CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


DIGITALISM@FUJI ROCK FESTIVAL ’11 LIVE REPORT

DIGITALISM@FUJI ROCK FESTIVAL ’11DIGITALISM@FUJI ROCK FESTIVAL ’11

Profile of |FUJI ROCK FESTIVAL|

DIGITALISM
2011年7月30日(土) @ FUJI ROCK FESTIVAL ’11

ダンス・ロック・ムーヴメントの筆頭であり世界中のクラブシーンからその一挙手一投足に注目が集まるデジタリズム。

RED MARQUEEはテントの中に人が入りきらず溢れかえっていましたね。
彼らの人気が一過性のものではないという事はすでに実証済みだと思う中で、時間帯や雰囲気的にもこの日、この時間のRED MARQUEEがベターではあるけど、もうね~、レッドマーキーじゃ正直小さいね。こんなにギュウギュウで、踊れるのって?って感じ(笑)

それでもみんな踊る踊る。広く見渡すとテントの外までみんな踊っているじゃないですか! 最前列とかは本当に驚異的な盛り上がりでしたね! 打ち込みのライブとは思えないくらいの勢いあるダイバーも多数、体をぶつけながらも飛ぶは踊るわ。

懐かしさと新しさが調和した洗練されたサウンド、
初っ端にidealistic、暖まったところでzdarlight、ラストにpogoという具合に馴染みの楽曲を要所に配置し6月にリリースされた新作『I Love You Dude』からの楽曲を間にバランス良くPlayするあたりもツボを得た非常に盛り上がりやすいセットリストだったと思う。

心持ちは皆それぞれだろうけど、フジロック特有のいくつかの影響源とメンタリティーも相乗効果をもたらしていたのかな~!?
雨上り、夜、開放感、高揚感、疲れ、期待、酔い、満員、話題、噂、連鎖・・・。
もちろん彼らの不動の人気があるが故だが、この時のレッドマーキーは
四方八方どこを見渡してもハイテンションで解き放たれた感じがありましたね。

前日にはGANBANステージでDJやサイン会なども行い、その他、取材などにも数多く応じていたDIGITALISM。10月にはJAPAN TOURも決定しているので、その高いオーソリティと人気はさらに絶大なものとなりそうです。

-セットリスト-
idealistic
forrest gump
i want i want
zdarlight
stratosphere
2 hearts
circles
miami showdo
antibiotics
reeperbahn
blitz
encore
pogo

Report by KISHIMOTO

Posted in ALL ENTRY, FUJI ROCK FESTIVAL, REPORT |