CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


C.J RAMONE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

C.J RAMONE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


C.J RAMONE
2013年7月26日(金) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13

C.J RAMONE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’1

RAMONESの2代目ベーシストC.J RAMONEが広大なフジロックGREEN STAGEに降臨した。
ギターはジョニー・ウィッカーシャム、ドラムにデイヴィッド・ヒダルゴというSocial Distortionで活躍する2人が務める往年のPUNK好きには歓喜ものの3ピース。

『1・2・3・4』 受け継がれる精神と普遍的なサウンドが響き渡る。
『Hey Ho Let’s Go』 完全にテンションが上がりきる。
【GABBA GABBA HEY】 と書かれたボードを掲げる者多数、上がる拳とうごめくモッシュピットに加速するダイバーの波が次々に押し寄せる。
そして沸き起こる大合唱!そうこれがライブの醍醐味だろ!

C.Jのソロでの楽曲も随所に織り交ぜつつも総じてラモーンズのフェーマスソングのオンパレード。フジロック初日序盤という事で昨夜の豪雨によるモヤモヤやシャトルバスでの移動、リストバンド交換の疲れなども一気にふっとばし快調にしてくれるほどの楽曲の連発でした!

C.J RAMONE、彼の存在というのは伝統、現在、そして未来へのバイパスという重要な役割を担っている。そう思っていた・・・。 もちろん重要な役割を担っているのは間違いないんだけど、それ以上に正真正銘、彼は現役のラモーンズであった。
僕自身、決して過去のラモーンズのライヴを欠かさず観てきたというわけではないんだけど、ジョーイもジョニーもディーディーもいないけど、そんでもっていつまでも例のあの髪型ってわけでもないし、革ジャンも着てなかったけど、
それでもこれがラモーンズなんだと感じずにはいられなかった。
(あっ、そういえばコンバースは履いていましたね!)

C.J RAMONE @ FUJI ROCK FESTIVAL ’1

ジョニー・ウィッカーシャム(G)とデイヴィッド・ヒダルゴ(Dr)もさすがに良い味をかもし出してましたね!

低い位置に構えるギター、パワフルなドラム、誰かに似せるではなく完全にいつもの2人でした。デイヴィッド・ヒダルゴは普通にBLACK KATのTシャツ着ていたしね! くぅ~、ソーシャルディストーションのライブもやっぱりまた日本で観たいぞ~~~!

とにもかくにも楽しかった。本当に楽しかったんだよ! 
それで充分。 早起きしてよかったぁ~!
ライブ後、オレンジコートとフィールドオブヘヴンの方に歩く足取りがメチャクチャ軽かった。音楽の力ってそういう事でもあるんだと改めて実感しました。



text by KISHIMOTO
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 西田 憲司 |