当」2/22(月)配信リリース!

ドラマー山口美代子率いるオルタナティブファンクバンド BimBamBoom(ビンバンブーン)が以前から親交あるアーティスト xiangyu(シャンユー)との初コラボ作品「そぼろ弁当」が2/22(月)配信リリース。

両者は一昨年、s-kenといとうせいこうで立ち上げたイベント「TOKYO NEW SAURCE」で共演したことをきっかけに親交が深まり、昨年9月に下北沢SHELTERでの自主イベント「Tokyo Special Sauce vol.18」にてツーマンライブを実行。生配信で行われたこのイベントの最後にライブ用として両者で作った新曲「そぼろ弁当」を1曲披露したところ予想以上に多くの反響があったため作品化することになった。

「風呂に入らず寝ちまった」「ピアノダンパー激似しめ鯖」「プーパッポンカリー」など個性的な楽曲タイトルで独自のスタイルを確立し、中毒者を増やし続けているxiangyuが今回作詞とボーカルを担当。毎日そぼろ弁当という一見母親へ苦言を呈しているようなリリックから始まるが、それは普段は言えない母親への感謝へとつながっていく普遍的なテーマを歌い上げている。またサウンドはドラムを中心にベース、ギター、キーボード、サックスと実力を兼ね備えた5人が南アフリカ最新のハウスミュージックGQOMのリズムに乗せてそれぞれ迫力のバンド演奏を聴かせてくれる。両者の個性がぶつかり合い想像を超えた化学反応が起きた魅力的な1曲。

今回のEPは、xiangyuのボーカル入りと、これまでのBimBamBoom楽曲と同じくインストゥルメンタルverも同時リリースされる。MVも公開されておりメンバー自身が監督脚本編集しているので注目してほしい。


BimBamBoom × xiangyu
『そぼろ弁当』
2021.02.22 Release

-収録曲-
M1 そぼろ弁当(feat.xiangyu)
M2 そぼろ弁当(BimBamBoom ver.)

フォーマット:デジタル

【配信リンク】
https://fanlink.to/eKHC


BimBamBoom feat.xiangyu “そぼろ弁当”(Official Music Video)


BimBamBoom × xiangyu

BimBamBoom × xiangyu



BimBamBoom

リーダーの山口美代子のもとに、田中歩(key)、Maryne(Ba)、岡愛子(Gt)、矢元美沙樹(T.Sax)と若き精鋭たちが集結。「ファンク・ミーツ・パンク」と称されるユニークなサウンドが特徴。技術と経験に裏打ちされたリズム隊の骨太なグルーブの上に、軽やかなキーボードとアグレッシブなギターが疾走し、テナーサックスがリードする。ジャンルの壁を自由に飛び越え、見るものを引き込み踊らせていく先鋭的なパフォーマンスで注目を集めてきたインストゥルメンタルバンド。

ニューオリンズ、メンフィス、フィラデルフィアなどのR&B、ファンクミュージックのルーツを徹底的に吸収し、ジェームス・チャンス、リップ・リグ・アンド・パニックなどのニューウェイブやコーラス・ワークをブレンドして独自のオルタナティブファンクサウンドを確立。

2016年にはFUJI ROCK FESTIVAL、中津川THE SOLAR BUDOKANを始め各地のフェスに出演。

2017年よりロックの老舗、下北沢SHELTERにて毎月主催イベントを決行。2019年は8月に待望の3rdアルバム「Tokyo Aventure(トーキョー・アバンチュール)」をリリース。2度の中国ツアーを行い、12月、渋谷WWWにてワンマンライブを行う。平日ながら満員となった会場の熱気は凄まじく、その模様は大きな話題となった。

オフィシャルサイト
https://bimbamboom.tokyo


xiangyu

2018年9月からライブ活動開始。 日本の女性ソロアーティスト。
読み方はシャンユー。 名前は本名が由来となっている。
南アフリカの新世代ハウスミュージック、GQOM(ゴム)のエスニックなビートと等身大のリリックをベースにした楽曲で関東を中心に勢力的にライブ活動を行なっている。
2020年1月には、東アフリカ、タンザニアの高速エレクトロ”シンゲリ“にインスパイアを受けた楽曲「ひじのビリビリ」、そして6月5日には2ndEP『きき』をリリース。

Instagram
https://www.instagram.com/xiangyu_dayo/


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |