CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE
『黒板アートの世界 中島玲菜の原画展』2021年3月24日(水)~4月6日(火)at 八木橋百貨店4階イベントスペース
BIEN 個展『DUSKDAWNDUST』2021年3月13日 (土) ~ 4月30日 (金) at 馬喰町 PARCEL|2021年3月19日(金) ~ 4月18日(日)at 神宮前 island JAPAN
asuka ando – 7インチ『ゆめで逢いましょう ~see you in my dreams~』(再発)2021.04.28 Release
V.A. – LP重量盤『SNOW MONKEY BEER LIVE!』Release
V.A. – Bar Chit Chat Compilation Album『Go To Chit Chat』Release

DIEGO 個展『INTERNATIONAL GATE』2021年7月17日(土)~8月22日(日)at GALLERY ROOM・A

[2021/07/12]

DIEGO 個展『INTERNATIONAL GATE』2021年7月17日(土)~8月22日(日)at GALLERY ROOM・A

KAIKA東京 / GALLERY ROOM・Aで、DIEGO(ディエゴ)による個展「INTERNATIONAL GATE」 を7月17日より開催。

GALLERY ROOM・Aでは、7月17日よりDIEGOによる個展「INTERNATIONAL GATE」を開催いたします。
DIEGOは1986年生まれ。美術教育は受けずに10代よりストリートアートを開始。近年ではアーティストコレクティブ「SIDE CORE」のメンバーとして展覧会の企画や作品発表を行なっています。世界各国のアーティスト達の壁画制作のディレクションを行うプロジェクトを主催するほか、村上隆キュレーションによる「バブルラップ」展(熊本市現代美術館、2018〜19)に参加するなど、ストリートから美術館まで発表の場を広げている注目のアーティストです。

本展でDIEGOは、誰もが街中で目にするシャッターに着目します。衰退した市街地がシャッター商店街と呼ばれることがあるように、シャッターの開閉には街の変化や経済活動との結びつきが読み取れます。コロナ禍では多くの街の店舗が閉店していたことは記憶に新しいでしょう。それは東京オリンピックへの兆しを前に様々な街が姿を変えてきたことにも重なります。こうして街が変化する中でシャッターはグラフィティの支持体としての顔を持ち、壁画プロジェクト「LEGAL SHUTTER TOKYO」を主催するDIEGOにとっては馴染み深い風景のひとつでした。シャッターは世界中のアーティストが繋がっていくための扉でもあったのです。コロナ禍によって海外への渡航は困難となりましたが、本展では実際に墨田区の街中で雨風に晒されていた古びたシャッターを使用して制作された新作の平面作品を展示します。
路上で見つけた紙屑やガラクタ、ネズミなど、普段何気なく目にするものをモチーフに、ユーモラスな抽象絵画として表現するDIEGOの作品を、ギャラリースペースと宿泊者限定の音声ガイドが聞ける客室展示(Answer Room)合わせてお楽しみください。

※客室(Answer Room)での展示をご覧いただくにはKAIKA東京HPより宿泊予約が必要です。


DIEGO 個展『INTERNATIONAL GATE』

【日程】
2021年7月17日(土)~8月22日(日)
08:00~23:00
休館日:会期中無休

【料金】
観覧料:無料

【会場】
GALLERY ROOM・A
(東京都墨田区本所2-16-5 KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS 1Fストレージ)

【ウェブサイト】
https://bit.ly/2TFcJ10


DIEGO 個展『INTERNATIONAL GATE』2021年7月17日(土)~8月22日(日)at GALLERY ROOM・A

DIEGO / ディエゴ

10代でストリートアートを始めたDIEGOは「東京のストリートを代表するアーティスト」ではないが、「日本のストリートシーンにおいて、最も風変わりなアーティスト」だ。美術教育は勿論のこと、大学・専門教育は受けていないし、東京の荒々しいストリートシーンに揉まれて育った訳ではない。その代わりDIEGOは持ち前のオタク的観点によってgraffitiやストリートアートに精通し、街の中に独自の視点で表現を仕掛け続け、いつからか「ジワジワと知られる」ストリートアーティストとなった。

DIEGOの作品に登場する不恰好で可愛らしいキャラクター達は、彼が街の中を自転車を漕いで探し出したレトロな看板や、古本屋に足蹴に通って昔の印刷物から探し出した「製作者不明のキャラクター」である。また、彼の描く不思議な文字は、ヨーロッパを中心として新しい世代に広がるToy Graffiti(下手グラフィティー)の影響を受け、独自の視点で発展させたスタイルだ。このようなDIEGOのもたらす「脱臼したストリート表現」は、絵画や壁画というビジュアルアートから、また街の中のgraffiti、そしてコンセプチュアルアートまで、少しずつ活動の幅を広げている。近年ではSIDE COREの一員として展覧会の企画や作品発表に勤め、また自身が主催する壁画プログラムにおいても世界各国のアーティスト達の壁画制作のディレクションをおこなっている。近年の主な個展に「IMPORTANT GARBAGE」(2018, Hidari Zingaro)、グループ展に「バブルラップ」(2018,熊本市現代美術館)、「まちへ出よう展 〜それは水の波紋から始まった〜」(ワタリウム美術館,2021)など。


©︎DIEGO / TENNOZ ART FESTIVAL 2019 Photo by Shin Hamada

©︎DIEGO / TENNOZ ART FESTIVAL 2019 Photo by Shin Hamada

©︎DIEGO / 個展「I'm looking at you.」 OIL by 美術手帖 展示風景より

©︎DIEGO / 個展「I’m looking at you.」 OIL by 美術手帖 展示風景より

©︎DIEGO / 個展「I'm looking at you.」 OIL by 美術手帖 展示風景より

©︎DIEGO / 個展「I’m looking at you.」 OIL by 美術手帖 展示風景より


GALLERY ROOM・A

GALLERY ROOM・A

年齢やジャンルにとらわれず、国内外で活躍する様々なアーティストを紹介し、Artistの個展(ROOM)を発表していくコマーシャルギャラリーです。

インディペンデントキュレーターの青木彬さんとアートプラットフォーム「ArtSticker」との共同運営で、定期的に企画展を展開していきます。ギャラリーでの個展や作品販売だけではなく、ホテル客室での展示企画や、地域性を活かしたワークショップや宿泊プログラム、トークイベントなどを通じて、“アート”を多様な解釈の中で経験するための場所としていきます。


Posted in ALL ENTRY, EVENT, EVENT INFO, RECOMMEND |