CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


BOMB FACTORY “CLOSED TOUR 2011″ワンマン~LIVE REPORT~

BOMB FACTORY "CLOSED TOUR 2011"ワンマン~LIVE REPORT~BOMB FACTORY "CLOSED TOUR 2011"ワンマン~LIVE REPORT~

Profile of |BOMB FACTORY|

BOMB FACTORY “CLOSED TOUR 2011″ワンマン

2011年7月22日(金)
会場:下北沢SHELTER
開場/開演:19:00/19:30

待ってました!3月18日に開催予定だったbomb factoryのアルバム”CLOSED”の振り替えツアーファイナル!完全ワンマン!震災の為振り替えという方法を選択し、7月のこの日に改めて開催。

日本が誇る結成20年を迎えたモンスターバンドのワンマンSHOW。ほとんど止まる事無くこの20年間、日本で海外で突っ走ってきたバンドなだけにライブ力は圧巻。特に彼らはヨーロッパなどの海外でも絶大な人気を誇り、海外でのフェスにも多数出演歴あり、経験値がとにかく豊富なバンド。しかも結成当時からメンバーが変わっていないっ!ってそんなバンドなかなか国内外を探してもいないのでは?

さてさて肝心のライブだが、前半は今回のnew album”CLOSED”からの楽曲をほとんど披露。どちらかと言えばヘビーグルーブな曲や8ビートの曲が多く、8ビートの曲って実は一番表現するのが難しく、ここら辺はさすがは20年以上もタッグを組んでいるリズム隊二人。グイグイとオーディエンスを惹きつけていく。

新しい曲で段々温まって来たか?なんてMCでは言っていたが、オーディエンス側は温まって来たというよりは、噴火寸前のマグマの様に、内側の熱い何かが飛び出して来そうな感覚の中…

きた!”AWAITED TIME”!

オーディエンスも遂に大爆発。立て続けに”SLICK SLIDE”や”PILOT WIRE””EXCITER”などをプレイしフロワーはまさに暴れ回るマグマで溶け出しそう!本編全26曲を完全燃焼!

このbomb facotryというバンドを何度も何度も色々なサイズの箱で見てきたが、キャパシティーが大きな箱でも小さな箱でも変わらず距離感が無いバンドは海外国内含めなかなかいない。常に近くで見てる感覚に陥ってしまうのは、やはり20年という歴史が物語る経験値と、4人のバンドワークによる音力。

今まで少し冗談で彼らの事を”海外のバンドみたい”っていう表現をしていたが訂正したい。海外にもこんなバンドはきっとなかなかいない”日本が誇るモンスターバンド”であるって事をこの日確信した。

30年後も40年後も確実にこのロックシーンに君臨し続けて、常に若い我々の世代を蹴散らして欲しい!とにかく圧巻の一言!

Report by kenichi kono

Posted in ALL ENTRY, BOMB FACTORY, REPORT |