CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


BOOM BOOM SATELLITES@FUJI ROCK FESTIVAL ’12 LIVE REPORT

BOOM BOOM SATELLITES@FUJI ROCK FESTIVAL ’12 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


BOOM BOOM SATELLITES@FUJI ROCK FESTIVAL ’12

BOOM BOOM SATELLITES
2012年7月27日(金) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’12

1997年のヨーロッパデビュー以来世界水準の人気と斬新なビート・センスを誇る日本屈指のクリエイター、ブンブンサテライツ。
ヨーロッパのクラブシーンで培われた彼らの織り成す世界は今や国内外においてのハイカルチャー、ポップカルチャー、カウンターカルチャーなど様々な分野に影響を及ぼしている。

テクノとロックを結ぶエレクトロでエモーショナルなサウンドはソリッド感に長け、伝家の宝刀4つ打ちビートや生演奏が持つ臨場感は広大なフジロックのGREEN STAGEを狂喜乱舞させた。

ギター、ヴォーカル川島道行、ベース、プログラミングの中野雅之にサポートドラムの福田洋子を加えたメンバーで最強のダンスチューンを披露。セットリストは新旧レパートリーをバランス良く配合した代表曲の連発であった。

インストゥメンタルが浮遊感の中で立体化し透き通るボーカルが感情と共に表面に現れ響き渡る。そんな繊細な歌声で魅了したかと思えば、過度にナイーヴな人間には到底不可能であろう大胆なジャムセッションまで、単なるエレクトロなライヴとは一線を画す面白さと興奮が充満していた。
大型のスクリーンとクリアなサウンドは後方で観ている人達を踊り狂わせるのに充分な効果を果たしていたし、BROKEN MIRRORやKICK IT OUTといった一般的にも耳なじみのある楽曲があるのもやはりこういったフェスでは盛り上がりにさらに拍車をかけますね。

場所や空気が変わればまた違った味わいをもたらすライブではあるがこの大自然の中の非日常的な異空間が沁みこむように心地よくエキサイティングであった。

ライヴ終了後、メンバーは翌日に韓国でのフェスに出演するために早々に会場を後にしたとのことだが、
苗場では「昨日のブンブン良かったよ~」といった声がいたる所で聞かれ、彼らが残した興奮は快晴とともにオーディエンスのエネルギーとなっていたように思う。

豊かなイメージと様々なアレンジ、築きあげたリズムパターンを持って今年でデビュー15周年を迎えたブンブンサテライツ、とにかく突き抜けて欲しいと願うと同時に次は何だと期待せずにはいられない。



Report by KISHIMOTO

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |