CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


Ayaka Kagami (ayanicoco) exhibition「Decorated Skin」 ~REPORT~

ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」 ~REPORT~

Profile of |Ayaka Kagami (ayanicoco)|


Ayaka Kagami (ayanicoco) exhibition「Decorated Skin」
2014年7月9日(水)~18日(金)
at ブックカフェ槐多

ペインターayanicoco (Ayaka Kagami)による個展が明大前にありますBook Cafe Kaitaで開催されました。日ごろから野外FESやクラブイベント等でキャンパスと向き合い、人間味がありつつも少し非現実的で非日常的なテイストの絵を描き続ける彼女らしい”顔”をテーマにした作品の数々。自分がペイントをしない際も積極的に現場というリアルなフィールドで人々と接している自然体な彼女だからこそ表現できる”顔”の表情達から、それぞれのストーリーが物語られていました。その魅力に惹き込まれながら、会場となったBOOK CAFE内に薫る珈琲豆の匂いと深みのある味が更に個展を落ち着いた空間へと演出。その空間で飲む珈琲は、いつものそれと違って少し特別な味となりました。

人の顔の表情を表現するテーマは、絵を描く者にとって永遠の課題の一つ。作者の内面がその表情となり、また見る側の心境や想いのタイミング次第で様々なエフェクトを生み出します。優しさや怒りや悲しみや苦しみなどを全て背負ったその顔が、次に見た時にどう自分に映るか楽しみになるようなそんな作品達でした。


Text By Kenici Kono

ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」
ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」

Ayaka Kagami (ayanicoco) exhibition「Decorated Skin」 ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」
ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」 Ayaka Kagami (ayanicoco) exhibition「Decorated Skin」

ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」
Ayaka Kagami (ayanicoco) exhibition「Decorated Skin」
ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」
ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」
ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」
ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」
ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」
ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」
ayanicoco (Ayaka Kagami) exhibition「Decorated Skin」


Posted in ALL ENTRY, ayanicoco, REPORT |