CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


書籍『コンプリート・モータウン』著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ 2016年10月下旬刊行

書籍『コンプリート・モータウン』著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ 2016年10月下旬刊行

20世紀ポピュラー・ミュージック最重要レーベル「モータウン」の成り立ちから絶頂期までを、1000点以上の豊富な写真と詳細な解説、貴重な証言によって描き出した、最強の決定版!

モータウンを支えた最重要スタッフであるバーニー・エイルズと『ビルボード』誌元編集長が贈る“20世紀最高のポップ・レーベルの正史”、 ついに誕生!

1960年代の音楽シーンを象徴するモータウン・レコードの物語を詳細に、 おびただしい数の貴重な写真とともに綴った歴史的な本です。
持ち上げることが無理な重さですが、 そばに置きたい!
──ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

念願かなってポール・ライザー(モータウンのセッション・ミュージシャン集団ファンク・ブラザーズの主要メンバー)とレコーディングしたのは2002年のことです。 この仕事を長く続けられたのは、 目先のギャランティの多寡に一喜一憂せず、 ささやかでも確実にクレジット表記を得てきたからだと述懐してくれました。
音楽産業とは不思議なところで、 ビジネス最優先と思われている人物が実はきわめて音楽的だったり、 あるいはその逆だったりすることがままあります。 ゆえに「好き」を仕事にしてしまった人ほど決断に迷う瞬間に直面するもの。
美麗な写真をふんだんに散りばめたこの豪華な本には、 それとは不似合いなほど実践的なアドバイスがいくつも収められています。 ぼくにとってのパンチラインは「大事なのは正しいものを作ることであり、 いいものを作ること」。 この金言の主は、 もちろんベリー・ゴーディ。 いつまでもベッドサイドに置いておきたい1冊ですね。
──松尾潔(音楽プロデューサー)


コンプリート・モータウン

著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ
序文:アンドリュー・ルーグ・オールダム
体裁:B4変型・上製・400ページ・オールカラー
定価:本体9,000円(税別)
刊行予定:2016.10.24
ISBN:978-4-309-27720-2

・収録アーティスト
スプリームス、マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、ジャクソン5、テンプテーションズ、フォー・トップス、スモーキー・ロビンソン・アンド・ザ・ミラクルズ、ダイアナ・ロス、ライオネル・リッチー、マーサ・アンド・ザ・ヴァンデラス、メリー・ウェルズ、コモドアーズ、タミー・テレル、アイズレー・ブラザーズ、マーヴェレッツ、エディ・ホランド、グラディス・ナイト&ピップス、コントゥアーズ、エドウィン・スター、デヴィッド・ラフィン、レア・アース、etc

【目次】
序文――アンドリュー・ルーグ・オールダム
モータウン/レーベル一覧
前奏曲:今回の火事
01. はじめに
02. 黒人の注文、 お断り
03. 福音を伝導せよ
04. ミート・ザ・スプリームス
05. レディ・ステディ・ゴー!
06. 逃げ場なんてない
07. 頭に泥でも詰めておけ
08. 上海セレブレーション
09. 太陽の国
10. 最後のスター
おわりに:モータウノポリー
写真クレジット/索引/謝辞

100人以上の関係者による証言
1000点以上の貴重な写真

廊下、階段の吹き抜け、壁のそば、トイレでレコーディングしたことさえあったわ
――ダイアナ・ロス

偉大な音楽、 偉大な歌に追いつくのは大変だったが、自分にとっては最高に楽しいことだった。
ベリー・ゴーディは私の人生にとって最高の恵みだった。
――スティーヴィー・ワンダー

マーヴィンはいずれみんなをまとめていくことになるはずだった。
彼には生まれながらにヒットを生む才能があったのだから。
――ベリー・ゴーディ

マイケル・ジャクソンは少年の頃に一人前の男にならなければならなかった。
他のことでは子供だったが、 ことエンターテインメント関係のことになると、彼は一人前の男だった
――スモーキー・ロビンソン

スティーヴィーによる5作ひと組のアルバムは史上最高の傑作だ。
――バラク・オバマ

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309277202/


書籍『コンプリート・モータウン』著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ 2016年10月下旬刊行書籍『コンプリート・モータウン』著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ 2016年10月下旬刊行書籍『コンプリート・モータウン』著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ 2016年10月下旬刊行書籍『コンプリート・モータウン』著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ 2016年10月下旬刊行書籍『コンプリート・モータウン』著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ 2016年10月下旬刊行書籍『コンプリート・モータウン』著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ 2016年10月下旬刊行書籍『コンプリート・モータウン』著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ 2016年10月下旬刊行書籍『コンプリート・モータウン』著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ 2016年10月下旬刊行書籍『コンプリート・モータウン』著者:アダム・ホワイト/バーニー・エイルズ 2016年10月下旬刊行


著者情報

アダム・ホワイト Adam White

元『ビルボード』誌の編集長。 『ローリング・ストーン』誌、 『ミュージック・ウィーク』誌、 『ラジオ&レコーズ』誌、 『タイム』誌、 『NME』などに40年以上ものあいだ記事を寄稿している。 共著に『The Billboard Book of No. 1 R&B Hits』など。 『The Motown Story』(1983年)と『Heaven Must Have Sent You: The Holland/Dozier/Holland Story』(2005年)はグラミー賞候補となった。 2002年から2012年までユニバーサル・ミュージック・グループ・インターナショナルの通信担当副社長を務めた。


バーニー・エイルズ Barney Ales

ベリー・ゴーディにとって欠かすことのできない右腕であり、 モータウン随一の「中の人」。 レコードをかけてもらって集金するのを仕事とし、 副社長兼総支配人に昇進したが、 1972年にゴーディがモータウンをカリフォルニアに移転させたときデトロイトに残留。 復帰後、 1975年から1978年までロサンゼルスで社長を務めた。


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |