CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


BOYZBOYZBOYZ (2011.11.26)LIVE REPORT

BOYZBOYZBOYZ(2011.11.26)LIVE REPORTBOYZBOYZBOYZ(2011.11.26)LIVE REPORT

Profile of |BOYZBOYZBOYZ|

BOYZBOYZBOYZ 「TOGETHER FOREVER 2011AW」
11月26日(土)新宿アンチノック

BOYZBOYZBOYZが主催するイベント「TOGETHER FOREVER 2011AW」が開催されましたよ~!!!!!このイベントもはやアンチノックの看板イベントと言っても言い過ぎじゃないでしょう! 様々なジャンルがクロスオーヴァーし満員御礼のフロアは大賑わいでした。ちなみにこの日のメンツはBOYZBOYZBOYZの他にロリータ18号、gamy、キバオブアキバ、SOBUT、アナル玄藩、FASTKILL、HIGH THRASH GIRL、BECAUSE THEY KNOW、SPLIT SECOND SKATER、INSECT BITE 、Wellness in mouth of ditchといった感じでアンダーグラウンド界の猛者たちがラインナップ。DJはサブカル界の重要人物 DJ NEW TYPEとDJ NORIのご両名が絶妙のセレクトで盛り上げまくっておりました!

こんなにもアングラ界の重鎮が名を連ねTHE HARD CORE PUNK的なアンチノックという箱において、なんだかとても爽快感が溢れる空間で居心地が良い。これはBOYZBOYZBOYZのキャラクターとアジャストメント能力のなせる業なのだろう。 
300円のお酒もあるしネ。。。

さてさて、そんなBOYZBOYZBOYZのライブですが、先日ツインヴォーカルの1人が脱退するなど人員の変更はあったもののスラッシュ、パンク、ガレージなどなど巧みにクロスオーヴァーしたサウンドは健在、わいやわいやと盛り上げまくり、アバンチュールな感性とその話術と勢いは秀逸でございます。ステージ、フロア共にライヴの激しさに比例しての笑顔の多さが印象的なのだが、なんというかとにかく雑多感が楽し過ぎるのです。最後の方はギターもベースも楽器をマイクに持ち替え3MCのような状態になりステージはさらに激しさを増すことになる。本当にこういったグチャグチャ感は個人的に大好物です!

新曲も何曲か披露してくれました。これからさらに製作、レコーディングに入り2012年3月にニューアルバムをリリース予定との事なので大いに期待しましょう。

アンコールではSEX PISTOLSの“BODIES”も披露してましたがボーカルのSHINYA氏、それまでマッドハニーのレアなTシャツを着ていたのにアンコールではセディショナリーズに着替えておりました! このちょっとしたこだわり具合見事です(笑)!!!

2011年、色々ありましたが理屈抜きで楽しむ、楽しませる。
大げさに言うとその事の意味と意義を教えてもらった気がする。
簡単に言ってしまうと単純に楽しいのよ彼らのLIVEは!!!


Text & Photo by KISHIMOTO


Posted in ALL ENTRY, BOYZBOYZBOYZ, REPORT |