CULTURE.ART.MUSIC.LOCAL.EGO = SCENE

Empathy supported by eskuche (2011.8.27) REPORT

KITSUNE CLUB NIGHT(2011.8.27) REPORTKITSUNE CLUB NIGHT(2011.8.27) REPORT

Empathy supported by eskuche
2011.8.27 at 新木場ageHa 【BOXエリア】

■LIVE
FUSHIMING × OPSB
■LINE UP
HARUKA (FUTURE TERROR)
YAZI (BLACK SMOKER)
YO.AN (YOKOYOKO)
MAMAZU (Hole and Holland)
YUYA NARA&SACHIKO
■LIVE PAINTING
Aruto Watanabe
■VJ
DE-SHEEVO

————————————————————————-——————-

渋谷からも無料シャトルバスで約30分。脱東京的な非現実をちょっとしたショートトリップ気分で味わえる最高の遊び場、新木場ageHaへ。。。
行って参りましたKITSUNE CLUB NIGHT!

今回はKITSUNE CLUB NIGHTという事でARENAエリアでは80KIDZやHOUSESE DE RACKETのライブ、KITSUNEレーベルオーナーGILDAS、HOT CHIPSからALEXIS TAYLORのDJパフォーマンスなどが行われてる中、当サイトは外にある”BOX”と呼ばれるテント内のフロアーで開催されたヘッドフォンブランド”eskuche”サポートによる”Empathy”に注目し取材してきました!

夏休み最後の週末という事もあって、会場内はたくさんの人で賑わっていた中、この”BOX”内の空気感は完全別世界。VJによる独特な映像世界観ももちろんその要因の一つだし、エレクトロな四つ打ちDJによる音もしかり!でも何が外と違うかというとこの”BOX”内にいる人達の個性的なVIBESが圧倒的だった!

まずこの”BOX”に辿り着く経緯を考えてみよう。エントランスを入り入り口のバーエリアを抜け、メインフロアー右手に見て進み突き当り、左右に別れる。右に行くと大人気のプールエリア。左に行くと野外エリア。外の空気を吸いに左へ行くと右手にバーや海。左手にフードエリア。そもそも外に出る人は、中の音からのエスケープや友達との雑談、フードエリアでの食事など小休憩目的な人が多い。そんな中、このやや隔離された”BOX”内を訪れる人は、もちろんそこのDJ目当てで訪れた人達も含め、一旦休もうかなと思いつつ中からご機嫌な音楽が流れていたら思うがままに”BOX”内へ迷い混んだ人達。

そんな音楽好きが集まっていたような印象の中、HARUKA (FUTURE TERROR)やYAZI (BLACK SMOKER)、YO.AN (YOKOYOKO)、MAMAZU (Hole and Holland)、さらにはYUYA NARA&SACHIKOといった個性的なDJ陣の選曲で体を揺らし、物凄いディープでエネルギッシュなバンド”FUSHIMING × OPSB”のパフォーマンスで踊り跳ねる。彼らはミキサーとPCを操るFUSHIMINGを中心にギターとフルート、更にはジャンべなどの太鼓が加わったエレクトロでもあり土臭さもあり、幅広いジャンルの音楽好きをノックアウトし、メインステージのアーティストとはまた違った濃さとVIBESを解き放っていた。

たくさんのフロアーがあるこういうイベントは各々が直感で体が反応するフロアーを選んで遊ぶ。そしてまた別フロアーへ移動し遊ぶ。今回のEmpathy by eskucheのような少し異色を放つフロアーはパーティー自体をギュッと締めてくれる物凄く貴重な遊び場。それぞれが心地よい居場所や遊び場を求める中、今回僕はあの”BOX”回りを基地に動き遊んだ。次回はというと。。。分からない。毎回遊び方を180度全く変える事が出来るこのageHa。それは毎回必ず、心地良い居場所を見つける事が出来るからだ。

text by kenichi kono

photo by KISHIMOTO

Posted in eskuche, EVENT, REPORT |