CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

シネ・ロック・フェスティバル2016 『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』のアンコール上映が決定。8月13日(土)~8月26日(金)at 丸の内ピカデリー

シネ・ロック・フェスティバル2016 『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』のアンコール上映が決定。8月13日(土)~8月26日(金)at 丸の内ピカデリー

まだまだ終われない!! 映画館での夏フェス “シネ・ロック・フェスティバル2016”
連日“大入り”につき8/13(土)~26(金)までアンコール上映決定!

7月23日(土)から8月5日(金)までの2週間に渡って開催されてきた“ライヴ映像”、“ロックな映画”、”ドキュメンタリー映画”など22本の作品が映画館で楽しめる“音楽映画”の夏フェス『シネ・ロック・フェスティバル2016』は連日“大入り”につき、急遽8月13日(土)から26日(金)までのアンコール上映が決定!アンコール上映は全14回(予定)で、作品は“シネ・ロック・フェスティバル2016”にて、世界に先駆け日本で公開されている、2009年7月24日のフジロックフェスティバル初日、グリーン・ステージのヘッドライナーを務めたオアシスのライヴ映像『oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09』。本作は2001年以来8年振りの出演となった、このフジロックフェスティバルの約1カ月後にノエル・ギャラガーはオアシスからの脱退を表明、バンドはその活動にピリオドを打った。オアシスの日本における最後のライヴであり、ノエルとリアムのギャラガー兄弟が揃ってステージに立つ貴重な映像は必見。「ロックンロール・スター」、「ライラ」、「ザ・マスタープラン」、「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」など、この日のセット・リストは名曲の数々が盛り込まれているまさにべスト選曲!! 2009年のフジロックフェスティバル出演からちょうど7年後に当たる2016年、丸の内ピカデリーの巨大スクリーンにoasisが甦る!この絶好のチャンスを逃してはならない!


シネ・ロック・フェスティバル2016 アンコール上映

作品:oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09
公開劇場:丸の内ピカデリー
東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン Tel:03-3201-2881
上映日:8月13日(土)~8月26日(金)1日1回限定上映
料金:入場券2,500円(税込)※全席指定・日時指定
チケット:丸の内ピカデリー劇場窓口及び、公式サイトにて発売予定
詳細は決定次第、丸の内ピカデリー公式サイトにて発表
http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
上映時間:約100分
配給:ローソンHMVエンタテイメント、カルチャヴィル
協力:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル、SMASH


OASIS(オアシス)

ノエル(g,vo) とリアム(vo)のギャラガー兄弟を中心に91年より活動を開始した、英国が誇るロックンロール・バンド=オアシス。全世界で7,000万枚以上のアルバムを売上げ、フル・アルバム全7作が全英チャート1位に輝き、数々の記録を塗り替えてきた“オアシス”は、2009年兄ノエルの脱退により、その黄金の活動にピリオドを打った。2014年、オアシスが世界的な現象となるまでの1993年~1997年を振り返るプロジェクト=チェイシング・ザ・サンが立ちあがり、初期3枚の名盤がリイシューされる事が発表。プロジェクトの一環として4月にロンドンにて開催されたオアシス史上初のエキシビション、『CHASING THE SUN:OASIS 1993-1997』は4万人以上を動員。ファースト・アルバム『オアシス』(94年)、セカンド・アルバム『モーニング・グローリー』(95年)のリイシュー盤は同年発売され、好セールスを記録。10月には、本国開催されたエキシビションが、ラフォーレミュージアム原宿にて『CHASING THE SUN:OASIS 1993-1997#あなたにとってのオアシスとは』と言うタイトルで日本開催、わずか4日間の開催にも関わらず1万人を動員し、デビューから20年以上経った今でもその人気の高さ、ファンとの絆の深さを改めて証明してみせた。

oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, FUJI ROCK FESTIVAL, RECOMMEND |