CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


CAKE@FUJI ROCK FESTIVAL ’11 LIVE REPORT

CAKE@FUJI ROCK FESTIVAL ’11CAKE@FUJI ROCK FESTIVAL ’11

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|

CAKE
2011年7月31日(日) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’11

カリフォルニア、サクラメント出身の今年結成20周年を迎えたCAKE(ケイク)
洗練さとゆるさに土臭さを兼ね備え、捕らえどころがないようで何1つ見逃せない。セルフプロデュースにより1個1個の音に拘り、主張し過ぎないバランスと調和の中に哀愁と皮肉とユーモアを匂わせる。

それはまるで聖歌のようでもあり、ソウルフルでニュー・ウェイヴ。

フジロック3日目夜。
このオルタナティブな感じが今日の僕の身体には一番しっくりくる音楽でした。
飾らず、楽しくグルーヴを感じながら脳内からはドーパミンが溢れ出ていました!

観客参加型のLIVE。
特にSick of Youでは、左右のオーディエンスに別々のパートを歌わせての合唱。
ここでもちょっとした拘りとバランスを重視し見事なアンサンブルを完成させた。
それぞれのパートはもちろん、誰かの声が欠けることでもこの曲は成立しなくなる。

奇妙な人心掌握術を見ているような、それでいてLIVEは生物なんだと実感。

今年1月にリリースされ、初登場でビルボードアルバムチャート1位を獲得するという冗談のような快挙を成し遂げた最新作『Showroom of Compassion』からの楽曲はもちろん、FRANK SINATRA、WHEELS、OPERA SINGER、GUITAR、SHORT SKIRT/LONG JACKET、SHEEP GO TO HEAVEN、NEVER THERE、THE DISTANCEなんかも披露してくれましたね!

「頑張ってニッポン!」「YOU CAN DO IT!」
さらっと、本当にさらっと言ってくれたこのありきたりな言葉ににジーンときてしまった。

そして曲が進むにつれ今年のフジロックの終焉も近づいてきている感覚がこみ上げてきて感慨に浸かりそうにもなったが、この包容力に溢れマイペースでレトロなサウンドに完全に乗せられてしまいました。

9月から年内は欧米でのツアーの予定がぎっしり入っているCAKEですが、是非早い段階で再び来日公演が実現する事を熱望する。

text by KISHIMOTO

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |