CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


CSS@FUJI ROCK FESTIVAL ’11 LIVE REPORT

CSS@FUJI ROCK FESTIVAL ’11CSS@FUJI ROCK FESTIVAL ’11

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|

CSS
2011年7月29日(金) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’11

夜のWHITE STAGE、リー・ペリーのライブが終わり朝から降り続いた雨はさらなるピークを迎える。 まさに豪雨。

その段階から約50分間がCSSのライブのためのセッティングとなるのだか、熱心なファンは最前列を確保しようと薄暗い中、地面はぬかるみ、もちろん屋根もない中でこの50分を過ごす事となる。 ほとんどの人は雨対策はきちんとしてるけど、この時間の豪雨はちょっと度を越していたね。 
最前列なんかは女性ファンもかなり多かったけど、なんと言うか本当にみんな頑張ったね! フジロッカーの気合を見たひとつの瞬間でした。

LIVEではその雨がむしろ魅せるための演出にすら見える程に霧がかったステージにマッチし夜の苗場を美しく彩っていました。そんな中、演奏の安定感はもちろん、なによりボーカル、ラヴフォックスの存在感は際立ってましたね!

CSSってCansei de Ser Sexy=直訳するとセクシーでいる事に飽きたって意味らしいけど、この日のラヴフォックスは奇抜メイクでそのたたずまいはまるで、コートニーラヴのようにパワフルでレベッカのノッコのように妖艶でマドンナのようにセクシー。 そんな印象(ちょっと褒めすぎかなぁ~!?笑)

キュートなんだけど良い意味でバカにもなれる。
そしてたくさんの愛を持っている。 

何度も何度も『みんな愛してる~』と叫んでいました。
あと、『八海山大好き~』とか『コングラチュレーションサッカーチーム!』
とか本当に今、日本に対して愛を伝えたくてしょうがないといった感じがひしひしと伝わって、多くの笑顔と感動を生んでいました。

アナ・レゼンデはステージに向かってカメラを構えたり、ラヴフォックスは何度もステージを降り、ファンにより近いところへ縦横無尽に駆け回っていたのも痛快でとても印象に残っている。

今回のフジロックでCSSはライブのみならずサイン会なども勢力的に行い本当に多くの人に笑顔を与えていました。

これからも純粋無垢に駆け回り、さらに特異な輝きを放ち続けて欲しい。

Report by KISHIMOTO

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |