CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
THE CHERRY COKE$ (KATSUO、LF)
結成18年という長い年月の中、数々のメンバーチェンジを繰り返しながらも着実に夢を掴みに行く姿勢を見せ続けるTHE CHERRY COKE$が遂にカリブ海への航海へ出た...


【INTERVIEW】
DÉ DÉ MOUSE インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
DÉ DÉ MOUSE
6枚目のフルアルバム『dream you up』をリリースしたDÉ DÉ MOUSE。時代を先取り続けてきたその先にたどり着いた深化...


【INTERVIEW】
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LESS THAN JAKE(Roger、Buddy)× KEMURI(伊藤ふみお)
これまで幾度となく共演を重ねてきた日米を代表するスカパンクバンド、LESS THAN JAKEとKEMURI...


【INTERVIEW】
Sakiko Osawa「Chronic」リリースインタビュー ~道玄坂の繋がりと流れから~ / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Sakiko Osawa
CD HATAを中心にレーベルオーナーであるヴィーナス・カワムラユキ、そしてvoice参加している芸術家アイドルユニット ナマコプリの二人と共に...


【INTERVIEW】
Ziv Lahat (Painter, Illustrator etc) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Ziv Lahat
イスラエル出身/在住。スケートやサーフシーンからホットロッドなどのバイクシーン、更には独自に日本文化を学び、オリジナルな色彩センスとアートスタイルを絵に落とし込む...


【INTERVIEW】
FLYOVER – AKIRA & O.R. インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
FLYOVER – AKIRA & O.R.
FLYOVER AKIRA、常に描き続け、進み続ける視線が見据えるものは…。そして、一昨年ベルリンに渡ったO.R.が遂に1st EPを完成させた...


【INTERVIEW】
亮弦-Ryogen- インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
亮弦-Ryogen-
ギター1本。彼が鳴らす音はその場の空間を埋め尽くす。例えそこが小さなライブハウスだろうと、野外のパノラマ大自然の中であろうと...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


DJ BAKU – 3rd Album 『JapOneEra』 RELEASE

DJ BAKU - 3rd Album 『JapOneEra』 RELEASE

Profile of |DJ BAKU|


今までで一番ポップでファンキーでソウルフルな、生音+ダンスミュージックに真っ向から挑戦した、DJ BAKUが躍動する傑作。

2003年『kaikoo/邂逅』の制作を始めてから10年、様々な出会いと経験を経て出来上がった集大成。

5年ぶりのサードソロアルバム完成。

DJ BAKU が2008年の『DHARMA DANCE』以来、5年ぶりとなるサード・ソロ・アルバムを遂に完成させる。その名も『JapOneEra』。このタイトルには二つの意味が込められている。ひとつは、“JAP” と“ONE” と“ERA”という三つの単語を組み合わせた造語で、「日本がひとつになった時代」を表している。もうひとつ、ポルトガル語で「ジャポネイラ」とは日本原産の「椿」を意味する。このダブル・ミーニングには、日本の混迷の時代を逞しく、美しく生きようとするDJ BAKU なりの願いがある。

ダンス・ミュージック/クラブ・ミュージック・シーンにおいて、日本のみならず世界的に、この5年は激動の時代だった。特にテクノロジーの進化によって、現場レヴェルでもさまざまな変化が起きている。多くのDJ が音源をデータ化しPC を導入したプレイへ移行した。4年前までほぼアナログでプレイしていたDJ BAKU も現在はPC を取り入れている。日本や海外を飛び回りダンスフロアを熱狂させるクラブDJ であると同時に、 ターンテーブリストであり、ヒップホップ・プロデューサーであるDJ BAKU にとって、デジタルとアナロ
グの融合は挑戦すべきテーマとなった。

10年以上、さまざまな音楽的チャンレンジを試みてきたDJ BAKU が満を持して発表する本作『JapOneEra』のテーマは原点回帰だ。4000 枚のアナログから厳選した膨大な量のサンプリング・ソースを激しくコラージュしたファースト・ソロ・アルバム『SPINHEDDZ』(2006年)は、10年越しの、DJ シャドウ『Endtroducing』(1996年)への日本からの回答だった。その後、国内の一流のラッパー12人と制作したコンピレーション『THE 12 JAPS』の制作や、ロックへの独自のアプローチを試みたDJ BAKU HYBRID DHARMA BAND の活動、その他多くの異種格闘技戦を経て、現在に至っている。

この5年でダブステップは世界中のダンスフロアを席巻し、多くのサブジャンルを生み出した。DJ BAKU は、ダブステップをはじめ、ブローステップやドラムステップ、UK ファンキーといったサブジャンルにも貪欲にアプローチしてきた。ダンスフロアの温度とともに上昇するブレイクビーツ、ベース・ミュージックもDJ BAKU のプレイの重要な要素であり続けた。

『JapOneEra』にはここ数年のDJ BAKU のダンスフロアでの経験が大きく影響している。ブローステップの爆発力やダブステップのビートとベースが本作の一つの要となっているが、制作にあたり、DJ BAKU が長年蒐集してきたレコード、CD、データからサンプリング・ソースを厳選し直しているのは、ヒップホップを出自とするDJ のプライドだろう。ゲスト陣も面白い。類稀なる音楽センスの持ち主であり、ソウルフルな旋律を奏でる才能を持つマルチ・プレイヤー、mabanua の存在が本作に親しみやすいポップスの要素を与えている。
mabanua と制作した表題曲「JapOneEra」でDJ BAKU ははじめて“ラヴ・ソング”を作っている。その一方でファンキーなロックンロール・バンド、N’夙川BOYS が若さ漲るパワーを注入している。ポスト・ロック・バンド、マイスパレードのメンバーでもあるシンガー・ソングライターのCaroline やラッパーのシンゴ02の参加も見逃せない。

『JapOneEra』はひとまず、90年代後半のケミカル・ブラザーズの再解釈を00年代後半以降の世界的なダンス・カルチャーの熱狂のなかで試みたようなダンス・ミュージックであると言える。あるいは、アメリカのブローステップに代表されるレイヴ・カルチャーへの日本からの回答と言えるかもしれない。そしてここで重要なのは、テクノロジーの進化による制作環境の変化の中で模索を続けながら、ヒップホップDJ/ターンテーブリストとしてキャリアをスタートさせたDJ BAKU がその原点にいまいちど向き合った上で制作した、2013年のダンス・ミュージックであるということだ。


DJ BAKU - 3rd Album 『JapOneEra』 RELEASE

DJ BAKU
『JapOneEra』
2013.06.26 RELEASE

01・FROM FAR EAST
02・BUDDHA BOY feat.Caroline
03・P.G.G.
04・SKANKRUSH feat.N’夙川BOYS
05・SKIT ∴ 4 SHOUT OUTS
06・MIXTURE feat. shing02
07・CRIMSON WALK
08・STILL STREET
09・SKIT ∴ 5 MASHIRO
10・JAPONEIRA feat. mabanua (Ovall)
11・ MANGALA SAMBA
12・ GALAZERA

POPGROUP Recordings / ULTRA VYBE ¥2,800(Tax in)


Posted in ALL ENTRY, DJ BAKU, RECOMMEND |