CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『CONDUCTOR』2018年7月21日(土)at 渋谷 Contact

『CONDUCTOR』2018年7月21日(土)at 渋谷 Contact


世界各国から新進気鋭のアーティストを招聘し開催するCONDUCTORがスタート

今回が初開催となるCONDUCTORは、世界各国から新進気鋭のアーティストを招聘し、その国やアーティストの個性が生み出す、世界観をContactというクラブを使って表現する。 ”個性的であることの素晴らしさ”、無限の個性に対する寛容と多様性の時代をここContactから発進させるべくスタートする。

今回は、ウクライナ代表Skober、コロンビア代表Julio Victoriaが登場。 力強さとその国独自の感覚を持った両アーティストである。

彼らを迎えるのは、世界中を渡り豊富な音楽パターンを持つDRUNKEN KONG。 新曲「Sneakpeek」をリリースし勢いを増すPUNKADELIX、Contactで開催するテクノパーティAccutronのレジデントとして活躍するDJ Ishijima、才能を開花させながら急成長する若手、Ren Yokoi、演奏家やヴィジュアルアーティストとの即興セッションを行うなど、シーンの垣根を越えた独自の活動をするSakiko Osawa、ストリートスケーターとして活躍しながら独自のプレイスタイルを持つHaruka Katagata、”無機質な空間を創りだす音楽実験”をコンセプトに無機質な世界を再生させるeRee、ハウス、ミニマル、テクノを中心に4つ打ちのグルーヴをキープしながらも、そこに怪しい空気を混ぜ込むスタイルを持つDJ FGRなど今後、日本の未来を担うホープが集う。

ダンスミュージックは、MUSIC (音楽) を聴かせ躍らせる手法から、SOUND (音) で表出させた世界の、変化を楽しませる方向へと移行している。 この日、DJはSOUND (音) を指揮者として操り、それぞれの世界を創り上げる。 無限の個性が広がる、次世代の音楽空間が出現する。


『CONDUCTOR』

【日程】
2018年7月21日(土)
Open 22:00

【出演】
Studio:
Skober
Julio Victoria
Drunken Kong
PUNKADELIX (MAYUDEPTH)
eRee (INDIGO TRIBE | 貞淑)

Contact:
DJ Ishijima (Accutron | S.I.P.S)
Ren Yokoi
Sakiko Osawa
Haruka Katagata (HOLE AND HOLLAND)
DJ FGR
and more

Foyer:
TBA

【料金】
Before 11PM ¥1000
Under 23 ¥2000
GH S members ¥2500
w/F ¥3000
Door ¥3500

《 前売券 》
esident Advisor
https://jp.residentadvisor.net/events/1130896

clubberia
https://clubberia.com/ja/events/279755/

iFlyer
https://iflyer.tv/ja/event/304479/

【会場】
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com
You must be 20 and over with ID.


『CONDUCTOR』2018年7月21日(土)at 渋谷 Contact


Skober

Skober

ウクライナ出身のテクノDJ/プロデューサーSkoberはロックミュージックのバックグランドを持つ。 彼はハウスからディープテクノへと、エレクトリック・ミュージックの世界へ傾倒していくこととなる。

“Drumcode”、“Tronic”、“Terminal M”、“Elevate”、“Phobiq”、“Alleanza”などの著名なレーベルからのリミックスやプロダクションのリリースで、アーティストやリスナーからの信頼を獲得。 Adam Beyer、Alan Fitzpatrick、Joseph Capriati、Slam、Dubfire、Sasha Carassi、Markantonio、Luigi Madonna、Harvey McKay、Mark Reeve、Spektre、Tom Hades等のトップクラスからも高い評価やサポートを受け、注目を浴びるアーティストである。



Julio Victoria

Julio Victoria

コロンビア出身のJulio Victoriaはプロテニス選手として活躍していた異色の過去を持つ。 彼に転機が訪れたのはドイツのレコードショップPlattentascheを訪れたときである。 音楽の深みに触れた彼は、レコードの収集を始め、新たなキャリアをスタートすることとなる。

アンダーグラウンドなハウスやテクノを中心に自身のサウンドを生み出し、クラシックミュージシャン達を取り入れたライブプロジェクトをも展開。 DJ/プロデューサーとしてコロンビアのみならず、瞬く間に世界を舞台に演奏をしていくこととなった。



Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, MOVIE, RECOMMEND |