CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『DJ DEEON & DJ FUNK presents Dance Mania Japan Tour』 2018.10.27(SAT) at CIRCUS TOKYO/10.28(SUN) at CIRCUS OSAKA

DJ DEEON & DJ FUNK presents Dance Mania Japan Tour


DJ DEEONとDJ FUNKによるDance Mania 東京・大阪で来日ツアー。

シカゴ、ゲットー・ハウスの伝道師、DJ DEEONとゲットーハウスの帝王DJ FUNKによる Dance Mania ジャパンツアー開催決定。


<東京公演>
DJ DEEON & DJ FUNK presents
Dance Mania Halloween Japan Tour ×「delicious beats 4sale!」Release party!
“CIRCUS TOKYO 3rd anniversray special”

【日程】
2018.10.27(SAT)
OPEN 23:00

【出演】
DJ DEEON / DJ FUNK
D.J.FULLTONO
GUNHEAD
AE35
andrew
guchon
D.J.G.O
tidal
KΣITO
吉村元年
Keita kawakami
and more…

【料金】
ADV: ¥2800
DOOR: ¥3500
TICKET (peatix) : https://deeonandfunk.peatix.com/

【会場】
CIRCUS Tokyo
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-26-16
+81-(0)3-6419-7520
http://www.circus-tokyo.jp


<大阪公演>
DJ DEEON & DJ FUNK presents
Dance Mania Japan Tour

【日程】
2018.10.28(SUN)
OPEN 18:00~00:00

【出演】
DJ DEEON / DJ FUNK
and more…

【料金】
ADV: ¥2500+1D
DOOR: ¥3000+1D
TICKET (peatix) : https://deeonandfunkosaka.peatix.com/

【会場】
CIRCUS Osaka
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋 1-8-16 中西ビル 2F
+81-(0)6-6241-3822
http://www.circus-osaka.com/


DJ DEEON & DJ FUNK presents Dance Mania Japan Tour


DJ DEEON

DJ DEEON

Growing up in Chicago’s south side in the late 60’s and 70’s, Deeon experienced an era of profound change in America’s cultural and racial landscape which later became the subject-matter for his extensive musical portfolio. At a time when electronic music was new and starting to define itself, he was a pioneer in developing a sound that corresponded to the time and life of the people around him and the surrounding neighborhoods of Chicago’s downtrodden; those in dire need of profound change and liberation. His personal story and musical work is now indistinguishable from that rich tapestry that is America’s contemporary cultural history.

Deeon started small producing gritty XXX club tracks with call and response chants which Deeon describes as “for the strippers, for the street”. These original masterpieces were created with a 606, 808, and 909 sampler where he made minimal ghetto beat tracks and played them off cassette. This is what provided the spark for Chicago House and Detroit Techno. Soon now-household name DJs and producers would start picking up on this sound, and remixing it and playing it in clubs, radio stations all over the world. It would be defined as “Ghetto House”.

“it’s just fun music. It’s kind of like a getaway from the reality of life to music. Get freaky with a stranger music. Girls kissin’ girls music. Stress relief music” he would say in an interview for 5Magazine in 2013 regarding his sound. “The best thing [about Ghetto House] is there is almost always a packed dance floor! It moves the crowd. Ain’t that what we came here for?”

In 2002, Deeon’s started his on-going battle with his health problems. Diagnosed with Stage 4 Lymphoma, diabetes and a severe accident which resulted in having his left foot amputated, he has overcome adversity using his sound as a beacon of hope in his own life, to not lose the spark and to keep going strong.

With a career of collaborations that reads like the who’s who of the history of dance music, remixes done by and for him that have delighted crowds all over the globe and a portfolio stronger than most of the artists in the industry, he’s now getting ready to launch a new stage in his career with an upcoming European tour and a public speaking campaign to educate and inspire others through his story of struggle with health problems, recovery and overcoming adversity.


DJ FUNK

DJ FUNK

現在、テックハウス〜ディープハウス文脈では、90年代にシカゴのから発表されたレコードが再評価を集め、さらにベースミュージックやエレクトロといった ’00年代以降のムーブメントを通過したダンサーたちからは、JUKE/FOOTWORKの開祖としてもリスペクトされているDJ FUNK。

“FU×K”や“AS×”といった清々しいほど下品なボイスサンプルに、ローランド製リズムマシーンで制作されたリズムは、ベースラインとドラムのみ。そんなトラックは一度聴いたら忘れられず、一度踊ればレコード屋に走るほどのインパクトを誇るDJ FUNKの作品群。デリック・メイやジェフ・ミルズといったデトロイトのDJはもちろん、リカルド・ヴィラロボスや田中フミヤといったハウスグルーヴに忠実なベルリンで活動するDJたちまで、パーティの最終兵器として常にDJたちのレコードバックに潜ませている存在だ。

シカゴのアンダーグラウンドを基盤に80年代から活動を続け、90年代にはから発表した「HOUSE THE GROOVE」や「GHETTO HOUSE」といった12インチEPが世界のダンスフロアで人気を集めたDJ FUNK。00年以降はジャスティス「LET THERE BE LIGHT」(06年)のリミックスを手掛けるなど、フィールドやジャンルを越え、注目を集め続けている。

DJ FUNK SOCIAL MEDIA:
https:/www.facebook.com/thisisdjfunk
http://dancemaniarecords.com/
http://djfunk.net/


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |