CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
EY∃(BOREDOMS)個展『”LAG-ED” EY∃ exhibition』2021年1月15日(金)~1月31日(日) at 心斎橋PARCO 10F Event Space / 2月5日(金)~2月15日(月) at 渋谷PARCO B1F GALLERY X
『目でも陶酔できる ウイスキーボトル展』2020年11月7日(土)~2021年2月28日(日)at 名古屋 横山美術館
『JOKER LIVE IN CONCERT』フィルムコンサート – 2021年2月20日(土) 21日(日)at 東京国際フォーラムホールA
ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテ他にて劇場公開。
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

Da Vinci’s Skull Pass – New SIngle『君達はいつか、ここを世界と呼ぶだろう (feat. Steph Pockets)』Release

[2020/12/31]

Da Vinci's Skull Pass - New SIngle『君達はいつか、ここを世界と呼ぶだろう (feat. Steph Pockets)』Release


Steph Pocketsと、ZIGHT a.k.a. SANZO等を擁するDa Vinci’s Skull Passによる楽曲「君達はいつか、ここを世界と呼ぶだろう」の配信が開始!

HIPHOPバンドのDa Vinci’s Skull Passと“My Crew Deep”の大HITや、Jazzy HipHopコンピレーションシリーズ“In Ya Mellow Tone”への参加でも有名なSteph Pocketsがコラボレーション楽曲を配信リリース。

天才集団Da Vinci’s Skull Passによる今回の楽曲は、Gandharaz Ninja Underfoot、Night Camp Click等の活動で知られるラッパーZIGHTがSynesthesia名義でラップを担当しSteph Pocketsと肩を並べている。 山口百恵、松田聖子から今井美樹、SMAPまで…録音に携わった楽曲は優に1万曲を越えhydeや鬼束ちひろなどのサポートの他、L’Arc~en~CielやPENICILLIN、CRAZEらのプロデュースを行い内閣総理大臣賞の受賞経歴を持つ富樫春生がピアノ、結成40周年を迎えたSentimental Ciry Romanceの他、ソロ活動、鈴木康博、EPO、竹内まりやなどのレコーディングやツアーに参加、など多方面で活躍中の瀬川信二がベースを担当し、体調不良にて不参加となったDJハチミツボーイの代わりにシャア専用Beats名義でトラックメーカーとしても活動するZIGHTがとしてドラムプログラミングを担当した8分を越える大傑作となっている。


Da Vinci’s Skull Pass
『君達はいつか、ここを世界と呼ぶだろう (feat. Steph Pockets)』
2020.12.25 Release

-収録曲-
01. 君達はいつか、ここを世界と呼ぶだろう

フォーマット:デジタル

【配信リンク】
https://lnk.to/YCTPTWS


Da Vinci’s Skull Pass

リーダであり全国有数のクラブで活動するDJハチミツボーイを中心に結成。 Gandharaz Ninja Underfoot、Night Camp Click等の活動で知られるラッパーZIGHT改めSynesthesia、山口百恵、松田聖子から今井美樹、SMAPまで…録音に携わった楽曲は優に1万曲を越えhydeや鬼束ちひろなどのサポートの他、L’Arc~en~CielやPENICILLIN、CRAZEらのプロデュースも行う内閣総理大臣賞受賞ピアニストの富樫春生、結成40周年を迎えたSentimental Ciry Romanceの他、ソロ活動、鈴木康博、EPO、竹内まりやなどのレコーディングやツアーに参加、など多方面で活躍中のベーシスト瀬川信二等を擁するオルタナティブHIPHOPバンド。

https://twitter.com/ZIGHTSANZO
https://twitter.com/shinzibass
https://twitter.com/halohtogashi


Steph Pockets

Steph Pockets


フィラデルフィア出身のラッパー兼プロデューサー。 当時、近所に住んでいたウィル・スミスから大きな影 響を受けて育った彼女は、SXSW、NEMO 、PMC といった様々なフェスティバルに参加し、そのパフォーマンスを披露。 日本でも 絶大なファンベースを築いていった彼女は、サマーソニックを初め、幾度となくジャパンツアーを 敢行。 AI のプロデュースや、西原健 一郎、Swing-o 45、Volta Masters、dj kou、DJ TAMA a.k.a. SPC FINESTらとフューチャリ ングするなど積極的に日本人アーティストと音楽で繫る。 2017年には全25公演のアジアツアー(日本、韓国、台湾)を成功させる。

https://twitter.com/stephpockets
https://www.instagram.com/stephpockets/


Posted in ALL ENTRY, RECOMMEND |