CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


cro-magnon @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

cro-magnon @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|


cro-magnon
2013年7月26日(金) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13

cro-magnon @ FUJI ROCK FESTIVAL ’13 LIVE REPORT

大竹重寿(Dr&Per)
コスガツヨシ(G&B)
金子 巧(Key)

小さなクラブから大規模の野外フェスまで国内外のあらゆる会場、シチュエーションで奏でてきたcro-magnonだがフジロックへの出演は意外にも今回が初登場となる。

最近ではcro-magnonとしての活動と並行して三宅洋平のファンディングパーティーや選挙フェスでの演奏も話題を集めた中、今回は満を持してFIELD OF HEAVENへ登場した。

ジャジーな雰囲気を醸し出したかと思えばドラムンベースで翻弄し、さらにシンセサイザーが奏でる多彩な音色に昼過ぎの苗場は空の真下のダンスホールに変貌してしまった。

シンプルに淡々と演奏する雰囲気とは裏腹にダブルネックのギターとベースをトリッキーに使い分け、グルーヴを根底で支えるタイトなドラミングにこの日はサポートにパーカッションが加わっていたのでリズムにも効果的な拡張が、そして鍵盤から放たれる摩訶不思議な色気にいったいどこからどの音が出てるのか解らなくなるほどの魅惑なアンサンブルがクリアに響き渡っていた。

そして、ハイライトとしてやはり注目を集めたのはこの日、同ステージの1つ前の時間帯に登場していた盟友 SOIL&”PIMP”SESSIONSより序盤には社長が登場し煽りを加え、中盤からは元晴がサックスで美しい音色を響かせる。さらに終盤にはトランペットのダブゾンビも加わりライブに強力なアクセントと厚みを含ませ、高揚感とともにドラマチックに展開していった。

あくまで自然体にいついかなる時でも、どこで誰とでも融合できてしまうそのスキルと感性。洗練されつつも変幻自在にアレンジが施されるそのサウンドはストリートやローカルシーンにも根を張りつつしっかり世界に届いている。

この日のライブでも老若男女、様々な国籍な人が彼らのサウンドにからだを揺らしていた。
その光景はなんだか清々しく大自然の中に飛び交うシャボン玉も美しく風に身を委ねていた。



text by KISHIMOTO
photo by kenji nishida

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT, 西田 憲司 |