CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
THA BLUE HERB ワンマンライブ『YEAR END LIVE : FUCKIN’ 2020』2020年12月29日(火)at 恵比寿LIQUIDROOM
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
MR.BRAINWASH EXHIBITION『LIFE IS BEAUTIFUL』2020年11月20日(金)~12月6日(日) at SPACE14(心斎橋パルコ 14F)

CHIYORI with LOSTRAINS – 1st ALBUM『Five Waves』Release

[2019/07/27]

CHIYORI with LOSTRAINS - 1st ALBUM『Five Waves』Release


シンガー:CHIYORIが率いるバンド:CHIYORI with LOSTRAINS(チヨリ・ウィズ・ロストレインズ)が結成8年目で発表する渾身の1stアルバム「Five Waves」(ファイブ・ウェイブス)♪

CHIYORIの2ndソロアルバム「WALKING TO THE SUNRISE」に収録され、ライブでも長年愛着を持って歌っている”夕日の鏡”と、STUTSの1stアルバム「Pushin’」にCHIYORIが客演した”Special Day”のバンドバージョンを含む全10曲入りのファーストアルバム。

Tr.2は1年以上前にレコーディングやミックスをほぼ完成させ、温めてきた曲でアルバム制作の軸となったリード曲。Tr.3ではトランペッターの堀京太郎が参加し32小節の長尺のソロパートを見事に彩っている。Tr.6ではドラムを打ち込みにすることでダンサブルさをより引き立たせ、Tr.9のようなアンビエント感も織り交ぜながら、バンドサウンドの表現の広がりを追求した。

CHIYORIの歌声や歌詞も以前より繊細さを増し、素朴な心模様や日常を壮大でスペイシーな世界観に変えてしまう魅力を持つ。結成から8年が経ち、それぞれの人生や感性も少しずつ変化していったが、変わらないものを映す普遍性を込めたアルバムとなった。リーダーのCHIYORIが中心ではあるが、メンバー5人がいて完結する、五波=「Five Waves」というアルバムタイトルにもその想いが込められている。


CHIYORI with LOSTRAINS
『Five Waves』
2019.09.04 Release

01. Five Waves -Intro-
02. Gravitation
03. Ocean
04. 夕日の鏡
05. Day by Day
06. Space Operation
07. Floor
08. Special Day
09. ドリーム坊や
10. Last Station

LABEL : ULTRA-VYBE, INC.
フォーマット : CD/DIGITAL
品番 : VBCD-0104
税抜価格 : ¥2,000
バーコード : 4526180490678


CHIYORI with LOSTRAINS(チヨリ・ウィズ・ロストレインズ)

CHIYORI with LOSTRAINS(チヨリ・ウィズ・ロストレインズ)

これまで2枚のソロアルバムをリリースし、数々のラッパーやプロデューサーの作品に参加してきたシンガーのCHIYORIが2011年に結成したバンド。

現在のメンバーは、ラブアンリミテッドしまだん(ギター)、西岡直樹(ベース)、高橋アフィ(ドラム)、金子アユミ(キーボード)。
70年代から現代のソウルやヒップホップに幅広く影響を受けながらも、哀愁やエモーショナルさを漂わせたドリーミーで開かれた世界観を目指してきた。

2013年、バンドでの初音源集「LOVE&LIGHT EP」を自主制作で発表。
2014年、志人、CHIYORI、LOSTRAINS名義でアルバム「家の庭」を発表。

結成から8年、それぞれの人生や感性も少しずつ変化していったが、変わらないものを映し出す普遍性を込めたファーストフルアルバム。
メンバー5人が奏でるサウンド、五波=「Five Waves」というタイトルにもその想いが込められている。


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |