CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


BUSKER STOP (Mamadou Doumbia) ~ Cafe´ de Paris (Big Willie’s Burlesque presents Mambo Loco) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

BUSKER STOP (Mamadou Doumbia) ~ Cafe´ de Paris (Big Willie's Burlesque presents Mambo Loco) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


Mamadou Doumbia
2013年7月28日(日) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13

1997年に第一回目が開催されてから、様々な新たな試みをしつつ常に違った要素を取り入れて前進するこのフェスティバルに、また新ステージの登場です。それがこの”BUSKER STOP”。最も一番奥深いフジの隠れ村に作られたこのステージでは個性派ソロアーティストがパフォーマンスするというわけです。ちょうどCafe´ de Parisの横に位置し村人達がお酒や食料などを談笑しながら集う広場からも見やすく、リラックスムード漂うちょっとした休憩地点。BGMにだってなり得るし、しっかりとステージを堪能する事だって出来るんです。

そこで演奏していたのはマリ出身現在日本在住のアーティスト”Mamadou Doumbia”。ちょっと早めに到着してステージを見ていたのですが、ちょうど一人の黒人さんが私服でリハーサル中。時間になってもまだステージに残っているので不思議に思うと、なんと突然ステージ上で衣装に着替え始めあっという間にMamadou Doumbiaに早変わり。なんともお茶目な一面を見たわけですが、大きなヒョウタンやウリを乾燥させた様な物から太い筒と短い筒が飛び出しそこに弦が張ってあるなんだか特殊な弦楽器を使って低高ある弦の音を巧みに扱い音を奏で、淡々と時が経っていく贅沢な瞬間。ライブ中のMCではこの楽器の事に触れ、実際は羊の皮と釣糸で作られた楽器だそうです。昔は王様の為に演奏されたらしいのですが、今は一般的にも演奏されている様です。

雨がちょうど止んだこの夕方前の心地良い風が吹くこの時間帯にはこの緩やかな弦の音がちょうど程良く、食事をしながらお酒を飲みながら時にはそれがBGMになりながらも素敵な空間を造りだしていました。心休まる瞬間。今後のこの新たなステージにも期待していきたいですね。

Mamadou Doumbia @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13
Mamadou Doumbia @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13
Mamadou Doumbia @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13
Mamadou Doumbia @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13


Big Willie’s Burlesque presents Mambo Loco
2013年7月28日(日) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13

そしてそのままBUSKER STOP横のおなじみお色気ムンムンなテントステージCafe´ de Parisへ。このBig Willie’s Burlesque presentsは個人的に毎年の定番行事になりつつあって、三日間滞在すればやっぱりどこかで女子のお色気ムンムンなパフォーマンスを見たいなって思うのは男の定め。大きな羽を持った色気たっぷりのバーレスクダンサー達が左右に動き回りながら揚揚と踊り、そのバックの音楽がしっかりとしたスウィング・ジャズだったりキューバンミュージックだったりするわけです。

ここのCafe´ de ParisのBarの雰囲気だけでもお酒が進むのに、これだけ華麗で異国的なダンスと精細で抑揚たっぷりのバンドパフォーマンスを見せられたら明るい内だって飲んで踊って騒いでしまいますよ。健康的な昼間の大人の時間という感じでしょうか。キッズなんかも見れる時間帯だし、ちょっとおませさんなんかにはこの大人な時間を是非覗いて欲しいですね。個人的な定番として、また来年もこのWillieおじさんに会いに来たいと思います。来年はどんなダンサーを連れて来てくれますでしょうか。Willieおじさん!また来年会いましょう!

Big Willie's Burlesque presents Mambo Loco @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13
Big Willie's Burlesque presents Mambo Loco @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13
Big Willie's Burlesque presents Mambo Loco @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13
Big Willie's Burlesque presents Mambo Loco @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13


text by kenichi kono
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 西田 憲司 |