CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

『ブダペスト—ヨーロッパとハンガリーの美術400年』2019年12月4日(水)~2020年3月16日(月) at 国立新美術館 企画展示室1E(東京都港区)

ブダペスト—ヨーロッパとハンガリーの美術400年


日本・ハンガリー外交関係開設150周年、名品130点が一挙来日、25年ぶりのコレクション展。

2019年は日本・ハンガリー外交関係開設150周年の記念年です。これを記念して、ハンガリー最大の美術館「ブダペスト国立西洋美術館」と「ハンガリー・ナショナル・ギャラリー」が所蔵するコレクションが来日します。

「ブダペスト国立西洋美術館」と「ハンガリー・ナショナル・ギャラリー」の所蔵品展は、日本では1994年を最後に、久しく開催されてきませんでした。この度、日本・ハンガリー外交関係開設150周年の節目に当たるため、じつに25年ぶりに両館のコレクション展が実現することになりました。

「ブダペスト国立西洋美術館」は、ハンガリーを含むヨーロッパ美術を包括的に収蔵する美術館として1906年に開館しました。コレクションの母体となった作品の多くは、エステルハージ家などハンガリーの貴族に由来するものでした。【ブダペスト国立西洋美術館公式HP:https://www.szepmuveszeti.hu/

「ハンガリー・ナショナル・ギャラリー」は、ハンガリー美術専門の機関として1957年に開設され、それまでブダペスト国立西洋美術館が有していたハンガリー美術が同ギャラリーに段階的に移管されました。【ハンガリー・ナショナル・ギャラリー公式HP: https://mng.hu/

しかし、2012年に2館は一つの組織に統合され、収蔵分野の再編が進められています。2019年現在、「ブダペスト国立西洋美術館」は、エジプトやギリシャ・ローマの古代作品と、中世末期から18世紀末までのヨーロッパとハンガリーの美術品を収蔵。「ハンガリー・ナショナル・ギャラリー」は、19世紀以降のハンガリー美術を収蔵するほか、19世紀以降の世界各国の美術も展示しています。

本展には、16世紀ルネサンスから20世紀初頭のアヴァンギャルドの時代まで、約400年の西洋美術の歴史を彩った絵画・彫刻・素描、全130点が来日します。北方ルネサンスの巨匠ルカス・クラーナハ(父)から、ティツィアーノ、エル・グレコ、ティエポロ、クールベ、モネ、ルノワール、そして20世紀初頭のドイツ前衛芸術の異才クルト・シュヴィッタースまで、各時代を代表する作家たちの名品をご覧いただけます。

ハンガリーでは19世紀から20世紀初頭にかけてナショナリズムの機運が強まり、芸術文化活動もきわめて活発に展開されました。本展には、今日ハンガリーで最も愛されている名画≪紫のドレスの婦人≫を描いたシニェイ・メルシェ・パール、パリを拠点に国際的に活躍したムンカーチ・ミハーイ、ナビ派の大家リップル=ローナイ・ヨージェフ、象徴主義の鬼才チョントヴァーリ・コストカ・ティヴァダル、世紀末の巨匠ヴァサリ・ヤーノシュといった、ハンガリー近代美術を代表する画家たちの名作が35点も出品されます。日本ではなかなか目にすることのできないハンガリー近代絵画と出会い、その表現の豊かさ、素晴らしさを発見する、またとない機会となるでしょう。


日本・ハンガリー外交関係開設150周年
ブダペスト国立西洋美術館 & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵
『ブダペスト—ヨーロッパとハンガリーの美術400年』

【会期】
2019年12月4日(水)~2020年3月16日(月)
開館時間:10:00~18:00(毎週金・土曜日は20:00まで。入場は閉館の30分前まで。)
休館日:毎週火曜日(ただし2019年12月24日(火)~2020年1月7日(火)は休館、2月11日(火・祝)は開館、2月12日(水)は休館)

【会場】
国立新美術館 企画展示室1E(東京都港区)

【お問合せ】
03-5777-8600(ハローダイヤル)

【ウェブサイト】
展覧会ホームページ
https://budapest.exhn.jp

「日本・ハンガリー外交関係開設150周年」イベントページ
https://hungaryjapan150.events/

パラノビチ・ノルバート駐日ハンガリー大使公式Twitter
https://twitter.com/HUNBASSADOR


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |