CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


『DIALOGUE』2018年1月20日(土)~3月24日(土)at THE CLUB [GINZA SIX 6F 銀座 蔦屋書店内]

『DIALOGUE』2018年1月20日(土)~3月24日(土)at THE CLUB [GINZA SIX 6F 銀座 蔦屋書店内]

ブラジル人アーティスト:アントニオ・ディアス、ミラ・シェンデル、デタニコ・アンド・レインによるグループ展。

本展覧会はブラジル人アーティストのグループ展となります。 コンクリート・アート・ムーブメントが盛んだった1960年代から活躍し、世界的な評価を集めるミラ・シェンデルやアントニオ・ディアス、彼らに影響を受けた新世代のデタニコ・アンド・レインの作品を展示いたします。

ここ数年、世界のアートシーンではブラジル人アーティストの再評価が進んでおり、2017年春のニューヨークMET Breuerにて開催されたリジア・パペの個展は非常に話題を呼びました。 今回THE CLUBにて展示予定のミラ・シェンデルの作品は、テート・モダンやニューヨーク近代美術館(MoMA)のコレクションにも収蔵されています。

近年国際的な注目が高まるミラ・シェンデルやアントニオ・ディアス、デタニコ・アンド・レインの作品を集め本格的に展示する、国内ギャラリーでは初の試みとなります。 言語がもつ可能性に着目し、音声と意味の成り立ちのみでなく、視覚を伴うアートへ昇華させたコンセプチュアル・アーティストたちの対話をどうぞお楽しみください。


『DIALOGUE』

【会期】
2018年1月20日(土)~3月24日(土)
11:00 -19:00

【休廊日】
 2018年2月26日(月)、 27日(火)

【出展作家名】
デタニコ・アンド・レイン
アントニオ・デイアス
ミラ・シェンデル

【会場】
 THE CLUB [GINZA SIX 6F 銀座 蔦屋書店内]

【URL】
https://store.tsite.jp/ginza/event/art/1478-1043090105.html


デタニコ・アンド・レイン

アンジェラ・デタニコ(1974-)とラファエル・レイン(1973-)は共にブラジルに生まれ 、現在はパリを拠点に活動している。 彼らは、言語学者とタイポグラフィックデザイナーでもあり、「書くこと・読むこと・翻訳すること」をテーマに作品を制作。 彼らは、2007年ヴェネツィア・ビエンナーレのブラジル館代表に選ばれ、2013年京都芸術センター、2017年ストックホルム近代美術館等での展示歴をもつ。

「Sunset to sunrise, Sunrise to sunset (Local Time), 2017」
「Sunset to sunrise, Sunrise to sunset (Local Time), 2017」
アーティスト:デタニコ・アンド・レイン
ミネラルプリントインクジェット、 紙
各:80 x 120cm – 二連作 1/2(エディション 2 + 1 AP)Courtesy of Galeria Vermelho


アントニオ・デイアス(1944-)

アントニオ・ ディアスは1944 年ブラジルに生まれ、現在はリオデジャネイロとミラノで活動している。 1960年代初め、製図エ、グラフィック・デザイナーとして働き始め 、美術についての知識は独学で習得した。 政治やジェンダーを主題にした作品を多く制作。 作風はミニマリズムやポップ・アートの影響も受けている。 1965年、パリ・ビエンナーレの絵画部門で受賞。 テート・モダンやフィラデルフィア美術館等での個展開催歴をもつ。

「Cloud, 1974」
「Cloud, 1974」
アーティスト:アントニオ・ ディアス
アクリル絵具、 紙
1/2(エディション 2 + 1 AP)Courtesy of Antonio Dias and Galeria Nara Roesler


ミラ・シェンデル(1919 -1988)

ミラ・シェンデルはチューリヒに生まれ、その後ブラジルで活躍。 戦後ラテン・アメリカ美術における最も重要なアーティストの一人。 ミラノのサクロ・クオーレ・カトリック 大学で哲学を専攻。 彼女の代表作には、ライス・ペーパーを使った作品の他、ヴィトゲンシュタイン哲学への解釈に基づく作品がある。 2012 年にはテート・モダン、2013年にはニューヨークMoMAで個展が開催される。 シェンデルの作品は MoMAをはじめ数々の美術館に所 蔵されている。

「Untitled, from the series Toquinhos (Little things), 1972」
「Untitled, from the series Toquinhos (Little things), 1972」
アーティスト:ミラ・シェンデル
水彩、 インスタントレタリング、 紙


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |