CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

【INTERVIEW】
L…Deep Open Air インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
L…Deep Open Air
西丹沢 大滝キャンプ場を舞台に5年目の開催を迎える神奈川・湘南発、野外パーティー...


【INTERVIEW】
Mr Wim インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
Mr Wim
どこかネジがぶっ飛んでいて、それでいてどこか可愛らしさも感じられ。でもやっぱりちょっと変態...


【INTERVIEW】
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc) Interview / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
CYLON(GRASSHOPPER RECORDS) x DJ Comer(3rd EYE Japan,etc)
南アフリカのカウントダウンフェスティバル「Rezonance Festival」やハンガリーで開催されている世界最高峰トランスフェス「OZORA Festival」に出演...


【INTERVIEW】
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay) インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
YUKI (VITAMIN-Q Byron Bay)
同じ瞬間は二度とないという意味での一過性、不定期でありながら永続的に先を見据える成長曲線。90年代後期、都内をはじめ、各地で数々のパーティーを繰り広げてきた...


【INTERVIEWT】
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT) インタビュー/ A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
西田 優太 (海旅Camp、RAINBOW CHILD 2020) × 佐野 碧 (HIKARI SONG GIFT)
災害支援とアクティブマインドという共通項。起こった悲劇を受け止めながらも楽しむ姿勢と、もたらす出会いをパワーに変え先導する牽引者...


【INTERVIEW】
LafLife インタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
LafLife
DAN、OOgによる2MCラップクルー「LafLife」が、『Sons of the Sun & nomad 7 Inch Remixes』を...


【INTERVIEW】
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB] 『20YEARS, PASSION & RAIN』(LIVE DVD) リリースインタビュー / A-FILES オルタナティヴ ストリートカルチャー ウェブマガジン
ILL-BOSSTINO [THA BLUE HERB]
特別な日、長い年月の中でそう言える日はどれだけあるだろうか? 2017年10月29日、日比谷野音で行われたTHA BLUE HERB 結成20周年ワンマンライブ...

A-FILES オルタナティブ ストリートカルチャー ウェブマガジン


BOYZBOYZBOYZ 2nd Album『ELECTRIC EVIL MAKE BOMB』

BOYZBOYZBOYZ 2nd Album『ELECTRIC EVIL MAKE BOMB』

前作『THRASH RETRO』で見せたSKATE THRASHやMETAL的なアプローチは踏襲しつつ、今作『ELECTRIC EVIL MAKE BOMB』は60’GARAGE PUNKやPsychedelic “MOD” Groove系、そしてPUNKにおもいきり針を振った、ある意味完全なるAlternative Rockに仕上がっている。また、ここからは本人達はまったく意識していないであろうが、MudhoneyやPixies、Dinosaur Jr.といったGrungeなバンドをも彷彿させる「悪さ」な要素が楽曲に見事なまでに存在している。

前作から1年半という短いスパンで制作された今作ではあるが、ホントにあれから1年半しか経っていないのか!?と首を傾げてしまうほど、BOYZBOYZBOYZのサウンドは急成長し、ダイナミックに変貌を遂げている。それは、今作を構築する楽曲が見事なまでに証明しているといっても過言ではない。「これが本当のBOYZBOYZBOYZの始まりなのだ」ーーそう言わんばかりのデターミネーションがひとつひとつの楽曲から気持ちいいくらいに伝わってくる今作『ELECTRIC EVIL MAKE BOMB』。

「前作のスケールを超えた」という言葉では収まらない…、
「前作を超えた」は普通過ぎる。あえて言うなら、「前作は忘れていい、これが彼らの真の姿である」がピッタリとはまる言葉である。

BOYZBOYZBOYZ 『ELECTRIC EVIL MAKE BOMB』

Profile of |BOYZBOYZBOYZ|

『ELECTRIC EVIL MAKE BOMB』
発売日:2012年4月4日
価格:¥1,575(税抜価格¥1,500)

収録曲
1.ELECTRIC EVIL
2.MONSTER PUSSY RULEZ
3.BEAST
4.SPEEDING MOTORCYCLE
5.100%WORST
6.COME COME HAWAII
7.LIFE’S A BEACH
8.ALMOST GROWN
9.YEAH!
10.DO JUST WHAT I WANT
11.GOOSE
12.THRASH METAL GIRL
13.HOWDY


Posted in ALL ENTRY, BOYZBOYZBOYZ, RECOMMEND |